• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーさんにーまる){【A320】}; [#j68007ad]
Airbus A320.~
1980年代半ばに[[エアバスインダストリー]]が開発した中型の双発[[旅客機]]。~
~
1980年代半ばに[[エアバスインダストリー>エアバス(企業)]]が開発した中型の[[双発>双発機]][[旅客機]]。~
[[旅客機]]としては世界で初めて[[フライバイワイヤー]]、[[サイドスティック]]を搭載した機体である。~
また、機体が構造的および力学的な限界を超え、飛行が可能な領域を逸脱することが絶対起こらないようにするための保護を加えるなどの配慮も行き届いており、これは同社の[[A330]]以降の製品にも導入されている。~
~
このように、本機は画期的な設計で航空業界に新風を巻き起こしたが、就航して間もなく、ハイテク化の進んだシステムを使いこなすことができなかったために、幾度か[[墜落]]事故を発生させたこともある。~
~
また、このクラスの[[狭胴機]]としては珍しく、[[広胴機]]用の貨物コンテナを搭載可能である点も特長とされる。((ただしA318には搭載不可。))~
また、このクラスの[[狭胴機]]としては珍しく、[[広胴機]]用の貨物コンテナを搭載可能である点も特長とされる((ただしA318には搭載不可。))。~
~
&ref(http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/20060617a320starflyer.jpg,512x384);
~
参考リンク: http://www.airbusjapan.com/aircraft-families-jp/passengeraircraftjp/a320family0/ ~

**A320neo [#z69fe9df]
2010年に発表された、本機の近代化・省燃費改良型モデル。~
[[ボーイング]]社製のライバル機・[[B737NG>B737]]への対抗策として開発された。~
[[エンジン]]には、CFMインターナショナル「Leap-X」または [[P&W>プラット&ホイットニー]]「PW1100G」のいずれかを選択可能となっている。~
長胴型のA321および短胴型のA319についても「新型エンジン搭載によるneo化新造機の量産」が行われている。~
~
[[B737NG>B737]]が、従来のA320シリーズよりも省燃費であることをセールスポイントにした事への対抗策として本機が発表されたが、対するB737陣営も更なる省燃費を追求した「737MAX」を発表している。~
[[B737NG>B737]]が、従来のA320シリーズよりも省燃費であることをセールスポイントにした事への対抗策として本機が発表されたが、対するB737陣営も更なる省燃費を追求した「737MAX」を発表している((しかし同機は、機体制御ソフトの不具合から[[墜落]]事故を続発させたことで顧客からの信用を失ってしまい、2020年1月より生産・販売を中止している。))。~

**スペックデータ [#l92c5366]
|乗員|2名([[機長]]・[[副操縦士>副機長]])|
|乗客|2クラス150名(A320)&br;2クラス185名(A321)&br;2クラス124名(A319)&br;2クラス105名(A318)|
|全長|37.57m(A320)&br;44.51m(A321)&br;33.84m(A319)&br;31.44m(A318)|
|全高|11.76m(A320/A321/A319)12.56m(A318)|
|全幅|34.09m|
|胴体幅|外部:3.96m&br;内部:3.70m|
|基本空虚重量|41.0t(A320)&br;47.7t(A321)&br;40.1t(A319)&br;38.4t(A318)|
|最大離陸重量|73.5t(A320)&br;83.0t(A321)&br;64.0t(A319)&br;59.0t(A318)|
|[[エンジン]]|高[[バイパス比]][[ターボファン]]×2基&br;CFMインターナショナル CFM56-5&br;インターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE) V2500(A320/321/319)&br;P&W PW6000(A318)|
|エンジン[[推力]]|22,000〜27,000lb(A320)&br;30,000〜33,000lb(A321)&br;22,000〜27,000lb(A319)&br;21,600〜23,800lb(A318)|
|最大燃料搭載量|23,860L(A320/319/318)&br;23,700L(A321)|
|貨物搭載量|バルク37.41m³+LD-3-46/46W×7(A320)&br;バルク51.76m³+LD-3-46/46W×10(A321)&br;バルク27.46m³+LD-3-46/46W×4(A319)&br;バルク21.21m³(A318)|
|巡航速度|[[M>マッハ]]0.82|
|航続距離|4,900〜5,700km(A320)&br;4,350〜5,600km(A321)&br;3,300〜6,800km(A319)&br;3,300〜6,000km(A318)|
|CENTER:形式|CENTER:A320|CENTER:A321|CENTER:A319|CENTER:A318|
|CENTER:乗員|>|>|>|CENTER:2名([[機長]]・[[副操縦士>副機長]])|
|CENTER:乗客&br;(2クラス)|CENTER:150名|CENTER:185名|CENTER:124名|CENTER:105名|
|CENTER:全長|CENTER:37.57m|CENTER:44.51m|CENTER:33.84m|CENTER:31.44m|
|CENTER:全高|>|>|CENTER:11.76m|CENTER:12.56m|
|CENTER:全幅|>|>|>|CENTER:34.09m|
|CENTER:胴体幅|>|>|>|CENTER:外部:3.96m&br;内部:3.70m|
|CENTER:基本空虚重量|CENTER:41t|CENTER:47.7t|CENTER:40.1t|CENTER:38.4t|
|CENTER:最大離陸重量|CENTER:73.5t|CENTER:83t|CENTER:64t|CENTER:59t|
|CENTER:[[エンジン]]|>|>|>|CENTER:高[[バイパス比]][[ターボファン]]×2基|
|~|>|>|>|CENTER:CFMインターナショナル CFM56-5|
|~|>|>|CENTER:IAE((インターナショナル・エアロ・エンジンズ。)) V2500|CENTER:[[P&W>プラット&ホイットニー]] PW6000|
|CENTER:エンジン[[推力]]|CENTER:22,000〜27,000lb|CENTER:30,000〜33,000lb|CENTER:22,000〜27,000lb|CENTER:21,600〜23,800lb|
|CENTER:最大燃料搭載量|CENTER:23,860L|CENTER:23,700L|>|CENTER:23,860L|
|CENTER:貨物搭載量|CENTER:バルク37.41m³&br;+&br;LD-3-46/46W×7台|CENTER:バルク51.76m³&br;+&br;LD-3-46/46W×10台|CENTER:バルク27.46m³&br;+&br;LD-3-46/46W×4台|CENTER:バルク21.21m³|
|CENTER:巡航速度|>|>|>|CENTER:[[M>マッハ]]0.82|
|CENTER:[[航続距離]]|CENTER:4,900〜5,700km|CENTER:4,350〜5,600km|CENTER:3,300〜6,800km|CENTER:3,300〜6,000km|
~
|タイプ|CENTER:A319neo|CENTER:A320neo|CENTER:A321neo|
|乗員数|>|>|CENTER:2名|
|乗客数&br;(2クラス)|CENTER:140名|CENTER:160名|CENTER:206:16J@36in + 190Y@30in|
|乗客数&br;(1クラス(最大))|CENTER:160名|CENTER:195名@27in|CENTER:240名@28in|
|座席幅|>|>|CENTER:46cm([[エコノミークラス]]、6アブレスト)|
|[[キャビン]]幅|>|>|CENTER:3.7m|
|貨物容量|CENTER:27立方メートル|CENTER:37立方メートル|CENTER:51立方メートル((追加の中央タンク無し。))|
|全長|CENTER:33.84m|CENTER:37.57m|CENTER:44.51m|
|全高|>|>|CENTER:11.76m|
|翼幅|>|>|CENTER:35.80m|
|運用空虚重量|CENTER:42.6t|CENTER:44.3t|CENTER:50.1t|
|最大離陸重量|CENTER:75.5t|CENTER:79t|CENTER:97t|
|最大[[ペイロード]]|CENTER:17.7t|CENTER:20t|CENTER:25.5t|
|最小重量|CENTER:-|CENTER:40.3〜40.6t|CENTER:46.3〜46.6t|
|[[燃料]]容量|>|CENTER:26,730リットル|CENTER:32,940リットル|
|[[エンジン]]|>|>|CENTER:[[ターボファン]]×2基&br;(CFMインターナショナル LEAP-1Aまたは[[P&W>プラット&ホイットニー]] PW1100G)|
|ファン直径|>|>|CENTER:LEAP-1A:198cm&br;PW1100G:206cm|
|最大[[推力]]|CENTER:107kN&br;(24,100lbf)|CENTER:120.6kN&br;(27,120lbf)|CENTER:147.3kN&br;(33,110lbf)|
|最高速度|>|>|CENTER:[[マッハ]]0.82(876km/h)|
|[[巡航速度]]|>|>|CENTER:マッハ0.78(833km/h)|
|[[航続距離]]|CENTER:6,950km|CENTER:6,500km|CENTER:7,400km|
|[[上昇限度]]|>|>|CENTER:11,900m〜12,100m|
|[[離陸]]滑走距離|CENTER:-|CENTER:1,951m|CENTER:1,988m|
~
**A320の派生型 [#sdb201b1]
-A320~
135〜180席タイプの標準型。
-A321~
A320の胴体を延長した機体で、A320ファミリーでは最も大型。~
-A320:~
135〜180席タイプの標準型。~
~
--A320neo:~
近代化・省燃費改良型モデル。~
~
-A321:~
A320の胴体を延長した機体。~
A320ファミリーでは最も大型。~
166〜220席。~
-A319~
~
--A321neo:~
近代化・省燃費改良型モデル。~
~
---A321neoLR:~
燃料搭載量を増やし、[[航続距離]]を4,000[[海里]](7,400km)に増やしたモデル。~
~
---A321XLR:~
A321neoLRの航続距離をさらに最大4,700海里(約8,700km)まで延長したモデル。~
~
-A319:~
A320の胴体を短縮した機体。~
110〜145席。~
-A318~
A319の胴体をさらに短縮した機体で、A320ファミリーおよび[[エアバス]]製[[旅客機]]では最も小型。~
~
--A319neo:~
近代化・省燃費改良型モデル。~
~
--A319CJ([[エアバス・コーポレートジェット]]):~
A319をベースとした[[ビジネス機]]。~
この他、A320やA318・A321をベースとしたモデルもある。~
~
--A319MPA:~
A319をベースとした[[哨戒機]]。~
~
--VC-319A:~
[[イタリア空軍>イタリア軍]]で運用される[[政府専用機]]。~
~
--VC-1A「サントス・デュモン」:~
ブラジル空軍が運用する[[政府専用機]]。~
~
-A318:~
A319の胴体をさらに短縮した機体。~
A320ファミリーおよび[[エアバス>エアバス(企業)]]製[[旅客機]]では最も小型。~
100〜129席。~
-[[エアバス・コーポレート・ジェット]](ACJ)~
A319をベースとした[[ビジネス機]]。~
~

参考リンク: http://www.airbusjapan.com/aircraft-families/a320-family/ ~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS