• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(はやぶさ){【はやぶさ】}; [#oc0f1e0e]
+JMSDF Hayabusa(PG-824)~
+JMSDF Hayabusa(PG-824)~
2000年代に[[海上自衛隊]]が整備したミサイル艇([[対艦ミサイル]]搭載哨戒艇)。~
沿岸部における哨戒・海上阻止戦力として設計・建造された。~
~
当初、半双胴型船型のミサイル哨戒艇として平成11年度予算で計画されたが、1999年(平成11年)3月の北朝鮮による工作船事件により、海上における警察行動に対処できる能力が考慮される((当時、海自が保有していた高速哨戒艇としては「[[ミサイル艇1号]]」型があったが、同型には速度調整が困難であったり、乗員の宿泊設備がないなどの欠陥があり、この任務への対処が難しかった。))こととなり、船型を含めた設計計画の変更がなされた。~
当初、半双胴型船型のミサイル哨戒艇として平成11年度予算で計画されたが、1999年(平成11年)3月に発生した北朝鮮による工作船事件により、海上における警察行動に対処できる能力が考慮される((当時、海自が保有していた高速哨戒艇としては「[[1号>ミサイル艇1号]]」型ミサイル艇があったが、同型には速度調整が困難であったり、乗員の宿泊設備がないなどの欠陥があり、この任務への対処が難しかった。))こととなり、船型を含めた設計計画の変更がなされた。~
~
「[[ミサイル艇1号]]」の[[水中翼>水中翼船]]船型から、モーターボートのような滑走型船型に変更されているが、ウォータージェット方式は引き続き採用されており、海上における高速域での機動性にも優れている。~
船型は「[[1号型>ミサイル艇1号]]」の[[水中翼>水中翼船]]型から、モーターボートのような滑走型に変更されているが、ウォータージェット方式は引き続き採用されており、海上における高速域での機動性にも優れている。~
また上部構造物を[[護衛艦]]と同様の平面形にしたり、[[速射砲]]に平面シールドを施すなど、[[ステルス]]性も考慮されたものとなっている。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|21名|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]])|200t/240t|
|全長|50.1m|
|全幅|8.4m|
|深さ|4.2m|
|喫水|1.7m|
|主機|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[IHI]] LM500-G07[[ガスタービン]][[エンジン]](16,200PS)×3基 2軸推進|
|特殊装置|ウォータージェットポンプ×3基|
|[[機関>エンジン]]|ウォータージェット推進方式&br;[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[IHI]] LM500-G07[[ガスタービン]]×3基&br;ウォータージェットポンプ×3基|
|機関出力|5,400PS×3|
|最大速力|44kt|
|主要兵装|OTOメララ社製62口径76mm単装[[速射砲]]×1門&br;[[90式SSM>90式艦対艦誘導弾]]連装発射筒×2基&br;[[12.7mm重機関銃M2>ブローニングM2]]((武装ではなく、搭載品としての扱い。))用銃架×各1基(艦橋後部両舷)|
|[[C4Iシステム>C4I]]|MOF((Maritime Operation Force System:海上作戦部隊指揮管制支援システム))システム&br;海軍戦術情報システム([[OYQ-8B>OYQ-8]]戦術情報処理装置+[[リンク11>データリンク]])|
|[[レーダー]]|[[OPS-18-3>OPS-18]]対水上レーダー×1基&br;[[OPS-20]]航海レーダー×1基|
|[[FCS>火器管制装置]]|[[FCS-2-31C>FCS-2]] 砲[[FCS>火器管制装置]]|
|電子戦装備|NOLR-9 [[ECM]]|
|その他装備|OAX-2 [[赤外線]]暗視装置&br;複合型作業艇(臨検用)|
【同型艦】~
,艦番号,艦名,主造船所,起工,進水,就役,所属
,PG-824,はやぶさ&br;(JMSDF Hayabusa),[[三菱重工業]]&br;下関造船所,2000.11.9,2001.6.13,2002.3.25,舞鶴地方隊&br;第2ミサイル艇隊&br;(舞鶴基地)
,PG-825,わかたか&br;(JMSDF Wakataka),三菱重工業&br;下関造船所,2000.11.9,2001.9.13,2002.3.25,余市防備隊&br;第1ミサイル艇隊&br;(余市警備所)&br;(大湊地方隊隷下)
,PG-826,おおたか&br;(JMSDF Ootaka),三菱重工業&br;下関造船所,2001.10.2,2002.5.13,2003.3.24,佐世保地方隊&br;第3ミサイル艇隊&br;(佐世保基地)
,PG-827,くまたか&br;(JMSDF Kumataka),三菱重工業&br;下関造船所,2001.10.2,2002.8.2,2003.3.24,余市防備隊&br;第1ミサイル艇隊
,PG-828,うみたか&br;(JMSDF Umitaka),三菱重工業&br;下関造船所,2002.10.4,2003.5.21,2004.3.24,舞鶴地方隊&br;第2ミサイル艇隊
,PG-829,しらたか&br;(JMSDF Shirataka),三菱重工業&br;下関造船所,2002.10.4,2003.8.8,2004.3.24,佐世保地方隊&br;第3ミサイル艇隊
|主要兵装|OTOメララ社製62口径76mm単装[[速射砲]]×1門&br;[[SSM-1B>90式艦対艦誘導弾]][[SSM>艦対艦ミサイル]]連装発射筒×2基&br;[[12.7mm重機関銃M2>ブローニングM2]]((武装ではなく、搭載品としての扱い。))用銃架×各1基(艦橋後部両舷)|
|[[C4Iシステム>C4I]]|MOF((Maritime Operation Force System:海上作戦部隊指揮管制支援システム。))システム|
|~|海軍戦術情報システム([[OYQ-8B>OYQ-8]]戦術情報処理装置+[[リンク11>データリンク]])|
|~|[[FCS-2-31C>FCS-2]] 砲[[FCS>火器管制装置]]|
|[[レーダー]]|[[OPS-18-3>OPS-18]]対水上レーダー×1基|
|~|[[OPS-20]]航海レーダー×1基|
|[[電子戦]]装備|NOLR-9 [[ECM]]|
|暗視装置|OAX-2 [[赤外線]]暗視装置|
|その他装備|複合型作業艇(臨検用)|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|主造船所|起工|進水|就役|所属|
|PG-824|はやぶさ&br;(JMSDF Hayabusa)|[[三菱重工業&br;下関造船所>三菱重工業]]|2000.11.9|2001.6.13|2002.3.25|舞鶴地方隊第2ミサイル艇隊&br;(舞鶴基地)|
|PG-825|わかたか&br;(JMSDF Wakataka)|~|~|2001.9.13|~|余市防備隊第1ミサイル艇隊&br;(余市警備所(大湊地方隊隷下))|
|PG-826|おおたか&br;(JMSDF Ootaka)|~|2001.10.2|2002.5.13|2003.3.24|佐世保地方隊第3ミサイル艇隊&br;(佐世保基地)|
|PG-827|くまたか&br;(JMSDF Kumataka)|~|~|2002.8.2|~|余市防備隊第1ミサイル艇隊|
|PG-828|うみたか&br;(JMSDF Umitaka)|~|2002.10.4|2003.5.21|2004.3.24|舞鶴地方隊第2ミサイル艇隊|
|PG-829|しらたか&br;(JMSDF Shirataka)|~|~|2003.8.8|~|佐世保地方隊第3ミサイル艇隊|
~
&ref(pg826_.jpg);~
PG-826 おおたか~
~
参考リンク:http://weapons-free.masdf.com/sea/japan/hayabusamship.html ~
~
+JMSDF Hayabusa(PC-308)~
+JMSDF Hayabusa(PC-308)~
1950年代に建造された[[海上自衛隊]]の[[駆潜艇]]。同型艦は無い。~
海上自衛隊初のガスタービン搭載艦艇であり、実験艇の色合が濃かった。~
~
竣工当初、機関は[[ディーゼルエンジン]]のみであったが、1962年に[[ガスタービン]]エンジンの搭載工事が行われ、海自初のガスタービン搭載艦艇となった。~
~
艦橋などは[[かり]]型・[[かもめ]]型駆潜艇と似通った外観となっていたが、高速巡航時の安定を狙い船体幅は広く取られ、凌波性向上のために艦首から艦橋部までの船体に大きなナックルを有していた。~
また、艦橋後部の甲板室にはガスタービン用の大型煙突とその両側にガスタービン用吸気口が、後部甲板室上にはディーゼル主機用の小型煙突がそれぞれ設けられていた。~
~
機関は主機にディーゼルを使用し、ブースター用にガスタービンを使用するCODAG方式が採用されたが、竣工当初は[[ガスタービン]][[エンジン]]が完成しておらず[[ディーゼルエンジン]]のみであった。~
1962年に搭載工事が行われ、ガスタービン用煙突の延長工事も行われた。~
~
1975年に特務艇に改装されて第一線を退き、1987年に除籍・解体された。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|[[基準排水量]]|370t|
|全長|58m|
|全幅|7.8m|
|深さ|4.1m|
|吃水|2m|
|機関|CODAG方式(9,000馬力)3軸推進&br;三井B&W 1222VBU-34V型ディーゼル(2,000馬力)×2基&br;三菱MUK-501型ガスタービン(5,000馬力)×1基|
|機関|CODAG方式(9,000馬力)3軸推進|
|~|三井B&W 1222VBU-34V型ディーゼル×2基|
|~|三菱MUK-501型ガスタービン×1基(1970年に撤去)|
|機関出力|2,000馬力(ディーゼル)&br;5,000馬力(ガスタービン)|
|最大速力|26[[ノット]]|
|兵員|75名|
|兵装|Mk.1 40mm連装機関砲×1基&br;[[ヘッジホッグ]]投射機×1基&br;55式[[爆雷]]投射機(Y砲)×2基&br;54式爆雷投下軌条×2条|
|兵装|ボフォースMk.1 40mm連装機関砲×1基|
|~|[[ヘッジホッグ]]投射機×1基|
|~|55式[[爆雷]]投射機(Y砲)×2基|
|~|54式爆雷投下軌条×2条|
~
【同型艦】~
,艦番号,艦名,主造船所,起工,進水,就役,除籍,備考
,PC-308,はやぶさ,[[三菱>三菱重工業]]・長崎,1956.5.23,1956.11.20,1957.6.10,1987.2.28,1975.10.1種別変更&br;(特務艇(ASY-91))
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦番号|艦名|主造船所|起工|進水|就役|除籍|備考|
|PC-308|はやぶさ&br;(JDS Hayabusa)|[[三菱・長崎>三菱重工業]]|1956.5.23|1956.11.20|1957.6.10|1987.2.28|1975.10.1 種別変更&br;(特務艇(ASY-91))|
~
+ベル式206号 はやぶさ~
警視庁航空隊が使用している[[ベル206>OH-58]]の愛称。1〜4号まで存在する。~
本機には警察用装備としてTVカメラ、ホイスト、サーチライト、拡声器などが搭載されている。~
なお、1〜3号は7座席であるが、4号だけは5座席で、TVカメラとカーゴフックが装備されていない。~
+警視庁航空隊が運用している[[ヘリコプター]]([[ベル206>OH-58]]及び[[AW109]])の愛称。~
1号〜5号までの5機が在籍しており、1号〜3号及び5号が[[ベル206>OH-58]]、4号が[[AW109]]に与えられている。~
~
+[[陸上自衛隊]]が保有する[[LR-2]]連絡・[[偵察機]]の愛称。~
+[[陸上自衛隊]]が保有する[[LR-2]][[連絡>連絡機]]・[[偵察機]]の愛称。~
~
+MUSES-C"Hayabusa".~
文部科学省宇宙開発研究所(ISAS)((現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)隷下の一機関となっている。))が開発し、2003年5月に[[ミュー5ロケット>ミューロケット]]で打ち上げた[[小惑星探査機(工学実験探査機)>人工衛星]]。~
前作の「ひてん」「はるか」に続く「MUSES」シリーズ3番目の工学実験機であった。~
+[[中島>SUBARU]]一式戦闘機(キ43)「隼」。~
1930年代、[[中島飛行機製作所>SUBARU]]が開発・生産し、[[帝国陸軍航空隊>日本軍]]に採用された[[戦闘機]]。~
詳細は[[隼(戦闘機)]]の項を参照。~
~
イオンエンジンの実証テストを行いながら2005年夏に小惑星「イトカワ」に到達し、その表面を観測してサンプル採集を試みた((予定した分量を採取することはできなかったが、収納容器にわずかな微粒子が到達。&br;  収納容器は本体の大気圏突入前に分離して地上に回収され、解析の結果「イトカワ由来の微粒子が含まれている」ことが判明してミッションの成功が確定した。))後、2010年6月13日、大気圏に再突入して消滅した。~
この飛行は「地球の重力圏外にある天体の固体表面に着陸し、サンプルリターン((宇宙探査機が地球外の天体のサンプルを採集して地球へ持ち帰ること。))を成功させた世界初のケース」として内外の話題を集めた。~
+[[小惑星探査機>人工衛星]]「はやぶさ」。~
日本の宇宙開発機関「宇宙航空研究開発機構([[JAXA]])」が運用している[[惑星探査機>人工衛星]]。~
詳しくは[[はやぶさ(惑星探査機)]]の項目を参照。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS