【かめはめ波】(かめはめは)

亀仙人(武天老師)が編み出した亀仙流の技で、孫悟空やクリリンの得意技。作品を代表する技のひとつであり、『ドラゴンボール』を語る上で欠かせない技である。

本編での初披露はフライパン山の火を消すときで、この際亀仙人は最大出力のかめはめ波を放ち、山ごと吹き飛ばした。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS