• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(りくそうこうくうそうじゅうがくせい){【陸曹航空操縦学生】}; [#xfe167be]
[[陸上自衛隊]]の航空部隊で、[[ヘリコプター]]・[[航空機]]の操縦に携わる[[パイロット]]を養成する課程。~
英文表記では「FEC(Flight Enlistedman Couse)」と呼ばれている。~
[[海上自衛隊]]・[[航空自衛隊]]の「[[航空学生]]課程」と同様、陸自の現役パイロットの大半はこの課程を修了している((この他、[[防衛大学校]]や一般大学の卒業者も少数ながらいる(これは海自・空自と同様)。))。~
Flight Enlistedman Course(FEC).~
~
人材は陸自内部での選抜試験により集められており、その受験資格は「3等陸曹の階級にあり、3曹任官後1年以上勤務した26歳未満の現役隊員([[自衛隊生徒>少年自衛官]]出身の応募者が最も多いという)」とされている。~
選抜試験に合格して学生に任命されると、航空学校(三重県・明野駐屯地所在)で1年9ヶ月間の操縦教育を受ける。~
操縦教育修了後、2年間の部隊勤務を経て幹部候補生学校(福岡県・前川原駐屯地所在)に入校。6ヶ月間の幹部教育を受けて3等陸尉に任官され、引き続き航空部隊で勤務する。~
~
~
「航空学生」の項にもある通り、海自・空自のパイロット候補生は、最初からパイロット要員として人材を募集し、自衛官としての基礎教育から一貫した養成を行っているが、陸自のこの課程は、地上部隊での勤務を経験した現役隊員からの選抜試験により人材を登用して養成することに特徴がある。~
陸自ではこれにより~
「空地の連携が良好な操縦士を養成でき、航空科[[職種]]の『航空至上化』を防ぐ効果もある」((ただし、陸自の組織における航空科職種の役割が限定されていることもあって、パイロットの地位は海自や空自に比べて相対的に低いという。))~
としている。~
[[陸上自衛隊]]の航空部隊で、[[ヘリコプター]]・[[航空機]]の操縦に携わる[[パイロット>エビエーター]]を養成する課程。~
[[陸上自衛隊]]における現役[[パイロット>エビエーター]]の大半がこの課程を修了している。~
統計上、[[自衛隊生徒>少年自衛官]]および[[高等工科学校生徒]]出身の応募者が多いという。~

>飛行要員にはこの他、[[防衛大学校]]や一般大学の卒業者も少数ながら存在する。

選抜試験の受験資格は「三等陸曹の階級にあり、三曹任官後1年以上勤務した31歳未満の現役[[隊員>自衛隊員]]」。~
この条件のため[[パイロット>エビエーター]]養成課程としては退学処分(エリミネート)の発生率が低く、未修了退学者は選抜対象の20%程度とされる。~
豊富な地上勤務経験を事実上の必須要項としており、基礎教育段階では飛行要員を志望できないという点で特徴的。

>この独特のシステムは、陸上自衛隊のあらゆる航空要員は地上部隊の[[支援]]を存在意義とする、という事情による。~
航空要員に地上任務の実態をよく知悉させ、航空至上的な価値観を持たせぬよう配慮し、もって良好な空地連携を実現するのだという((この方針が合理的な危機管理対策なのか、それとも集団浅慮的な妄執に基づく少数派差別に過ぎないのかはあまり定かでない。))。

選抜試験に合格した後のタイムスケジュールは以下の通り。

:操縦教育(1年9ヶ月)|航空学校宇都宮校(栃木県・北宇都宮駐屯地所在)にて実施。~
:部隊勤務(2年間)|飛行幹部候補生として勤務。[[副操縦士>副機長]]などの職務が割り当てられる。
:幹部教育(6ヶ月)|幹部候補生学校(福岡県・前川原駐屯地所在)にて実施。
:以降|三等陸尉に任官され、引き続き航空部隊で[[パイロット>エビエーター]]として勤務する。~
この後も何度か幹部教育を受けるために[[陸上自衛隊航空学校]]に入校する。

>なお、現在の陸上自衛隊は[[固定翼>固定翼機]][[練習機]]を保有していない。~
このため、[[飛行機]](現状では[[LR-2]][[連絡>連絡機]][[偵察機]])の操縦教育は[[海上自衛隊]][[航空学生]]と共同で行われる。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS