【F4U】(えふよんゆー)

Vought F4U "Corsair(コルセア)"(海賊の意)

チャンス・ヴォート?社が第二次世界大戦中期に開発したアメリカ海軍艦上戦闘機

1940年に試作型XF4U-1が、1942年には量産型F4U-1が初飛行し、アメリカ海軍で初めて時速400マイルを突破した高速の艦上戦闘機として大きく期待されていた。
一方で設計思想に野心的な側面が見られたため、海軍当局は保険としてグラマンにも競合機種の設計を依頼していた(後のF6F「ヘルキャット」)。

そして実際、本機は艦上戦闘機としてはいくらか問題を伴っていた。
機首が長いため下方の視界が悪く、また高速化のために大型化したプロペラが地面に激突して破損する可能性がある。
さらに、2000馬力を越える大出力エンジンは低速時の機体挙動を不安定化させ、着艦作業時に失速を起こす危険性があった。
結局、艦上戦闘機としての適性は保険であったF6F「ヘルキャット」に劣るものとなった。

一方、大口径の機関銃に加え、爆弾ロケット弾など対地兵装の搭載にも対応し、かつ最高速度に優れるなど、攻撃機に転用可能な汎用性を備えていることから、本来の用途よりも攻撃機として重用され、もっぱら海兵隊の航空部隊で陸上基地から展開された。
後期型にはレーダーを装備した夜間戦闘機型もあり、最終生産型では空対地ミサイルの搭載も可能だった。

大戦中の最終生産型のF4U-4は緊急出力で離昇2800馬力を発揮するR-2800-18Wを装備、6,248mで当時の米海軍機最速の728km/hを発揮した。

イギリスとニュージーランドにも輸出、運用された。
朝鮮戦争が勃発すると、それまで閉鎖されていた生産ラインが海兵隊向けに再開され、一部はフランスにも納入された。
また、米海軍の中古機がアルゼンチン・エルサルバドル・ホンジュラスに引き渡されている。
冷戦下の軍拡競争で陳腐化していったが、南米では長らく主力機として扱われ、1969年の「サッカー戦争」でも実戦投入され空中戦を行っている。

関連:フェルナンド・ソト?

スペックデータ

形式F4U-1F4U-1D
乗員パイロット1名
全長10.16m
全高4.48m
4.98m(主翼折り畳み時)
全幅12.49m
5.19m(主翼折り畳み時)
翼面積29.17
翼面荷重187.21kg/187.93kg/
空虚重量?4,074kg4,089kg
戦闘重量5,461kg5,482kg
燃料搭載量897L(237gal)(胴体内)
翼内燃料タンク1,367L(361gal)
662L(175gal)落下増槽タンク×1基
計2,029L(536gal)
翼内燃料タンク1,367L(361gal)
568L(150gal)落下増槽タンク×2基
+
662L(175gal)落下増槽タンク×1基
計2,695L(712gal)
発動機P&W R-2800-8「ダブルワスプ」
空冷複列星型18気筒×1基
P&W R-2800-8W「ダブルワスプ」
空冷複列星型18気筒×1基
出力2,000hp2,000hp/2,250hp(水噴射装置使用時)
プロペラハミルトン・スタンダード社製
No.6443 3枚ブレード
ハミルトン・スタンダード社製
No.6501A-O 3枚ブレード
プロペラ直径3.99m
プロペラ面積12.49
最高速度578km/h(海面高度)
671km/h(高度6,066m)
576km/h(海面高度)
658km/h(高度6,066m)

Mk5-1ロケットランチャー
及びパイロン装備時:
563km/h(海面高度)
644km/h(高度6,066m)

Mk5-1未装備時:
576km/h(海面高度)
658km/h(高度6,066m)

MK5-1・パイロン共に未装備時:
589km/h(海面高度)
671km/h(高度6,096m)
航続距離*12,680km
(175galタンク1基搭載時)
3,444km
(翼内124gal+175galタンク1基搭載時)
2,414km
(150galタンク1基搭載時)
3,050km
(翼内150galタンク2基搭載時)
フェリー航続距離*23,573km(搭載燃料2,029L(536gal))4,039km(搭載燃料2,695L(712gal))
実用上昇限度11,278m12,192m
上昇率14.68m/s(海面高度)17.12m/s(海面高度)
高度到達時間7分42秒/6,096m7分6秒/6,096m
固定武装AN/M2 12.7mm機関銃×6門
-AN-M2 20mm機関砲×4門(F4U-1C)
装弾数計2,350発計2,400発
計924発(AN-M2)
爆装2,000lbs(907kg)までの爆弾パイロン3ヶ所(胴体下×1、翼下×2)に
3,000lbsまでの爆弾
+
HVARまたはFFAR 5インチロケット弾×8発


バリエーション

  • V-166:
    当機の社内呼称。

  • XF4U-1:
    原型機の呼称。
    エンジンはXR-2800(1,800馬力)を搭載(後にR-2800-4(2,000馬力)に換装)。
    主翼下面の5か所に2.4kg空対空小型爆弾を4発ずつ搭載する爆弾倉を持っていた。

  • F4U-1:
    R-2800-8エンジン搭載の初期生産型。海軍では使用されず、海兵隊にまわされた。
    通称「バードゲージ」と呼ばれる、枠の多いキャノピー形状を持つ。

    • F3A-1:
      ブリュースター社で製造されたF4U-1の呼称。
      生産品質の問題による空中分解事故が発生したため、機体に掛かる負荷に制限の掛けられた訓練用としてのみ運用された。

    • FG-1:
      グッドイヤー社で製造されたF4U-1の呼称。
      陸上での運用を前提としているため、主翼の折りたたみ装置が廃止されている。

  • F4U-1A:
    前方視界向上のための操縦席位置上昇とバブルキャノピーへの変更、降着装置の改良を施した機体。
    生産途中で爆弾架が取り付けられ爆撃任務への使用が可能になった。

  • F4U-1B:
    英国に供与された機体の米国内呼称(総称)。

  • F4U-1C:
    F4U-1Dの搭載機銃をAN-M2 20mm機関砲×4門に変更したモデル。
    対空戦では過剰な火力・携行弾数不足として問題視されたが、対地支援には有効とされた。

  • F4U-1D:
    水噴射装置付きR-2800-8Wエンジンを装備した戦闘爆撃機型。
    主脚の改良により航空母艦への着艦が容易になった。

    • F3A-1D:
      ブリュースター社で製造されたF4U-1Dの呼称。

    • FG-1D:
      グッドイヤー社で製造されたF4U-1Dの呼称。

      • FG-1E:
        グッドイヤー社で製造されたF4U-1Dにレーダーを搭載した型。

    • F4U-1P:
      F4U-1を改修した写真偵察機型。

    • F4U-1WM:
      エンジンをP&W R-4360「ワスプ・メジャー」に換装した試験機。
      バードケージキャノピーの初期型F4U-1から1機が改造された。
      後にF2Gへと発展した。

  • F4U-2:
    機上迎撃レーダーポッドを装備した夜間戦闘機型。
    搭載武装は減少している。

  • XF4U-3/-3B:
    ターボチャージャーを装備した高高度戦闘機型。
    3機が試作されたが、23,000ft以下では、F4U-4に比べて利点がないと判断されてキャンセルされた。

    • FG-3:
      グッドイヤー社製機体に2段ターボ過給機付のR-2800-14Wを搭載した高高度戦闘機型。
      1機のみ試作。

  • XF4U-4:
    F4U-4の原型機。

  • F4U-4:
    R-2800-18Wまたは-42Wエンジンを装備した第二期生産型。
    センターラインのハードポイントが撤去され、装着可能な爆弾の数がF4U-1Dに比べて1つ減っている。

    • F4U-4B:
      イギリスに供与予定だった機体の米国内呼称(総称)。戦争終結によりキャンセル。

    • F4U-4C:
      F4U-4の搭載機銃をAN-M3(T31)(イスパノ・スイザ HS.404)20mm機関砲×4門に変更した型。
      戦後F4U-4Bに再分類された。

    • F4U-4E:
      機上迎撃レーダーポッド(AN/APS-4)を装備した夜間戦闘機型。

    • F4U-4N:
      機上迎撃レーダーポッド(AN/APS-5AN/APS-6)を装備した夜間戦闘機型。
      試作のみ。

    • F4U-4P:
      F4U-4の写真偵察機型。

    • FG-4:
      グッドイヤー社で生産されるF4U-4に与えられる予定だった名称。
      全機キャンセルされた。

  • F4U-5:
    第二次大戦中の最終生産型で、R-2800-32Wエンジンを装備した高高度戦闘機型。
    スーパーチャージャーカウルフラップ、インタークーラードア、オイルクーラードアの自動制御機能及び、戦闘出力システムの自動化が行われている。

    • F4U-5N:
      機上迎撃レーダーポッド(AN/APS-19?)を装備した夜間戦闘機型。

    • F4U-5NL:
      F4U-5Nの寒冷地対応型。

    • F4U-5P:
      F4U-5の長距離写真偵察機型。

  • XF4U-6:
    R-2800-83Wエンジンを装備した低空攻撃機型原型。

    • AU-1:
      R-2800-18WAエンジンを装備し、武装搭載量が増加した攻撃機型。XF4U-6準拠。
      基本性能の低下と引き換えに爆弾搭載量が8,200lbs(3,719kg)まで増加している。

  • F4U-7:
    軍事援助計画によりフランス海軍へ供与された最終生産型。
    AU-1の機体フレームを使用し、エンジンはF4U-4と同じくR-2800-18Wを搭載している。

  • コルセア Mk.機
    英国海軍におけるF4U-1の呼称。

  • コルセア Mk.供
    英国海軍におけるF4U-1A及びF4U-1Dの呼称。

  • コルセア Mk.掘
    英国海軍におけるF3A-1Dの呼称。

  • コルセア Mk.検
    英国海軍におけるFG-1Dの呼称。

  • F2G:
    グッドイヤー社が独自改良した発展型。
    エンジンはR-4360-4「ワスプメジャー」(3,000hp)を搭載。
    戦争の終結とジェット機の実用化により、少数生産(試作機9機と生産機10機)にとどまる。
    戦後いくつかのテストに用いられた後、民間に払い下げられ、エアレース機として用いられた。
    試作機のうち1機はワシントン州シアトルにある航空博物館「ミュージアムオブフライト?」にて静態保存されている。

    • XF2G:
      FG-1を改装した試験試作機。
      4翔プロペラのエンジン換装型2機と3翔プロペラの機体形状変更型2機の計4機が製作された。

    • XF2G-1:
      XF2Gの結果を踏まえて設計を改修した試作型および先行量産型。FG-1からの改造および完全新造。
      垂直尾翼が拡大され、方向舵を2分割式として補助方向舵を装備。
      プロペラは4翔型を装備。
      量産3号機以降はキャブレターインテークが拡張され機首上面形が異なる。

    • F2G-1:
      主翼の自動折畳機構他の装備のない陸上機型。

    • F2G-2:
      油圧による自動主翼折り畳み機構、着艦拘束フック等を装備した艦上機型。

    • F2G-3(F3Gとも):
      F2Gの開発結果を受けてグッドイヤー社により提案された拡大発展型の仮呼称。
      提案のみ。


*1 燃料消費量+5%の補正後に算出。
*2 燃料消費量+5%の補正後に算出。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS