【A-10】(えーてん)

Fairchild A-10 "Thunderbolt(さんだーぼると)II(つー)"
フェアチャイルド社がワルシャワ条約機構ソ連・東ドイツ軍が主体)の機甲部隊を攻撃するために設計・開発した近接航空支援専用の重攻撃機
戦車戦を想定した機体のため、低速域での操縦性に優れる低翼式直線翼を採用、コックピット周辺は厚さ1.5インチものチタニウム製装甲に覆われ、エンジンも被弾を避けるため主翼、垂直尾翼に隠れるようなデザインとなっている。
多少の被弾でも問題なく飛行でき、また整備性も非常に良好で、機体の稼働率も高い。

本機は23ミリ弾に対する防御能力を持つと言われているが、これは機体が開発された当時、東側の火器管制技術において航空機に対して使用されると想定されていた「対空榴弾」での話であり、(空中炸裂しない徹甲弾ですら航空機に命中させられるほど改良の進んだ)近年の東側対空火器に対しては無力であることが、イラクにおいて証明されてしまった。

現状においてアメリカ軍は本機を大量の兵装搭載能力を生かした「空飛ぶ弾薬庫」として使用している。

本機を最も特徴づけているのは、本機専用に開発されたGAU-8/Aアヴェンジャー・30ガトリング砲で、最大毎秒67発という発射サイクルで徹甲弾劣化ウラン弾を発射できるこの武装は、戦車・装甲車など現存するあらゆる車両を破壊可能である。
しかし、地対空ミサイルや自走対空機関砲を持つ強力な地上部隊に対する機銃掃射は自殺行為に他ならず、1991年の湾岸戦争において、強固な対空防御を持つ目標を攻撃したA-10部隊は立て続けに2機を失い、その任務をF-111へと引き継いだ。
そのほかにも、AN/AAS-35「ペイヴ・ペニー」レーザー目標指示器・ペイブウェイ誘導爆弾やAGM-65 マーベリックによる精密攻撃能力を持つ。

しかし速度が非常に遅い、などの問題点を揶揄するように
「鳥に追突される」
「機関砲の射撃の衝撃で機体が減速したり(ここまでは本当。実際にはわずかに減速する程度)、ボルトが緩む」
などと冗談が言われるほどで、配備当初はすぐに退役させるような風潮があったが、湾岸戦争において稼働率、攻撃力の高さ、機体のタフさ*1が示され、現在も攻撃機FAC機として空軍・州空軍で活躍中である。
近年では、FAC任務用に地上部隊と直接交信可能な無線機を追加したOA-10、グラスコックピット化を行い、精密誘導兵器を運用可能にしたA-10Cと呼ばれる改修型が作られている。

また、フェアチャイルド社は練習機SEAD機・海外市場向けとして、INSFLIR、電波高度計などを装備した複座の夜間/全天候型YA-10Bを開発したが、これは採用に至らなかった。

正式な愛称は"ThunderboltII"だが、"Warthog(ウォートホグ)"(いぼいのしし)という俗称もある。

関連:FAC タンクバスター ガンシップ サイレントガン Il-2

a10.jpg

Photo: USAF


*1 湾岸戦争では対空砲火で384箇所の破孔を生じながらも生還したり、イラク戦争でSAMによって右エンジンカウルを吹き飛ばされながらも生還する等

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS