【巡航ミサイル】(じゅんこうみさいる)

cruise missile.

間接砲撃を行うためのミサイルの総称。
長距離を飛翔させるため、飛行機と同様に翼とジェットエンジンを備える。

終端誘導装置の識別能力を遙かに超えた長距離の有効射程を持つ。
その性質上、必ず中間誘導を行い、予め目標地点を設定された上で発射される。

現代において、現実的に運用可能な中では最も長い射程を備えた兵器である*1
一方、非常に高価かつ重量がかさむため、戦場に投入できる弾数は非常に少ない。
また、発射から着弾までのタイムラグが非常に長く、地上で動く物に命中させるのは現実的でない。

このため、大規模作戦で敵の重要軍事目標アウトレンジから攻撃するために用いられる。
標的となるのは基地などの固定目標か、誤認の少ない海上の艦艇である。

各国の主な巡航ミサイル

第二次世界大戦期

  • ドイツ
    • V1飛行爆弾?(現在の巡航ミサイルの始祖)

第二次世界大戦後〜現代

  • アメリカ
    • RGM-6「レギュラス」
    • SM-62「スナーク」
    • SM-64「ナバホ」(開発中止)
    • AGM-28「ハウンドドッグ」
    • AGM-86B/C「ALCM(Air Launch Cruise Missile)」
    • AGM-86C「CALCM(Conventional Air Launch Cruise Missile)」
    • AGM-129「ACM(Advanced Cruise Missile)」
    • ASM-158「JASSM(Joint Air-to-Surface Standoff Missile)」
    • BGM/UGM/RGM-109「トマホーク」
    • GLCM
    • LRASM

  • ソ連/ロシア
    • Kh-55「グラナト」(AS-15「ケント」)
      • 3K-10(SS-N-21「サンプソン」):Kh-55の潜水艦発射型
      • RK-55(SSC-X-4「スリングショット」):Kh-55の地上発射型
      • Kh-65
    • Kh-90(AS-19「コアラ」)
    • Kh-61:P-800「オーニクス(SS-N-26)」の空中発射型
    • Kh-101/102
    • Kh-555
    • クラブシリーズ
    • 3M22「ツィルコン」:超音速巡航ミサイル
    • 9M730「ブレヴェスニク」:原子力巡航ミサイル
  • フランス
  • ノルウェー
    • NSM(Naval Strike Missile)
    • JSM(Joint Strike Missile)(開発中)
  • インド
    • Shaurya
    • ニルバイ(開発中)
  • 中国
    • DH-10(東海10)
      • CJ-10(長剣10):DH-10の地上発射型
    • C-705
      • C-705KD
    • HN-1(紅鳥1)
    • HN-2(紅鳥2)
    • HN-3(紅鳥3)
    • HN-2000(紅鳥2000)
    • TJ-1(天箭1)

  • 台湾
    • 雄風E型?

  • 韓国
  • パキスタン
    • バブール-1/-2/-3(ハトフ察
    • Harbah
    • Zarb
    • ラードMk./Mk.供淵魯肇姚次

  • ブラジル
    • AV-TM 300

  • イラン
    • Ghadir(対艦巡航ミサイル)
    • Qader(対艦巡航ミサイル)
  • 国際共同開発
    • タウルスKEPD 350(ドイツ・スウェーデン)
    • ブラモス(PJ-10)/ブラモス供淵蹈轡◆Εぅ鵐鼻
    • SCALP-EG/ストームシャドウ(イギリス・フランス・イタリア)
    • CVS401 Perseus(フランス・イギリス)


*1 真の意味で最長の射程を持つのは弾道ミサイルだが、核戦争を誘発するリスクと、あまりにも馬鹿げた運用コストにより実戦投入は不可能に近い。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS