【B727】(びーななにいなな)

Boeing 727.

ボーイング社が1950年代〜60年代に開発した、短距離向けの三発ジェット旅客機
1963年2月9日に初飛行した。

水平尾翼垂直尾翼の先端に配置されたT尾翼をもち、エンジンを尾部に集中配置した三発機という、独特かつ当時としては斬新的なフォルムを持つ機体で、1984年の生産終了*1まで1,800機以上が生産された。
日本でも当時の航空会社全てが採用し*2、現在でも貨物機に改造された機体が多数運用されるなど、汎用性が高い機体である。

しかしその裏ではよど号事件を始め、数々のハイジャック事件の舞台になった機体でもある。
その理由としては、機体後部にある乗降用タラップが悪用され、空中での逃亡を可能としてしまう点があった*3

その後、B737NGMD-80/90A320などといった新世代機の登場や騒音規制の強化などで1990年代後半にはデルタ航空などで引退が始まり、2000年代には先進諸国の定期航空路線からほぼ姿を消した。
その後も、中南米やアフリカでは少数がチャーター機や定期旅客路線で運用されていたが、2019年1月にイランのアセマン航空の国内線を最後に民間航空からは引退した。
また、エンジンの換装や騒音抑制装置を装備して騒音規制に対応させた上で、貨物機自家用機、調査用航空機として運用されている機体もある。

B727.JPG


スペックデータ

形式727-100727-200
乗員3名(機長副操縦士航空機関士
座席数
(2クラス)
106 16F@38", 90Y@34"134 20F@38", 114Y@34"
座席数
(1クラス)
125@34"155@34"
全長40.59m46.68m
全高10.44m10.65m
翼幅32.92m
キャビン3.56m
翼面積153屐後退角32度
運用空虚重量39,800kg44,330kg
Adv.45,720kg
最大離陸重量76,700kg78,100kg
Adv.95,100kg
最大燃料搭載量7,680gal(29,069リットル)8,090 USgal(30,620リットル)
Adv.10,585 USgal(40,060リットル)
エンジンP&W JT8D-1/7/9?ターボファン×3基P&W JT8D-7/9/11ターボファン×3基
(Adv. JT8D-9/15/17/17R)
推力62〜64kN
(14,000〜14,500lbf)
62〜67kN(14,000〜15,000lbf)
Adv. 64〜77kN(14,500〜17,400lbf)
最大速度M0.9(961km/h)
巡航速度M0.86
(917km/h)
965〜953km/h
(467〜515kt)
航続距離4,170km3,500km
Adv.4,720km
上昇限度13,000m
離陸滑走距離2,500m2,600m
Adv.3,100m


主な派生型

  • 民間型
    • B727-100*4
      初期生産型で100人級の中距離型。

      • B727-100C:
        機体構造の強化および貨物ドアを追加した貨客両用型。

      • B727-100QC:
        貨客急速転換型。
        客席パレットの設置により、貨物型と旅客型の転換を行える。

      • B727-100QF:
        既存機のエンジンを換装した型。
        エンジンをロールス・ロイス RB.183「テイ」に換装し、騒音を軽減させている。

    • B727-200:
      200人級の短距離型。
      100型の胴体を主翼の前後で3mずつストレッチした。
      中央エンジンのインテイクも改良された。

      • B727-200F:
        貨物型。

      • B727-200アドバンス:
        内装の改良および燃料タンクを増設した型。

  • 軍用型

*1 B757及びB767への生産ライン集中のため。
*2 これは、当時の運輸省が「国内線用ジェット旅客機は全社同一機種を採用すること」という通達を出していたためでもある。
  なお、前作のB707は日本では採用されなかった。

*3 実際にパラシュート降下で犯人が脱出に成功した例もある。
*4 当初は「-100」という呼び名はついておらず、-200型の生産が開始された1967年以降につけられた。
*5 もとルフトハンザドイツ航空の中古機。
*6 もとナショナル航空の中古機。
*7 もとシンガポール航空の中古機。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS