• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーえむえっくす){【AMX】}; [#db9aefa1]
+イタリアとブラジルが共同開発した[[攻撃機]]。~
1978年にイタリアの[[アエリタリア]]社(現[[アレニア]]社)と[[アエルマッキ]]社が、イタリア軍の新型[[攻撃機]]/[[偵察機]]要求に応じ[[G91]]の後継機として開発を開始。~
1980年、同じような要求を持っていたブラジルはこの計画に参加、[[エムブラエル]]社が共同開発に参入した。~
1984年にイタリアで試作機が初飛行し、翌年にはブラジル側の試作機も飛行に成功。7機の試作機が製造されたが、イタリア側の1機は[[墜落]]して失われた。~
量産初号機は1988年に進空、1989年には両国で部隊配備が開始された。また、複座型のAMX-Tも存在する。~
~
特徴として、[[高揚力装置]]による高い[[STOL]]性、[[HOTAS]]概念の採用、[[HUD]]・[[HDD]]による[[グラスコックピット]]などがあげられる。~
固定武装として、イタリア軍が[[M61A1]]20mm機関砲1門、ブラジル軍が[[DEFA]]30mm機関砲2門を搭載している。~
ハードポイントは5箇所あり、翼端には[[AIM-9]]・[[MAA-1]]のランチャーを搭載できる。偵察任務には、偵察ポッドを搭載することで対応している。~
なお、ブラジル軍ではAMXにA-1、AMX-TにA-1B(TA-1)という制式名称を与えている~
~
イタリア軍機はアライド・フォース作戦に参加し、[[Mk.82>Mk.80シリーズ]][[通常爆弾]]や[[ペイヴウェイII>ペイブウェイ]][[レーザー誘導爆弾]]、オファー赤外線画像誘導爆弾などを使用した。~
~
~
,種別,[[攻撃機]]
,主任務,攻撃・偵察
,主契約,AMXインターナショナル
,[[全長]],13.58メートル
,[[全幅]],8.87メートル
,[[全高]],4.57メートル
,[[主翼]]面積,21.00平方メートル
,[[運用重量]],6700キログラム
,[[最大離陸重量]],13000キログラム
,[[最大搭載量]],3800キログラム
,[[全長]],13.58m
,[[全幅]],8.87m
,[[全高]],4.57m
,[[主翼]]面積,21.00
,[[運用重量]],6700kg
,[[最大離陸重量]],13000kg
,[[最大搭載量]],3800kg
,最高速度,914km/h
,[[実用上昇高度]],13000メートル
,最大[[航続距離]],外部増糟×2:3336キロメートル
,最大[[戦闘半径]],926キロメートル
,[[実用上昇高度]],13000m
,最大[[航続距離]],3336km(外部増糟×2)
,最大[[戦闘半径]],926km
,[[エンジン]],スペイRB.168Mk.807×1
,[[推力]],49.06キロニュートン
,固定武装(イタリア),[[M61A1]]20mm機関砲×1
,固定武装(ブラジル),[[DEFA]]554 30mm機関砲×2
,             ,[[AIM-9]]サイドワインダー空対空ミサイル×2
,                  ,[[MAA-1]]空対空ミサイル×2
,                  ,[[通常爆弾]]
,                  ,[[GBU-16ペイヴウェイII>ペイブウェイ]]
,     搭載兵器     ,[[オファー画像赤外線誘導爆弾>ウィザード]]
,                  ,[[クラスター爆弾]]
,                  ,[[スタンドオフ・ディスペンサー兵器]]
,                  ,[[ロケット弾]]ポッド
,初飛行,1984年5月15日(試作機)
,クルー,パイロット×1
~
~
+工廠イシュ・レ・ムリノー AMX(Atelier de Construction d'Issy les Moulineaux)~
国立のフランス兵器工廠(車両系)~
[[AMX-10]]/[[AMX-13]]/[[AMX-30]]/[[AMX-50]](ルクレール)等の戦車や装甲車の開発を行う。~
フランス兵器産業グループ「[[GIATインダストリー]]」の一員。~
~
+[[天草エアライン]]の略称。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS