• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えむにひゃくななじゅう){【M270】}; [#iefef9b2]
M270 [[MLRS>多連装ロケットシステム]] (Multiple Launch Rocket System)~
~
[[アメリカ陸軍]]が開発した[[自走ロケット砲>自走砲]]。~
[[M110 203mm自走榴弾砲>M110]]の後継として開発が始まり、1978年に試作車が完成、1983年から配備された。~
主な戦歴は[[湾岸戦争]]・イラク戦争など。~
~
発射機は[[M2ブラッドレー>M2(歩兵戦闘車)]]の車体をベースに開発されたM993「AVMRL((Armored Vehicle -Mounted Rocket Launcher(装甲車搭載ロケット・ランチャー)の略。))」運搬車両。~
車体前部にエンジンと[[装甲]][[キャビン]]を配し、後部に専用の発射機を搭載する。~
キャビンは発射時の有毒ガスの侵入を避けると同時に、[[NBC兵器]]防護のための気密構造になっている。~
~
発射器はM269LLM((Launcher Loader Module:発射装填モジュール。))と呼ばれるボックス型で、発射[[ポッド]]2基を装填でき、標準装備では個々の[[ポッド]]にロケット弾6発、計12発を装填する。~
発射器はM269LLM((Launcher Loader Module:発射装填モジュール。))と呼ばれるボックス型で、発射[[ポッド]](LP)2基を装填でき、標準装備では個々の[[ポッド]]にロケット弾6発、計12発を装填する。~
ポッドは左右194度まで旋回でき、0〜60度までの仰角を取ることができる。再装填の所要時間は約3分。~
発射操作は全て[[FCS>火器管制装置]]の電子制御で行われる。~
~
[[陸上自衛隊]]にも1992年から[[特科]]部隊に配備されている。~
自衛隊での装備名称は「多連装ロケットシステム 自走発射機M270 MLRS」。~
公募での愛称は「マルス」だが、一般的には「多連装」の通称で呼ばれる。~
[[火器管制装置]]は東芝、発射機は日産自動車宇宙航空事業部((現在は[[IHI]]エアロスペース。))が[[ライセンス生産]]していた((ライト類などの形状、右側ライト下の有線通信用端子などのマイナーチェンジが行われている。))。

自走発射機・指揮装置(「多連装ロケットシステム指揮装置」、[[3 1/2tトラック>73式大型トラック]]に搭載)・予備弾薬車(「多連装ロケットシステム弾薬車」、[[7tトラック>74式特大型トラック]](クレーン付き))で構成される。~
[[火器管制装置]]は東芝、発射機は日産自動車宇宙航空事業部((現在は[[IHI]]エアロスペース。))が[[ライセンス生産]]していた((ライト類などの形状、右側ライト下の有線通信用端子などのマイナーチェンジが行われている。))。~
~
**運用国(退役国も含む) [#vc3c08aa]
-アメリカ:991両~
-イギリス:67両~
-イスラエル([[イスラエル陸軍>イスラエル軍]]が運用。Menatetz((ヘブライ語で破城槌の意。))の名称で呼ばれる。)~
-イタリア:22両~
-エジプト(退役):26両~
-ニジェール(退役):30両(オランダ陸軍が運用。退役後はフィンランド陸軍に一部売却。)~
-ギリシャ:36両~
-韓国:96両~
-デンマーク(退役):12両~
-ドイツ:252両(MARS(Mittleres Artillerie Raketen System)の名称で運用。)~
-トルコ:12両~
-日本:99両~
-ノルウェー(退役):12両~
-バーレーン(退役):9両~
-フィンランド:22両~
-フランス(退役):56両

~
***配備部隊・機関([[陸上自衛隊]]) [#hd8a80f8]
-富士学校
--[[富士教導団]]
---特科教導隊(第5中隊)
-武器学校
-[[北部方面隊]]
--第1特科団
---第1特科群:第129特科大隊
---第4特科群:第131特科大隊
--[[北部方面混成団>混成団]]
--第1陸曹教育隊 - 特科教育中隊
-[[西部方面隊]]
--西部方面特科隊
---第132特科大隊
~
**スペックデータ [#yc7271e1]
|乗員|3名(車長・砲手・操縦手)|
|全長|7.06m|
|全高|2.6m|
|全幅|2.97m|
|全備重量|24.756t|
|懸架&br;・駆動方式|全電気操作式、交差ドライブ・ターボ変速機|
|[[エンジン]]|カミンズVTA903 4ストロークV型8気筒[[液冷>液冷エンジン]][[ターボチャージド・>ターボチャージャー]][[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]&br;(出力500hp)|
|速度|64km/h|
|[[行動距離>航続距離]]|480km|
|武装|12連装227mmロケット弾発射機×1基(6×2発)|
|再装填時間|8分|
~
**バリエーション [#ffcc3076]
-M270:~
基本型。~
~
-M270IPDS:~
M270A1が配備されるまでの暫定的なアップグレードモデル。~
[[MGM-140「ATACMS」>MGM-140]]ブロック1及びブロック2の発射能力を適用させた。~
~
-M270A1:~
近代化改修型。~
改良された[[FCS>火器管制装置]](IFCS)と改良型発射機(ILMS)を装備。~
この改修により、ロケット弾の再装填時間が従来の93秒から16秒へと大幅に短縮、[[GPS>全地球測位装置]]誘導ミサイルを含む新しい弾薬が発射可能となっている。~
改良型[[射撃統制システム>火器管制装置]](IFCS)と改良型発射機(ILMS)を装備。~
この改修により、ロケット弾の再装填時間が従来の93秒から16秒へと大幅に短縮、[[GPS>全地球測位装置]]誘導型MLRS(GMLRS)を含む新しい弾薬が発射可能となっている。~
~
-M270B1:~
イギリス軍向けアップグレードモデル。~
改良点はA1と同様だが、[[IED]]攻撃からの防護のために[[装甲]]パッケージが含まれている。~
イギリス陸軍向けアップグレードモデル。~
改良点はA1と同様だが、[[IED]]攻撃からの防護のために強化型[[装甲]]パッケージが含まれている。~
~
-M270C1:~
[[ロッキード・マーティン>ロッキード・マーチン]]によるアップグレードモデル案。~
IFCSの代わりに[[HIMARS]]ユニバーサル[[射撃統制システム>火器管制装置]](UFCS)に変更したもの。提案のみ。~
IFCSの代わりに[[M142>HIMARS]]のユニバーサル[[射撃統制システム>火器管制装置]](UFCS)に変更したもの。提案のみ。~
~
-M1270D1:~
アップグレードモデル。~
GMLRSやATACMSなどのGPS誘導ロケットの発射を可能にする新しい射撃統制システムを装備した。~
フィンランド軍向けM270A1。~
[[M142>HIMARS]]のユニバーサル[[射撃統制システム>火器管制装置]](UFCS)を採用した。~
~
-MARS/LRU/MLRS-機~
ヨーロッパ(ドイツ・イタリア・フランス)向けアップグレードモデル。~
[[エアバス・ディフェンス・アンド・スペース>エアバスミリタリー]]社製の[[火器管制装置]](EFCS((European Fire Control System.)))を搭載。~
欧州(ドイツ・イタリア・フランス)向けアップグレードモデル。~
[[エアバス・ディフェンス・アンド・スペース>エアバスミリタリー]]社製の欧州[[火器管制システム>火器管制装置]](EFCS((European Fire Control System.)))を搭載。~
この改修によりM31、M31A1、M32、AT2および110mmロケットの発射が可能となった。~
~
-M270A2:~
最新のアップグレードモデル。~
[[装甲]][[キャビン]]のかさ上げ、新型の600hpエンジンの搭載、CFCS((Common Fire Control System(共通射撃指揮統制システム)。))の搭載など。~
この改修により、PrSM((Precision Strike Missile(精密打撃ミサイル)の略。))[[地対地ミサイル]]の運用に対応した。~

**主な弾種 [#y82f2102]
-M26:~
227mm[[クラスター>クラスター爆弾]]ロケット弾。M77子弾×644個を内蔵。~
227mm[[クラスター>クラスター爆弾]]ロケット弾。~
DPICM M77子弾×644個を内蔵。射程15〜32km。~
~
--M26A1:~
向上型M85子弾を使用する延長射程ロケット(ERR((Extended Range Rocket.)))。~
射程45km。~
--M26A1ER:~
延長射程ロケット(ERR((Extended Range Rocket.)))。~
M85子弾×518個を搭載。射程15〜45km。~
~
--M26A2:~
M26A1の子弾をM77子弾に変更した型。~
--M26A2ER:~
M26A1ERが配備されるまでの暫定的な型。~
搭載子弾をM77子弾×518個に変更した。~
~
--Ground Launched Small Diameter Bomb(GLSDB):~
[[サーブ]]と[[ボーイング]]が共同開発した地上発射モデル。~
[[SDB>GBU-39]]にM26[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]を取り付けたもので、最大射程は150km。~
M270「MLRS」や[[HIMARS]]に使われるM26発射ポッドと互換性がある。~
~
-M27:~
完全模擬発射訓練および装填訓練用コンテナ。~
~
-M28:~
訓錬用ロケット弾。~
M26子弾の場所にバラスト・コンテナ×3基、煙幕コンテナ×3基を搭載。~
M26子弾の場所にバラスト・コンテナ×3基、スモークマーキングコンテナ×3基を搭載。~
~
--M28A1:~
短縮射程訓練ロケット(RRPR((Reduced Range Practice Rocket.)))。~
丸い先端部を持ち、射程が9kmへ短縮されている。~
~
--M28A2:~
低コスト短縮射程訓練ロケット(LCRRPR((Low Cost Reduced Range Practice Rocket.)))。~
丸い先端部を持ち、射程が9kmへ短縮されている。~
~
-XM29:~
対[[装甲]]探知破壊弾(&ruby(サダーム){SADARM};((Sense and Destroy Armor.)))を子弾として運ぶ。~
制式化されなかった。~
~
-M30:~
誘導型MLRS(GMLRS)が搭載する[[GPS>全地球測位装置]]搭載の精密誘導ロケット弾。~
射程60〜100km。~
M85複合目的改良型通常弾薬(DPCIM)子弾×404個を搭載。~
射程15〜84km。~
複合目的改良型通常弾薬(DPCIM)M101子弾×404個を搭載。~
~
--M30A1:~
GMLRS代替弾頭(AW)。~
M30の弾頭をタングステン球に変更したモデル。~
GMLRS代替弾頭(AW(Alternative Warhead))。~
M30の弾頭をタングステン球破片弾×約182,000個に変更したモデル。~
~
--M30A2:~
M30A1の改良型。~
被弾や事故で損傷し、火災が起きても誘爆し難い[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]](IMPS((Insensitive Munition Propulsion System.)))を採用した。~
~
-M31:~
M30の派生型。単一の[[高性能爆薬>爆薬]]弾頭を持つ。~
M30の派生型。単一の[[高性能爆薬>爆薬]]弾頭(200lb)を持つ。~
~
--M31A1:~
改良型。~
~
-GMLRS-MR:~
--M31A2:~
M30A2と同様にIMPSを採用した改良型。~
~
-ER-GMLRS:~
GMLRSの射程を150kmに延長したモデル。~
2021年まで試験が行われ、2022年より生産開始予定。~
~
-XM135:~
2液式[[神経化学剤>化学兵器]](VXガス)搭載ロケット。制式化されなかった。~
~
-[[M39(MGM-140A「ATACMS」)>MGM-140]]:~
「陸軍戦術ミサイルシステム(Army Tactical Missile System)」と称する[[短射程弾道ミサイル>弾道ミサイル]]。~
M270を発射機として使用する多種類の弾頭がある。~
標準のロケット弾に比して極めて巨大で、ミサイル1発でロケット弾6発分の[[ペイロード]]を占有する。~
~
-M32 SMArt(ドイツ製):~
ディール・ディフェンスによるM30の改良型。~
SMArt対戦車小弾×4個を搭載。~
発注されず。~
~
-AT2(ドイツ製):~
SCATMINロケット。AT2対戦車地雷×28個を搭載。射程38km。~
SCATMINロケット。AT2対戦車[[地雷]]×28個を搭載。射程15〜38km。~
~
-PARS SAGE-227 F(トルコ):~
TUBITAK-SAGE((TÜBİTAK Savunma Sanayii Araştırma ve Geliştirme Enstitüsü(トルコ科学技術研究会議・防衛産業研究開発機構)。))社がM26ロケットの後継として開発した試験用誘導型GMLRS。~
~
-Ground Launched Small Diameter Bomb(GLSDB):~
[[サーブ]]と[[ボーイング]]が共同開発した地上発射モデル。~
[[SDB>GBU-39]]にM26[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]を取り付けたもので、最大射程は150km。~
M270「MLRS」や[[HIMARS]]に使われるM26発射ポッドと互換性がある。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS