• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーすぱいろっと){【エースパイロット】};
5機以上の[[航空機]]を[[撃墜]]した[[戦闘機]]パイロットに与えられる称号。~
*&ruby(えーすぱいろっと){【エースパイロット】}; [#gfed7c75]
Ace pilot.~
一般には、戦時において[[戦闘機]]に搭乗し、5機以上の敵性[[航空機]]を[[撃墜]]した[[エビエーター]]((操縦士及び[[それ以外の搭乗員>GIB]]([[兵装システム士官]]・[[レーダー迎撃士官]]など)。))に与えられる称号。撃墜王。~
また、多大な戦果を挙げた者もこう呼ばれることがある。~
敵味方関係なく尊敬の対象になりうる。~
~
近年では[[航空機]]の価格上昇に伴う機数の減少や[[航空戦]]の複雑化、そして国家間の全面戦争が殆ど無くなった事から、めったに現れない。
敵味方関係なく尊敬の対象になりうるが、近年では[[航空機]]の価格上昇に伴う機数の減少や[[航空戦>カウンターエア]]の複雑化、そして[[国家間の全面戦争>国家総力戦]]が殆ど無くなった事から、めったに現れない。~
~
最も多くの[[撃墜]]数を記録したのは[[第二次世界大戦]]中の[[ドイツ軍]][[パイロット]]、[[エーリッヒ・ハルトマン]]で、352機を[[撃墜]]した。
なお、[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]は1920年に「[[戦闘機]]以外のパイロットに対して差別的である」として、エースパイロットという称号を公式に認めない通達を出した。~
これは現在の[[アメリカ空軍]]にも引き継がれており、[[アメリカ空軍]]では公式に「エースパイロット」と呼ばれる人物は存在しない。~
また、[[イスラエル軍]]ではパイロット個人への[[報復]]を防ぐため、エースパイロットとなった人物が現れても、当人が退役するまで本名を公開していない。~
超音速ジェット戦闘機のパイロットとしては史上最多の17撃墜を記録した[[ギオラ・イプシュタイン]]も、長らく「G中佐」と呼ばれていた。~
~
最も多くの[[撃墜]]数を記録したのは[[第二次世界大戦]]中の[[ルフトバッフェ]]のパイロット、[[エーリッヒ・ハルトマン]]で、352機を[[撃墜]]した。~
日本人最初のエースパイロットは[[滋野清武]]で、[[第一次世界大戦]]において[[フランス陸軍航空隊>フランス軍]]の[[義勇兵]](大尉)として参加、ドイツ軍機を6〜7機を撃墜した((しかし本国では冷遇され、1924年、42歳にして没。))。~
なお、日本人パイロットの最多撃墜記録は[[岩本徹三]]海軍中尉の94機((202機の撃墜を自称している。))。~

**エースパイロットとなった人物の一例 [#je984c1a]
|氏名|所属|[[最終階級>階級]]|撃墜機数|
|[[アドルフ・ガーラント]]|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]]|[[中将]]|104|
|[[ゲルハルト・バルクホルン]]|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]]|[[少将]]((西ドイツ空軍・名誉進級。))|301|
|[[エルンスト・ウーデット]]|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]]|[[上級大将>大将]]|62|
|[[ダグラス・ベイダー]]|[[英国空軍>RAF]]|大佐|23|
|[[ハンス・ヨアヒム・マルセイユ]]|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]]|大尉|158|
|[[ハンス・ウルリッヒ・ルーデル]]|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]]|大佐|9|
|加藤建夫|[[日本陸軍>日本軍]]|[[少将]]((1942年5月22日、戦死後二階級特進。))|18+|
|岩本徹三|[[日本海軍>日本軍]]|中尉|94(自称202)|
|坂井三郎|[[日本海軍>日本軍]]|中尉|28|
|[[ランダル・H・カニンガム]]|[[アメリカ海軍]]|不明((5機撃墜達成当時は海軍大尉。))|5|
|ウィリアム・ドリスコル|[[アメリカ海軍]]|不明((5機撃墜達成当時は海軍中尉。))|5|
|グエン・ヴァン・コク|北ベトナム空軍(([[ベトナム戦争]]当時。))|[[中将]]|9|
|[[ギオラ・イプシュタイン]]|[[イスラエル空軍>イスラエル軍]]|大佐|17|

関連:[[アドルフ・ガーラント]] [[ダグラス・ベイダー]] [[ハンス・ヨアヒム・マルセイユ]] [[ハンス・ウルリッヒ・ルーデル]] [[ランダル・H・カニンガム]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS