【しらね】(しらね)

海上自衛隊・ヘリコプター搭載型護衛艦「しらね(JMSDF Shirane(DDH-143))」。

1970年代末期に建造され、1980年代初頭に就役した、対潜ヘリコプターの母艦機能を備えた大型護衛艦。
同型艦に「くらま(DDH-144)」がある。
1970年代初頭の「第四次防衛力整備計画」で建造された「はるな」型?護衛艦を拡大・発展させたものである。
こんごう型護衛艦が就役するまでは海上自衛隊で最大の護衛艦であった。

はるな型と異なり、当初から高性能20ミリ機関砲CIWS)を備え、また、個艦防空用としてRIM-7「シースパロー」SAMを搭載した。
このため、「はるな」型に比べてより防空能力に優れた艦となったが、その分、排水量が200〜300トン増加している。

また、各部隊の情報をデジタル・コンピューターで統括する戦術データリンク(リンク11)が初めて装備され、部隊の情報を一元管理できる様にはなったが、当時の戦術情報処理装置(OYQ-3)との連接はなされていなかった。

しかし一方で、国産の対潜情報処理装置・OYQ-101が装備され、「八八艦隊」中での対潜中枢艦としての能力が高められていた。

ちなみに、しらねは2007年にCIC内で発生した火災*1で機器を焼損した際、退役した「はるな」のCICが移植されている。

就役以来、長年にわたって護衛艦隊の主力として活躍してきたが、2015年以後就役予定のいずも型と交代で順次退役の予定となっている。

性能諸元

艦種ヘリコプター護衛艦(DDH)
全長159m
全幅17.5m
吃水5.3m/5.5m(DDH-144)
排水量
基準/満載
5,200t/6,800t
主缶IHI・フォスターホイーラー FWD2 2胴水管型ボイラー×2基(60kgf/c屐480℃)
主機石川島播磨 2胴衝動式蒸気タービン×2基(出力35,000hp)
推進器×2軸
機関出力70,000ps
速力32ノット/31ノット(DDH-144)
乗員350名/360名(DDH-144)
兵装73式54口径5インチ(127mm)単装速射砲×1門
Mk.25 8連装短SAM発射機×1基
シースパロー用、後にGMLS-3に更新。)
74式8連装SUM?発射機×1基(アスロック用)
68式3連装短魚雷発射管(HOS-301)>Mk.32]]×2基
高性能20mm機関砲CIWS)×2基
艦載機HSS-2/SH-60J/K哨戒ヘリコプター×3機
C4IシステムAN/WSC-3 SATCOM(後にAN/USC-42に換装)
MOFシステム(NORA-1、NORQ-1 SATCOM)※後日装備
海軍戦術情報システム(OYQ-3 TDPS+リンク11/14
OYQ-101 ASWDS
TDS-2 目標指示装置
FCSFCS-1A? GFCS×2基
WM-25 MFCS×1基(後にFCS-2-12に更新)
Mk.114 UBFCS×1基
レーダーOPS-12? 3次元レーダー×1基
OPN-8 高度測定レーダー×1基
OPS-28 対水上レーダー×1基
OPS-22 航海レーダー×1基
ソナーOQS-101 艦首装備式ソナー×1基
SQS-35(J)可変深度式ソナー×1基(DDH-143)
SQR-18(V)1 曳航式ソナー×1基(DDH-144)
電子戦
・対抗装備
NOLQ-1 ESM/ECM
OLR-9B RWR
Mk.36 SRBOCデコイ展開システム
(Mk.137 6連装チャフフレア発射機×4基)
AN/SLQ-25 曳航式音響デコイ


同型艦

艦番号艦名主造船所起工進水就役所属
DDH-143しらね
(JS Shirane)
石川島播磨重工業
東京第一工場
1977.2.251978.9.181980.3.17第3護衛隊群第3護衛隊
(舞鶴基地)
DDH-144くらま
(JS Kurama)
石川島播磨重工業
東京第一工場
1978.2.171979.9.201981.3.27第2護衛隊群第2護衛隊
(佐世保基地)



*1 CIC内に無許可で持ち込まれ、艦内の電圧に変圧されていなかった中国製の保冷温庫の過熱による。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS