【成田空港】(なりたくうこう)

千葉県成田市・山武郡芝山町・香取郡多古町の境界線上*1に所在する拠点空港
もともとの正式名称は「新東京国際空港」で、東京国際空港(羽田空港)との区別のために「東京(成田)」と表記される事があった。
2004年4月1日、管理公団の民営化に伴って「成田空港」が正式名称となったが、現在でも「東京(成田)」の表記がままある*2

1960年代、当時、収容力の限界を迎えつつあった東京国際空港の混雑緩和策として、1966年「成田新空港」として計画が発表された。
しかし、地元住民の同意を取り付けずに建設を強行したため、住民の反発を背景として反戦運動家が蠢動。
事態に乗じた左翼過激派テロリスト民兵化した住民が警察とのゲリラ戦を展開するまでに至り、建設は大幅に遅延。
当初の開港直前に管制塔が破壊されて開港が予定より2ヶ月延期される事態にまでなった。

建設当初はベトナム戦争が継戦中であり、重要軍事目標である空港の建設が妨害されるのは軍事的に考えて必然であった。
当時の反戦運動は明白に左翼思想であり、冷戦における左翼思想は多くの場合に共産圏からの浸透が疑われる。

1978年5月、4000m級滑走路1本を持つ国際空港として開港。
その後、2002年には中距離フライト向けの2000m級滑走路が整備され、収容量を一層増やした。
しかし、開港はしたものの建設計画は2020年時点でも未完遂で、滑走路スポットなどは開港以来ほぼ常態的に過密状態にある。

2000年代には東京国際空港側で大拡張が行われ、国際線の乗り入れも再開された。
このため、成田空港の存在意義に疑問を投げかける声も出ている。
これを受け、2010年以降は国内線の増便・ビジネス機LCCの受け入れなどが推進されている。

このように過密な交通環境ゆえに大型機のB747が多く乗り入れており*3、日本でももっとも盛んな貨物取引が行われている港である。
主な貨物は精密機械や半導体だが、魚介類の輸入通関も多いため「成田漁港」と揶揄される事もある。

関連:くの字誘導路

「戒厳令空港」

前述の経緯から、所在地の所管である千葉県警には常設の「成田空港警備隊」が編成されている。
これは書類上では千葉県警の隷下だが、実態は警察庁の直轄運営であり、全国の警察から隊員が選抜されている。

空港警備は長らく厳戒態勢が維持され、空港施設入り口に検問が設けられているのが常態であった。
この特異な警備状況と、チェックイン手続きの煩雑さ・不便さから「戒厳令空港」などとも揶揄された。

しかし、近年では周辺情勢の変化や技術の進歩によって警備体制の見直しが行われ、2015年3月に検問を事実上廃止。
JR東日本と京成電鉄の空港第2ビル駅・成田空港駅の改札にあったセキュリティゲートもこの時廃止されている。
もっとも、監視カメラ・顔認証システム・爆発物探知犬など最新の知見も導入されており、警備が緩んだとも言いがたい。

空港情報

種別拠点空港(会社管理・旧第一種
滑走路4,000m×60m(16R/34L)/2,500m×60m(16L/34R)
3レターコードNRT
4レターコードRJAA
ILSあり
カテゴリーb(16R/34L)
カテゴリー機16L/34R)
設置・管理者成田国際空港株式会社
拠点航空会社日本航空
全日本空輸
日本貨物航空
デルタ航空
ユナイテッド航空
ジェットスター・ジャパン(国内線のみ)
ピーチ・アビエーション*4
春秋航空日本
ZIPAIR Tokyo


所在の官公庁航空組織

  • 千葉県警察本部地域課
    • 千葉県警察成田国際空港警備隊(常設の機動部隊)
    • 千葉県警察航空隊(AW139BK117及びベル206を装備。成田国際空港警備隊の航空課も兼務)

主な路線

国内線
第1ターミナル(南ウィング)
航空会社就航地
全日本空輸
(ANA)
札幌/新千歳仙台、新潟、名古屋/中部大阪/伊丹福岡沖縄/那覇
IBEXエアラインズ
(IBX)
仙台、小松、広島
スカイマーク
(SKY)
名古屋/中部
第2ターミナル(国内線エリア)
航空会社就航地
日本航空
(JAL)
札幌/新千歳、名古屋/中部、大阪/伊丹、福岡
第3ターミナル(国内線エリア)
航空会社就航地
ジェットスター
・ジャパン
(JJP)
札幌/新千歳、庄内、大阪/関西、高松、松山、高知、福岡、長崎大分熊本宮崎
鹿児島、沖縄/那覇、宮古/下地島
ピーチ?
(APJ)*5
札幌/新千歳、釧路(2020年8月1日より就航予定)、大阪/関西、福岡、長崎、
宮崎(2020年8月1日より就航予定)、鹿児島、奄美、沖縄/那覇、石垣/新石垣
春秋航空日本
(SJO)
札幌/新千歳、広島、佐賀


国際線
第1ターミナル北ウイング
航空会社就航地
ZIPAIR Tokyo
(ZG)
ソウル/仁川(就航開始日未定)、バンコク/スワンナプーム*6
ホノルル(2020年冬ダイヤより就航予定)
スカイマーク
(BC)
サイパン
大韓航空
(KE)
ソウル/仁川、釜山、ホノルル
ジンエアー
(LJ)
ソウル/仁川
中国南方航空
(CZ)
上海/浦東、大連、長春、瀋陽、武漢、鄭州、ハルビン、長沙、深圳、広州
厦門航空
(MF)
厦門、福州
四川航空
(3U)
成都
香港航空
(HX)
香港
ロイヤルブルネイ
航空
(BI)
バンダルスリブガワン
ベトナム航空
(VN)
ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン
タイ・ライオン
・エア
(SL)
バンコク/ドンムアン
ガルーダ・
インドネシア航空
(GA)
デンパサール
エティハド航空
(EY)
アブダビ
アエロメヒコ航空
(AM)
メキシコシティ
エールフランス
(AF)
パリ/シャルル・ド・ゴール
KLMオランダ航空
(KL)
アムステルダム
アリタリア-イタリア
航空
(AZ)
ローマ/フィウミチーノ(羽田空港に移管予定)、ミラノ/マルペンサ
アエロフロート
・ロシア航空
(SU)
モスクワ/シェレメーチエヴォ(羽田空港に移管予定)
オーロラ航空
(HZ)
ウラジオストク、ユジノサハリンスク
ヤクーツク航空
(R3)
ユジノサハリンスク(2018年11月5日から運休中*7(オーロラ航空が代行))
エアカラン
(SB)
ヌメア


第1ターミナル南ウイング
航空会社就航地
全日本空輸
(NH)
東アジア:
台北/桃園、北京/首都、上海/浦東、大連、青島、広州、瀋陽、杭州、厦門、成都、
武漢、香港
東南・南アジア(※は羽田移管予定):
マニラ、ホーチミンシティ、ハノイ、プノンペン、バンコク/スワンナプーム、
クアラルンプール、シンガポール、ヤンゴン、ジャカルタ、デリー※、ムンバイ、
チェンナイ
北米(※は羽田移管予定):
ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、ワシントン/ダレス※、シカゴ/オヘア、
ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル/タコマ※、サンノゼ※、
ヒューストン/インターコンチネンタル※
中南米:
メキシコシティ
ヨーロッパ:
デュッセンドルフ、ブリュッセル、ウラジオストク
太平洋:
ホノルル
オセアニア:
パース
エアージャパン
(NQ)
香港、ホノルル
エバー航空
(BR)
台北/桃園、高雄
アシアナ航空
(OZ)
ソウル/仁川
エアソウル
(RS)
エアプサン
(BX)
釜山、ソウル/仁川
中国国際航空
(CA)
北京/首都、上海/浦東、大連、天津、成都、重慶、杭州
深圳航空
(ZH)
深圳
MIATモンゴル航空
(OM)
ウランバートル
タイ国際航空
(TG)
バンコク/スワンナプーム
シンガポール航空
(SQ)
シンガポール、ロサンゼルス(SQ012/011便は経由便)
ウズベキスタン
航空
(HY)
タシュケント
ターキッシュ
エアラインズ
(TK)
イスタンブール
ユナイテッド航空
(UA)
北米(※は羽田移管予定):
ニューヨーク/ニューアーク、ワシントン/ダレス※、シカゴ/オヘア※、デンバー、
ロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン/インターコンチネンタル
太平洋:
ホノルル、グアム
エア・カナダ
(AC)
バンクーバー、カルガリー、トロント、モントリオール
オーストリア航空
(OS)
ウイーン
スイス国際航空
(LX)
チューリッヒ
LOTポーランド
航空
(LO)
ワルシャワ
スカンジナビア
航空
(SK)
コペンハーゲン(羽田移管予定)、ベルゲン(夏季チャーター便)
ニュージーランド
航空
(NZ)
オークランド
エジプト航空
(MS)
カイロ
エチオピア航空
(ET)
ソウル/仁川、アディスアベバ(ソウル/仁川経由)


第2ターミナル
航空会社就航地
日本航空
(JL)
東アジア:
台北/桃園、高雄、釜山、北京/首都、上海/浦東、大連、香港
東南・南アジア(※は羽田移管予定):
マニラ、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク/スワンナプーム、クアラルンプール、
シンガポール、ジャカルタ、デリー※、バンガロール
北米(※は羽田移管予定):
ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ※、ボストン、シカゴ/オヘア*8
ダラス/フォートワース※、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、
シアトル、バンクーバー
ヨーロッパ(※は羽田移管予定):
フランクフルト、ヘルシンキ※、モスクワ/ドモジェドヴォ※*9
ウラジオストク
太平洋:
ホノルル、コナ、グアム
オセアニア(※は羽田移管予定):
シドニー※、メルボルン
チャイナ
エアライン
(CI)
台北/桃園、高雄
マンダリン航空
(AE)
台中
タイガーエア
台湾
(IT)
台北/桃園、高雄
イースター航空
(ZE)
ソウル/仁川
ティーウェイ
航空
(TW)
ソウル/仁川、大邱、済州
中国東方航空
(MU)
北京/首都、上海/浦東、南京、西安、煙台、武漢、青島、昆明
海南航空
(HU)
西安、北京/首都
吉祥航空
(HO)
上海/浦東
キャセイパシフィック
航空
(CX)
香港、台北/桃園
香港エクスプレス
(UO)
香港
マカオ航空
(NX)
マカオ
フィリピン航空
(PR)
マニラ、セブ
セブパシフィック
航空
(5J)
マニラ、セブ、クラーク
ベトジェットエア
(VJ)
ハノイ、ホーチミンシティ
タイ・
エアアジアX
(XJ)
バンコク/ドンムアン
ノックスクート
(XW)
マレーシア航空
(MH)
クアラルンプール、コタキナバル
エアアジアX
(D7)
クアラルンプール
スクート
(TR)
台北/桃園、バンコク/ドンムアン、
シンガポール(台北/桃園、バンコク/ドンムアン経由)
エア・インディア
(AI)
デリー
スリランカ航空
(UL)
コロンボ
SCAT航空
(DV)
ヌルスルタン
パキスタン
国際航空
(PK)
北京/首都、イスラマバード(北京経由)、
ラホール(北京、イスラマバード経由)、カラチ(北京、イスラマバード経由)
エミレーツ航空
(EK)
ドバイ
カタール航空
(QR)
ドーハ
アメリカン航空
(AA)
ダラス/フォートワース、ロサンゼルス(羽田移管予定)
ハワイアン航空
(HA)
ホノルル
ブリティッシュ
・エアウェイズ
(BA)
ロンドン/ヒースロー*10
イベリア航空
(IB)
マドリード
フィンエアー
(AY)
ヘルシンキ
S7航空
(S7)
ウラジオストク、ハバロフスク、ノヴォシビルスク
カンタス航空
(QF)
ブリスベン、メルボルン(羽田移管予定)
フィジー・
エアウェイズ
(FJ)
ナンディ
エア タヒチ ヌイ
(TN)
パペーテ
ニューギニア航空
(PX)
ポートモレスビー


第3ターミナル
航空会社就航地
ジェットスター
・ジャパン
(GK)
台北/桃園、上海/浦東、香港、マニラ
ピーチ
(MM)
台北/桃園、高雄
春秋航空日本
(IJ)
武漢、重慶、天津、ハルビン、寧波、上海/浦東
チェジュ航空
(7C)
ソウル/仁川、釜山、大邱
春秋航空
(9C)
上海/浦東
ジェットスター航空
(JQ)
ケアンズ、ゴールドコースト


貨物便
航空会社就航地
日本貨物航空
(KZ)
東・東南アジア:
ソウル/仁川、北京/首都、上海/浦東、天津、香港、バンコク/スワンナプーム
北米:
ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、アンカレッジ、シカゴ/オヘア、ロサンゼルス、
サンフランシスコ、ダラス/フォートワース
ヨーロッパ:
アムステルダム、フランクフルト/ハーン、ミラノ/マルペンサ
全日本空輸
(NH)
国内線:
大阪/関西、名古屋/中部、那覇(北九州経由)
東・東南アジア:
台北/桃園、ソウル/仁川、上海/浦東、大連、青島、厦門、広州、天津、香港、
バンコク/スワンナプーム、シンガポール、ジャカルタ
エアージャパンソウル/仁川
大韓航空カーゴ
(KE)
アシアナ航空カーゴ
チャイナエアライン
・カーゴ
(CI)
台湾/桃園
中国国際貨運航空
(CA)
上海/浦東
キャセイパシフィック
航空カーゴ
(CX)
香港
エア・ホンコン
(LD)
ルフトハンザ
・カーゴ
(LH)
ソウル/仁川、フランクフルト
アエロロジック
(3S)
香港、ライプツィヒ
エアブリッジ
・カーゴ
(RU)
モスクワ/シェレメーチエヴォ、アムステルダム
カーゴルックス航空
(CV)
ルクセンブルグ/フィンデル
カーゴルックス
・イタリア
ミラノ/マルペンサ
フェデックス
(FX)
大阪/関西、広州、アンカレッジ、メンフィス、オークランド、シンガポール、
台北、仁川、パリ、上海
ポーラーエアカーゴ
(PO)
ソウル/仁川、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、デトロイトなど
UPS航空
(5X)
大阪/関西、上海/浦東、ルイビル、オンタリオ、クラーク
アトラス航空
(5Y)
ソウル/仁川、アンカレッジ、アトランタなど
DHLアビエーションシンシナティ・ノーザンケンタッキー



*1 建設および用地買収に際して地名変更が為されなかった。
*2 東京国際空港とのマルチエアポートとして扱われている関係もある。
*3 しかし、母国のエアラインである日本航空全日本空輸はいずれもフリートからB747を退役させており、同機を運用する日本籍のオペレーターは日本貨物航空のみとなっている。
*4 2019年10月、旧バニラ・エアの路線を譲り受けた。
*5 2020年10月25日より第1ターミナルに移転予定。
*6 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、当面は貨物専用便として運航。
*7 機体整備不備で、ロシア連邦航空局から受けた運行制限による。
*8 2020年3月29日から2021年3月14日まで運休予定。
*9 羽田移管の上、モスクワ側をシェレメーチェヴォに移管予定。
*10 3月28日より羽田移管の上、羽田便をダブルデイリー化。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS