• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(たーぼぷろっぷ){【ターボプロップ】}; [#g1d2afec]
[[タービンエンジン>ガスタービン]]のうち、省燃費を重視したタイプ。~
タービンの回転をギアで減速し、[[プロペラ]]を回転させて[[推力]]の大半を得る。~
排気圧も推力として用いるが、全推力の10%程度でしかない。~
排気圧も推力として用いるが、全推力の10%程度でしかない。~
~
熱効率に劣るものの軽量であり、また排気と[[トルク]]の両方で[[推力]]を発生させるので、[[航空機]]用[[エンジン]]としての効率は非常に高い。~
[[レシプロエンジン]]よりも省燃費性に優れ、潜在的な[[トルク]]は小さいものの高回転を得られるため、減速機を使って高い[[トルク]]を得ることができる。~
一方、[[スロットル>スロットルレバー]]の制御は[[レシプロエンジン]]よりも難しく、出力の調整には[[プロペラピッチ]]の調節が重要となる。~
また、[[プロペラ]]の回転数が[[音の壁]]を越えられないため、最高速度700km/hを越えるような機体設計は事実上不可能。~
一方、[[スロットル]]の制御は[[レシプロエンジン]]よりも難しく、出力の調整には[[プロペラピッチ]]の調節が重要となる。~
また、[[プロペラ]]の回転数が[[音の壁]]を越えられないため、最高速度にも限界がある。~
~
より高い[[巡航速度]]を実現できる[[ターボファン]]が早期に実用化したため、シェアはほとんど獲得できなかった。~
主たる用途は近距離の往復を想定した小型機で、それも[[ターボファン]]の性能向上と共に新規需要を喪い、徐々に廃れつつある。

主たる用途は近距離の往復を想定した小型機で、それも[[ターボファン]]の性能向上と共に新規需要を喪い、徐々に廃れつつある。~
~
関連:[[プロップファン]]

**主な採用機体 [#ybb95195]
-[[旅客機]]
--[[YS-11]]
--[[MU-2]]
--[[キングエア]]
--[[P.180]]
--[[L-188]]
--[[Il-18]]
--[[サーブ340]]
--[[サーブ2000]]
--[[DHC-8]]
--[[ATR42]]/[[72>ATR72]]
--[[フォッカーF27]]
--[[フォッカー50]]
--[[バイカウント]]

-[[軍用機]]
--[[C-130]]
--[[P-3]]
--[[A400M]]
--[[C-130「ハーキュリーズ」>C-130]]
--[[P-2J「おおわし」>P-2]]
--[[P-3「オライオン」>P-3]]
--[[A400M「アトラス」>A400M]]
--[[Tu-95「ベア」>Tu-95]]
--[[Il-38「メイ」>Il-38]]
--[[T-5]]
--[[T-7(日本)]]
--[[T-34C「ターボメンター」>T-34(航空機)]]
--[[PS-1]]
--[[US-1]]
--[[US-2]]
--[[E-2「ホークアイ」>E-2]]
--[[C-2「グレイハウンド」>C-2(アメリカ)]]
--[[運輸8]]
--[[C-12「ヒューロン」>C-12]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS