【イランゲート事件】(いらんげーとじけん)

イランゲート事件の他にイランコントラゲート事件とも言う。
イランイラク戦争?中にアメリカが裏でイラン軍に兵器を売却し、その代金をコントラ(ニカラグアの反政府勢力)の支援にあてた事件。 1986年11月に発覚、当時のアメリカ大統領であるレーガン大統領の関与が問題になった。 ちなみにアメリカが売却した兵器は、ホーク地対空ミサイル?TOW対戦車ミサイル?AGM-12空対地ミサイル?F-4D/Eファントム2F-5E/Fタイガー2F-14Aトムキャット等の予備パーツや飛行装具と言う不特定情報があるが詳しい事は分かっていない。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS