• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぴーにーにーまる){【P220】}; [#y2a0eb2e]
*&ruby(ぴーにーにーまるしりーず){【P220シリーズ】}; [#y2a0eb2e]
SIG / Sauer P220~
~
スイスの[[SIG]](シグ、スィグ)と、ドイツの[[Sauer]](ザウアー、サワー、ザウェル・u・ゾーン)が共同開発した(実質的にはほぼ[[Sauer]]による)[[セミオートマチックピストル>半自動式拳銃]]。~
[[口径]]は[[9mmx19>9mmルガー]]の他、様々なバリエーションが存在する。(参考リンクを参照)~
スイスの[[SIG]]とドイツの[[Sauer]]が共同開発した[[セミオートマチックピストル>半自動式拳銃]]。~
現在でも世界中の[[軍隊]]・警察で採用されている。~
元々は[[9mmx19>9mmルガー]]弾を想定した設計だが、[[口径]]の異なるバリエーションも存在する。~
~
1970年代、スイス軍の軍事費削減政策を受け、「生産性に優れた安価な[[拳銃]]」というコンセプトで設計された。~
コストダウンのため徹底的に構造の効率化が図られ、直線的で単純な形状になっている。~
~
当時の[[拳銃]]で一般的な[[マニュアルセフティ>手動安全装置]]は廃され、かわりに[[デコッキング]]レバーが採用されている。~
薬室に装填されたままの状態でも安全に携行でき、[[リボルバー>回転式拳銃]]に近い単純な操作で扱える。~
~
後に主流となる[[複列弾倉]]はまだ採用されていないため、現在流通している同[[口径]]拳銃と比して装弾数が少ない。~

それまでスイス軍で制式採用されていたSP47/8([[P210]])は高い命中精度を誇っていたが、主要な部品を高品質のスチールブロックからの削りだしにより製作する等、職人芸による高精度加工で製造されていたため、非常に高コストであり、大量生産が難しい製品であった。~
そこで、軍事費削減を図っていた当時のスイス軍では、次期スイス軍制式拳銃の選定において、製造コストを低減し、短時間で大量に製造出来るような設計とすることが求められた。~
これに対しSIGは、マシニングセンタやプレス機などの自動工作機械で製造することを主眼に設計されたピストルを設計、これが1976年、P220(スイス軍では「P75」の名で採用)として採用された。~
**スペックデータ [#r72402aa]
|>|CENTER:P220|
|全長|198mm|
|重量|810g|
|銃身長|112mm(9mm)|
|[[ライフリング]]|6条右回り|
|使用弾薬|9mmパラベラム弾&br;.45ACP弾&br;7.65mmパラペラム弾&br;.38スーパー弾&br;.22LR弾|
|装弾数|7〜10発|
|作動方式|ショートリコイル/[[シングルアクション]]/[[ダブルアクション]]|
|銃口初速|345m/s|
|有効射程|約30〜50m|
~
本銃は、スライドはスチールプレスの側にブリーチブロックをロールピンで固定、フレームはアルミ合金からの削りだし等、コストダウンの実現のため徹底した設計が成されていた(ただし、現在はP220系のスライドはすべてステンレスの削りだし製である)。これにより、外形はまっすぐな面を組み合わせた単純な形状になっている。~
後に多くの[[拳銃]]がこれに倣ったため、現代型拳銃の始祖ともいえる。~
また形状合理化の一環として、銃身の薬室部分の外形を角張った形状とし、この上部が[[排莢口]]と直接かみ合う事により、[[ティルトバレルロッキング]]のロッキングラグを兼ねる構造となっている。~
これにより、スライド内側等の加工を単純化できるうえ、[[排莢口]]が大型化したことにより回転不良が低減されるという効用もあった。~
これも後に多くの[[拳銃]]が模倣した。~
|>|CENTER:P225(P6)|
|全長|180mm|
|重量|740g|
|銃身長|98mm|
|[[ライフリング]]|6条右回り|
|使用弾薬|9mmパラベラム弾|
|装弾数|8+1発|
|作動方式|ショートリコイル/[[ダブルアクション]]|
~
安全機構は、それまでの[[マニュアルセフティ>手動安全装置]]を廃し、かわりに[[デコッキングレバー]]を採用した。~
これにより簡単な操作で[[ハンマー>撃鉄]]を安全位置へ移動させることが可能になり、かつその状態からでも[[ダブルアクション]]で射撃を再開することができる。~
さらに、AFPB(オートマチック・ファイアリングピン・ブロック)の採用により、引き金を引ききらない限り撃針が前進しない構造となっている。~
これらのインターナルセフティ機構により、薬室に装填した状態でも安全に携行でき、[[リボルバー>回転式拳銃]]に近い単純な操作で初弾を発射できるようになっている。~
|>|CENTER:P245|
|全長|180mm|
|重量|770g|
|銃身長|99mm|
|[[ライフリング]]|6条右回り|
|使用弾薬|.45ACP弾|
|装弾数|6+1発|
|作動方式|ショートリコイル/[[ダブルアクション]]|
~
[[マガジンキャッチ>弾倉止め]]はグリップ底面に配置されていた(俗にコンチネンタルスタイル・マガジンキャッチとも呼ばれることがある)。~
これは当時のヨーロッパ製ピストルで採用例の多かった方式だが、誤って[[マガジンキャッチ>弾倉止め]]に触ってしまうことが少ない反面、意図的かつ素早い[[弾倉]]交換を難しくしており、後に欠点のひとつと評価されていた。~
このため、後に発表されたP225以降は、多くの[[セミオートマチックピストル>半自動式拳銃]]と同様に、[[マガジンキャッチ>弾倉止め]]がトリガーガード付け根部分に組み込まれるようになった。~
またP220自体も、主にアメリカの民間向け市場からの要求により、[[マガジンキャッチ]]をトリガーガード付け根部分に移設した仕様が発表され、現在はこちらの方のみが市場に供給されている。~
[[マガジン>弾倉]]はシングルカラム(シングルスタック、単列弾倉)で、装弾数は9発([[9mmx19>9mmルガー]])となっている。~
これは1970年代半ば頃に存在した自動拳銃の装弾数としては標準的な物であり、特別少ないという訳ではない。~
**代表的なバリエーション [#ce317892]
-P220:~
シリーズの基本形。~
口径[[.45ACP]](現在アメリカで販売されているのは.45仕様のみ)、[[9mmx19>9mmルガー]]、.38スーパー、.30ルガー等。~
装弾数9発(.45のみ8発)~
~
なお、ダブルカラム(ダブルスタック、スタガードカラム、[[複列弾倉]])による多弾数[[マガジン>弾倉]]と、それを使用するピストルが一般化したのは、アメリカ軍によるJSSAP(ジョイント・サービス・スモール・アームズ・プログラム)が開始された1979年以降である。~
このJSSAPトライアルに参加するべく、P220を基にプログラムの要求に沿うように改良を加えたP226を発表、ベレッタ社原案のM92S(後にはSB-F)と正式採用の座を最後まで争ったが、最終的には破れてしまう。~
しかし、一般市場や警察など法執行機関にはその高性能ぶりが高く評価され、数多くの法執行機関に制式採用されていった。~
現在、アメリカ国家安全保障局とSIG Sauerとの契約により、隷下の各機関の制式サイドアームとなっている他、世界中の軍および法執行機関に採用されている。~
-9mm拳銃:~
P220([[9mmx19>9mmルガー]])を[[自衛隊]]が制式採用したもの。~
~
ブローニングBDAの名前でアメリカ市場に入ってきた1977年当時、.45のDAオートピストルとして登場したものの、そのあまりの先進性をアメリカの(.45=M1911と刷り込まれている)ユーザーが理解できず、全く売れなかった(このため当時のモデルは今やコレクターズアイテムと化している)事を思えば、隔世の感があるといえよう。~
-P220 Elite Stainless:~
スライドとフレームがステンレスで、木製グリップを装着したモデル。~
~
日本の[[自衛隊]]では1982年、P220を「9mm拳銃」の名称で採用し、ミネベアで[[ライセンス生産]]したものを装備している。~
これについて、「なぜ初期型のP220を採用したのか」と疑問視する向きもある。~
これには「P220の形状が前任の[[M1911A1>M1911]]に比較的似ていたため」「[[ダブルカラムマガジン>複列弾倉]]ではグリップが太くなってしまい、手の小さな日本人には合わないと考えられたため」「[[マガジン>弾倉]]の紛失防止を重視したため」など諸説がある。~
グリップについては、そもそもP220の[[マガジン>弾倉]]自体、.45を収容できるように作られており、M1911と比べても[[マガジン>弾倉]]の寸法自体は大差ない。故に、その[[マガジン>弾倉]]を収めるグリップ部の寸法は、M1911とP220では、実は大差がない。~
また、自衛隊仕様のグリップは、本国仕様に比べ、側面の厚みを減らし、外周の寸法を減じているといわれる。そのために却って握り心地を悪化させていると言われており、「P220よりもP226のほうが握りやすいのでは」という声も多い。~
-P220 SAO:~
シングルアクションオンリーモデル。~
安全装置がアンビセフティになっている。~
~
そもそもサイドアームなので火力はあまり重視されないものではあるが、一部では「[[拳銃]]は自殺用の武器なのだから弾数など要らない」というジョークもささやかれている。~
なお、日本の軍事・法執行機関であっても、[[海上自衛隊]]の「特別警備隊SBU」は2007年6月の訓練展示の際に、フラッシュライトを装着したP226を装備しているのが目撃されている他、[[海上保安庁]]の[[特殊警備隊>SST]]なども、SIGではないが[[ダブルカラムマガジン>複列弾倉]]のS&WM5904を使用しているのが確認されている。~
**スペックデータ [#r72402aa]
全長:198mm~
重量:810g~
銃身長:112mm~
ライフリング:6条右回り~
使用弾薬:9mmパラベラム弾~
装弾数:9発~
作動方式:ショートリコイル/[[ダブルアクション]]~
銃口初速:345m/s~
有効射程:約30〜50m~
-P220 DAK:~
ダブルアクションオンリーモデル。~
デコッキングレバーが取り外されハンマーが削られている。~
~
**代表的なバリエーション [#ce317892]
-P220: シリーズの基本形、口径.45ACP(現在アメリカで販売されているのは.45仕様のみ)、[[9mmx19>9mmルガー]]、.38スーパー、.30ルガー等。装弾数9発(.45のみ8発)~
-P220 Two-Tone:~
スライドがシルバーになっているモデル、シングルアクションのみのP220 ツートンモデル。 SAOも存在する。~
~
-9mm拳銃: P220([[9mmx19>9mmルガー]])を[[自衛隊]]が制式採用したもの~

-P225: P220を基に全長・全高を小型化したもの ドイツ警察がP6として制式化していた。装弾数8発~
-P220 TB((Threaded Barrelの略。)):~
サプレッサーを取り付けられるようにバレル先端にネジが切ってあるモデル。~
~
-P245: P225の[[.45ACP]]版小型化改良型、製造中止 装弾数6発~
-P220 Combat:~
フレームとグリップがデザートカラーになっている。~
~
-P226: P220を[[ダブルカアラムマガジン>複列弾倉]]化する等改良したJSSAPトライアルモデルの市販化仕様 口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数15発([[9mmx19>9mmルガー]])12発(.40S&W、.357SIG)~
-P220 Elite Dark:~
リアサイトとフレームの形状、グリップのデザインが変更されている。~
~
-M10: P226を[[アメリカ空軍>USAF]]が護身用拳銃として採用したもの~
-P220 Platinum Elite:~
グリップが白く、スライドがシルバーになっているモデル。~
~
-P228: P226を基に全長・全高を小型化したもの 現在は製造中止 口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数12発(.40S&W、.357SIG)13発([[9mmx19>9mmルガー]])~
-P220 Classic 22:~
.22LR弾専用モデル。~
同等のP220用のコンバットキットも存在する。~
~
-M11: P228を[[アメリカ空軍>USAF]]が護身用拳銃として採用したもの~
-P220 Carry:~
P220を3.9インチに短くしたモデル。仕様は上記と同様。~
~
-P229: P228を基にスライドをステンレス削りだし製とし強化、.40S&W弾を使用できるようにしたもの 口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数12発(.40S&W、.357SIG)13発([[9mmx19>9mmルガー]])~
-P220 Match:~
競技向けの5.0インチモデル。~
~
-P220 Super Match:~
[[シングルアクション]]オンリーモデル。~
スライドがシルバーで木製グリップ、安全装置がアンビセフティになっている。~
~
-P220 Match Elite:~
シルバーモデル。~
~
-P220 Compact:~
P220シリーズ最小モデル。マガジン装弾数6発。~
~
-P220R Compact:~
ピカティニー・レール標準装備モデル。~
~
-P220 X-SIX:~
競技向け6.0インチモデル。~
シングルアクションオンリーで、安全装置がアンビセフティになっている。~
~
-P225:~
P220を基に全長・全高を小型化したもの。~
ドイツ警察がP6として制式化していた。装弾数8発。~
~
-P245:~
P225の[[.45ACP]]版小型化改良型。~
P220 Compactの登場で製造中止。装弾数6発。~
~
-P226:~
P220を[[ダブルカアラムマガジン>複列弾倉]]化する等改良したJSSAPトライアルモデルの市販化仕様。~
口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数15発([[9mmx19>9mmルガー]])12発(.40S&W、.357SIG)~
~
-M11:~
P226を[[アメリカ軍]]が護身用拳銃として採用したもの。~
~
-P228:~
P226を基に全長・全高を小型化したもの。現在は製造中止。~
口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数12発(.40S&W、.357SIG)13発([[9mmx19>9mmルガー]])~
~
-P229:~
P228を基にスライドをステンレス削りだし製とし強化、.40S&W弾を使用できるようにしたもの。~
口径[[9mmx19>9mmルガー]]、.40S&W、.357SIG 装弾数12発(.40S&W、.357SIG)13発([[9mmx19>9mmルガー]])~
~

参考リンク:http://www.sigarms.com/Products/ShowCatalogProduct.aspx?categoryid=6 ~
      http://www.jda.go.jp/jgsdf/html/soubi/bottom/kaki/kaisetu/9mkenjyu.html ~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS