【F/A-18】(えふえーじゅうはち)

McDonnell? Douglas F/A-18"Hornet(ホーネット)".

アメリカのマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が1970年代に開発した、艦上戦闘攻撃機
愛称の「ホーネット」は、スズメバチを意味する。
現在、アメリカ海軍海兵隊の主力戦闘攻撃機となっている。

本機は、1970年代にノースロップ社F-5の後継として開発した「P530『コブラ』」がルーツである。
同機は、アメリカ空軍LCF(低価格戦闘機)競争試作に「YF-17」としてエントリーしたが、ジェネラル・ダイナミクス?社のYF-16に敗れて一度「お蔵入り」となった。

それからしばらく後、海軍で「海軍空戦戦闘機(NACF*1)計画」が立案されたが、この際、海軍は単発機であるYF-16の採用を拒否し*2、P530をベースとした艦上機を開発することにした。

海軍はその後、F-16をアドバーサリーとして用いるためにC/D型のBlock30前期型相当の機体を「F-16N」として導入したが、主翼に(海軍の基準では問題となる)クラックが見つかったため廃棄された。
なお、現在はパキスタン向けに製造されたがキャンセルされたA/B型をアドバーサリーとして用いている。

しかし、ノースロップには艦上機開発の経験がないため、マクダネル・ダグラスとの共同開発となり、最終的にはマクダネル・ダグラスが主契約社となった。
後にマクダネル・ダグラスボーイング社に吸収合併された際、契約もボーイングに引き継がれた。

当初は戦闘機型の「F-18」と攻撃機型の「A-18」が別々に生産される計画だった。
しかし機体設計は多目的化し、量産時に型式は「戦闘攻撃機・F/A-18」となった。

戦闘攻撃機という分類が正式なものになるまでは、「戦闘機として用いる際はF-18」「攻撃機として運用する際はA-18」という風に、任務ごとに呼び名が変えられていた。

1980年代にF-4ファントム供A-7コルセア兇鮃洪靴掘1990年代初頭にA-6イントルーダーも当機に更新された*3
そして2001年〜2006年にかけて、F-14トムキャットがスーパーホーネット(E・F)に更新されている。

アメリカ以外ではカナダ、スペイン、オーストラリア、クウェート、スイス、フィンランド、マレーシアの各国空軍が使用している。
また、アメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」の使用機体としても有名である。

18f.jpg

F/A-18F スーパーホーネット

スペックデータ

F/A-18C/D
乗員パイロット1名(C型)/2名(パイロット+WSO)(D型)
全長17.1m
全高4.7m
翼幅12.3m(AIM-9を装備したLAU-7ランチャー含む)
9.94m(主翼折り畳み時)
翼面積38
アスペクト比4
翼型root:NACA 65A005 mod.
tip:NACA 65A003.5 mod.
空虚重量10,433kg
総重量16,769kg
最大離陸重量23,541kg
燃料容量4,930kg(機体内)
エンジンGE F404-GE-402?アフターバーナー付きターボファン×2基
推力ドライ推力:49kN
A/B使用時:79.0kN
最高速度マッハ1.8(1,915km/h、高度12,000m)
巡航速度1,060km/h
航続距離2,017km
フェリー航続距離3,300km
上昇限度15,000m
上昇率250m/s
翼面荷重450kg/
推力重量比0.96
1.13(内部燃料50%)
固定武装M61A1 20mmバルカン砲×1門(装弾数578発)
兵装
ハードポイント9箇所(主翼端レールランチャー×2、主翼下×4、胴体下×3)
6,200kgまでの兵装を搭載可能
AAMAIM-9「サイドワインダー」×2発(主翼端)
AIM-9 or AIM-120「ASRAAM」(ダブルラック付き)×8発
IRIS-T or AIM-132「ASRAAM」×4発
AIM-7「スパロー」 or AIM-120×2発
AGMAGM-65「マーベリック」×4発
AGM-154「JSOW」×4発
AGM-84H/K「SLAM-ER」
AGM-158「JASSM」
タウルス?
ASMAGM-84「ハープーン」
ARMAGM-88「HARM」
ロケット弾ハイドラ70 70mmロケット弾
ズーニー 127mmロケット弾
爆弾類JDAM
ペイブウェイシリーズ
Mk.80シリーズ
CBU-78「ゲイター」
CBU-87「CEM」
CBU-97「SFW」
Mk.20「ロックアイ供
Mk.77焼夷弾
B83/B61核爆弾
その他ADM-141「TALD」空中発射式デコイ
SUU-42A/A フレア/デコイディスペンサーポッド
チャフポッド
ECMポッド
AN/AAS-38「ナイトホーク」照準ポッド(アメリカ海軍のみ)
AN/ASQ-228"ATFILR"
ライトニング照準ポッド(アメリカ海兵隊、オーストラリア空軍、スペイン空軍、
フィンランド空軍のみ)
FPU-8/A 1,200Lドロップタンク×3基
アビオニクスAN/APG-73レーダー


F/A-18E/F
乗員パイロット1名(E型)/2名(パイロット+WSO)(F型)
全長18.31m
全高4.88m
翼幅13.62m
翼面積46.5
空虚重量14,552kg
総重量21,320kg(戦闘機構成)
最大離陸重量29,937kg
燃料容量機体内:6,667kg(E型)/6,241kg(F型)
外部:5,914kg(480galドロップタンク×4基)
エンジンGE F414-GE-400ターボファン×2基
推力ドライ推力:62.3kN
A/B使用時:97.9kN
最高速度マッハ1.6(高度12,190m)
航続距離2,346km(クリーン+AIM-9×2発)
フェリー航続距離3,330km
戦闘行動半径722km(阻止ミッション時)
上昇限度15,000m+
上昇率228m/s
翼面荷重459kg/
推力重量比0.93
1.1(総重量&内部燃料50%)
設計負荷率7.6G
固定武装M61A2 20mmバルカン砲×1門(装弾数412発)
兵装
ハードポイント11箇所(主翼端×2、主翼下×6、胴体下×3)
8,050kgまでの兵装を搭載可能
AAMAIM-9「サイドワインダー」×4発
AIM-120「AMRAAM」×12発
AIM-7「スパロー」×4発
AGMAGM-65E/F「マーベリック」×6発
AGM-84H/K「SLAM-ER」×4発
AGM-154「JSOW」×4発
AGM-158「JASSM」
ASMAGM-84「ハープーン」×2発
LRASM
ARMAGM-88「HARM」×4発
爆弾類JDAM(GBU-32/35/38/54×10発、GBU-31×4発)
ペイブウェイシリーズ
Mk.80シリーズ
CBU-78「ゲイター」
Mk.20「ロックアイ供
Mk.62/63/65「クイックストライク」機雷
その他SUU-42A/A フレア/デコイディスペンサーポッド
チャフポッド
AN/ALE-50曳航式デコイシステムポッド
AN/ASQ-228"ATFLIR"照準ポッド
ADM-141C「TALD」×12発
1,800Lドロップタンク×4基
A/A42R-1空中給油ポッド×1基
AWW-13 アドバンスドデータリンクポッド
アビオニクスAN/APG-73 or AN/APG-79レーダー
AN/ALQ-215 ジャミング装置
AN/ALQ-214 ジャミング装置
AN/ALE-50 or AN/ALE-55曳航式デコイ
AN/ALR-67(V)3 レーダー警報受信機
MIDS LVT or MIDS JTRSデータリンク無線機

バリエーション(カッコ内は生産機数)

  • YF-17「コブラ」:
    F/A-18の原型機。

  • F/A-18A/B:
    初期型。
    B型は複座型で当初はTF-18の名称だった。

    • CF-18A/B(138機):
      CF-104の後継として導入されたカナダ空軍向けの機体。CF-188A/Bとも呼ばれる。
      外見上ではM61A1機関砲の装填ドアに取り外し可能なライトを搭載しているほか、フォルスキャノピーが描かれている点が主な識別点である。

    • AF-18A/B(75機):
      オーストラリア空軍向けの機体。

    • EF-18A/B(72機):
      スペイン空軍向けの機体。C.15およびCE.15とも呼ばれる。

    • F/A-18(R):
      機関砲を撤去し、カメラを搭載した偵察機型。

    • F/A-18A+:
      A型をC型に準じた規格への改修型。
      AN/AAQ-28「ライトニング」やAN/ASQ-228「ATFLIR」を搭載可能とした他、背部にGPSアンテナを追加し、EGI統合航法システムを装備している。

    • F-18 HARV*4
      NASAがA型をベースに改造した高迎え角研究実験機。

    • X-53:
      NASA・アメリカ空軍研究所(AFRL)・ボーイングの「ファントムワークス」がF/A-18をベースに共同で開発(改造)したAAW*5実験機。旧称F/A-18 AAW。

  • F/A-18C/D:
    A/B型のアップグレード型。
    AN/AVQ-28 ラスター・スキャン型HUD、AN/AAR-50TINS、カラー多機能表示ディスプレイ、カラー・デジタル自動移動地図などのシステムが装備されているほか、暗視ゴーグルの利用も可能となった。
    またレーダー目標指示/距離測定システムを持つ前方監視赤外線ポッドも装備され始め、レーダー誘導爆弾の投下能力、各兵器の精密誘導投下が可能となった。

    • KAF-18C/D(40機):
      クウェート空軍向け機体の非公式名称。

  • F/A-18E/F「スーパーホーネット」:
    1999年より配備されたF/A-18C/Dの発展型。
    航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化やステルス性を考慮した改修がなされている。

    • F/A-18E/F Block 2:
      F/A-18E/Fのアップグレード型。
      搭乗員ステーションの改良やAN/APG-79?AESAレーダー、多機能情報分配システム (MIDS)の搭載によるリンク16への対応 、発達型目標指示前方赤外線 (ATFILR)ポッドの装備能力、AIM-9Xの装備能力などが追加される。

    • F/A-18E/F Block 2+:
      Block 2のアップグレード型。
      各種センサーからの情報を統合するため、新型ミッションコンピュータと光ファイバーネットワークを追加している。
      2008年度より納入された機体にはFPU-13 480ガロン増槽を改造したAN/ASG-34IRSTポッドが装備可能となっている。

    • F/A-18E/F Block.3「アドバンスド・スーパーホーネット」:
      アップグレード型。
      コックピットF-35F-15SEと似た次世代型コックピットに換装し、機体背部にコンフォーマルフューエルタンクを装備している。
      エンジンは推力を20%向上させたF414-GE-EPE?(Enhances Paformance Engine)へ換装した。
      これにより、低い加速力・上昇力の改善や燃焼効率の改善による航続距離の延長が図られている。

    • EA-18G「グラウラー」
      EA-6B「プラウラー」電子戦機の後継機として開発された機体。
      詳しくは項を参照。

  • F-18L:
    ノースロップが主契約となる輸出バージョン。
    降着装置の簡素化や主翼折りたたみ装置の撤去、翼下パイロンの増設や簡略化した電子機器を搭載する等、YF-17とF/A-18を足して2で割ったような機体となっている。
    モックアップのみで製作されず。


*1 Navy Air Combat Fighter.
*2 単発機双発機に比べ、洋上で不時着水した際のリスクが高い傾向にある。
*3 後継のA-12が1991年に開発中止になったため。
*4 High Alpha Research Vehicle:高迎え角研究機
*5 Active Aeroelastic Wing:能動空力弾性翼。用法適応翼の項も参照。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS