• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えふはちじゅう){【F-80】}; [#v37f49b3]
Lockheed F-80(P-80)"&ruby(シューティングスター){Shooting Star};"(流星の意).~
~
1940年代、[[ロッキード]]社が開発した第一世代ジェット戦闘機。~
当初は「P-80」の名称で運用されていたが、1948年に[[空軍>アメリカ空軍]]が発足したのを期に、名称が「F-80」に変更された。~
~
[[第二次世界大戦]]中の1943年5月から開発が開始され、試作機「YP-80」が1944年1月に初飛行。~
実戦参加の直前に日本が降伏したため、[[朝鮮戦争]]が初の実戦投入となった。~
第二次世界大戦末期に配備自体は行われたが、実戦参加の直前に残存する最後の枢軸国である日本が降伏したため、[[朝鮮戦争]]が初の実戦投入となった。~
~
[[朝鮮戦争]]初期の[[航空優勢]]確保の主力として一定の戦果はあげたものの、設計の古さから東側の[[MiG-15]]に遅れを取るようになった。~
[[朝鮮戦争]]初期の[[航空優勢]]確保の主力として一定の戦果はあげたものの、設計の古さから東側の最新戦闘機[[MiG-15]]に遅れを取るようになった。~
[[朝鮮戦争]]後は[[F-86]]に更新され、残存機は[[攻撃機]]・[[偵察機]]として転用された。

**スペックデータ(P-80C/F-80C)[#obf472ee]
|乗員|1名|
|全長|10.49m|
|全高|3.43m|
|翼幅|11.81m|
|[[主翼]]面積|22.07|
|アスペクト比|6.37|
|翼型|NACA 65-213|
|空虚重量|3,819kg|
|全備重量|5,738kg|
|最大離陸重量|7,646kg|
|零揚抗力係数|0.0134|
|抗力面積|0.30|
|[[エンジン]]|アリソン [[J33-A-35>J33]][[ターボジェット]]×2基|
|[[推力]]|20.46kN([[ドライ>ミリタリー推力]])&br;24.02kN(水エタノール噴射装置使用時)|
|最大速度|956km/h(海面上)|
|[[巡航速度]]|707km/h|
|[[航続距離]]|1,328km/2,221km([[フェリー>回航]]時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|14,000m|
|[[海面上昇率>上昇率]]|34.9m/s|
|揚抗力比|17.7|
|[[翼面荷重]]|250kg/|
|[[推力重量比]]|0.364lbf/lb(0.00357kN/kg)&br;0.427lbf/lb(0.00427kN/kg)(水エタノール噴射装置使用時)|
|固定武装|[[AN/M3 12.7mm機銃>ブローニングM2]]×6挺(弾薬300発)|
|兵装|翼下に以下の兵装を搭載可能。&br;1,000ポンド(454kg)通常爆弾×2発&br;5インチ(127mm)無誘導[[ロケット弾]]×8発&br;[[増槽]]等|
~
**派生型 [#z0c00b7a]
-試作機
--EF-80:~
横ばいで操縦するプローン・パイロット試験機。~
~
--XP-80(1機):~
試作機。~
エンジンはハルフォードH1.B(後のデハビランド ゴブリン)遠心式ターボジェットを搭載。~
~
--XP-80A(2機):~
XP-80の試作型。~
エンジンはI-40(後にJ33-GEと改称)[[ターボジェット]]を搭載し、翼面積の拡大や構造強化が施されている。~
~
--YP-80A(12機):~
増加試作型。~
1機は[[ロールス・ロイス]]に貸与され、[[ニーン]][[エンジン]]の開発に使用された。~
~
--XF-14(1機):~
YP-80Aベースの米空軍向け試作写真偵察機型。~
1944年12月に[[B-25]]との空中衝突によって失われた。~
~
--XFP-80A:~
P-80Aベースの試作偵察機型。~
機首が延長され、カメラを搭載。~
~
--XP-80B(1機):~
P-80Aに改良型J33エンジンを搭載した試作機。~
~
--XP-80R(1機):~
P-80Aを改修した高速度試験機型。1947年に速度記録を樹立。~
~
--ERF-80A:~
P-80Aを改造した実験機。~
~
-量産型
--F-80A(P-80A)(344機(ブロック1-LO)、180機(ブロック5-LO)):~
初期生産型。~
~
---QF-80A:~
F-80Aの無人標的機型。~
~
--RF-80A(F-14A(ブロック152仕様機以前の機体)/FP-80A)(38機(A型改修)+114機(新造)):~
F-80Aの偵察機型。~
~
--F-80B(240機(209機(ブロック1-LO)、39機(ブロック5-LO)):~
中期生産型。~
エンジンをGE製J33-A-21[[ターボジェット]]に換装し、[[射出座席]]を装備、[[JATO]]の装備が可能となった。~
~
--F-80C(798機):~
最終生産型で[[戦闘爆撃機]]型。~
エンジンはアリソン社製J33-A-35[[ターボジェット]]が装備され、主翼も強化されている。~
~
---RF-80C(FP-80C):~
F-80Cの偵察機型。~
~
---TO-1/TV-1(50機):~
F-80Cの[[米海軍>アメリカ海軍]]仕様機。~
そのうち16機は[[海兵隊>アメリカ海兵隊]]に移管された。~
~
--[[T-33]](TF-80C):~
練習機型。~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS