【しらね】(しらね)

海上自衛隊・ヘリコプター搭載型護衛艦「しらね(JMSDF Shirane(DDH-143))」。

1970年代末期に建造され、1980年代初頭に就役した、対潜ヘリコプターの母艦機能を備えた大型護衛艦。
同型艦に「くらま(DDH-144)」がある。
1970年代初頭の「第四次防衛力整備計画」で建造された「はるな?」型を拡大・発展させたものである。

はるな型と異なり、当初から高性能20ミリ機関砲CIWS)を備え、また、個艦防空用としてRIM-7「シースパロー」を搭載した。
このため、「はるな」型に比べてより防空能力に優れた艦となったが、その分、排水量が200〜300トン増加している。

また、各部隊の情報をデジタル・コンピューターで統括する戦術データリンク(リンク11)が初めて装備され、部隊の情報を一元管理できる様にはなったが、当時の戦術情報処理装置(OYQ-3)との連接はなされていなかった。

しかし一方で、国産の対潜情報処理装置・OYQ-101が装備され、「八八艦隊」中での対潜中枢艦としての能力が高められていた。


就役以来、長年にわたって護衛艦隊の主力として活躍してきたが、2014年から就役予定の19500トン型護衛艦と交代で順次退役の予定となっている。

性能諸元

艦種ヘリコプター護衛艦(DDH)
全長159m
全幅17.5m
吃水5.3m/5.5m(くらま)
排水量
基準/満載
5,200t/6,800t
機関IHI・フォスターホイーラー FWD2 2胴水管型ボイラー×2基
石川島播磨 2胴衝動式蒸気タービン×2基2軸推進
機関出力70,000ps
速力31ノット以上
乗員350人
兵装Mk.45 mod.4 62口径5インチ(127mm)単装速射砲×1門
Mk.25 8連装艦対空ミサイル発射機×1基(シースパローを装備、後にGMLS-3に更新。)
74式8連装対潜ミサイル発射機×1基(アスロックを装備)
68式3連装324mm短魚雷(対潜魚雷)発射管HOS-301×2基
高性能20mm機関砲CIWS)×2基
艦載機HSS-2/SH-60J哨戒ヘリコプター×3機
C4IシステムSFシステム(後にMOFシステムに更新)
海軍戦術情報システム(OYQ-3 TDPS+リンク11/14
OYQ-101 ASWDS
TDS-2 目標指示装置
FCS-1A? GFCS×2基
WM-25 MFCS×1基(後にFCS-2-12に更新)
Mk.114 UBFCS×1基
レーダーOPS-12? 3次元レーダー×1基
OPS-28 対水上レーダー×1基
ソナーOQS-101 艦首装備式ソナー×1基
SQS-35(J)可変深度式ソナー×1基(DDH-143)
SQR-18(V)1 曳航式ソナー×1基(DDH-144)
電子戦NOLQ-1 ESM/ECM


同型艦

艦番号艦名主造船所起工進水就役所属
DDH-143しらね
(JS Shirane)
石川島播磨重工業
東京第一工場
1977.2.251978.9.181980.3.17第3護衛隊群第3護衛隊
(舞鶴基地)
DDH-144くらま
(JS Kurama)
石川島播磨重工業
東京第一工場
1978.2.171979.9.201981.3.27第2護衛隊群第2護衛隊
(佐世保基地)



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS