【九六式艦上戦闘機】(きゅうろくしきかんじょうせんとうき)

三菱 A5M.

1930年代、三菱重工業が開発・生産し、日本海軍に納入していた単発単葉レシプロ艦上戦闘機
略称は「九六式艦戦」または「九六艦戦」ないし「九六戦」。
連合軍でのコードネームは"Claude(クロード)"であった。

海軍制式機としては初の全金属製低翼単葉機で、国産機としては初めてフラップを採用した機体でもあった。
設計にあたっては高速性が追及され、機体の組み立てには九六式陸上攻撃機と同様に沈頭鋲を採用した。
また、主脚も、重量軽減と未整備の飛行場での運用を考慮して小型の固定脚とし、流線型のスパッツで覆う方式を採用した。

これにより、高度3200m、正規重量での最高速度が450km/hという速度性能を発揮することができた。

1936年から生産が開始された本機は、さっそく日華事変に参加。
「渡洋爆撃」と名付けられた中国大陸への戦略爆撃の護衛任務に投入された。
しかし、作戦行動半径が約400kmの本機は、爆撃の範囲が奥地に及ぶと爆撃隊に随行することができず、後に開発された零式艦上戦闘機にはさらなる航続距離を求めることになった。

大東亜戦争の開戦当初も、(後継の零式艦上戦闘機が前線の正規空母や基地航空隊に優先配備されたことから)軽空母や後方の基地航空隊などに配備されていたが、1942年までには第一線を退き、練習機として終戦まで運用された。

スペックデータ(A5M4)

乗員1名
全長7.565m
全高3.27m
翼幅11m
翼面積17.8
翼型root:B-9 mod.(16%)
tip:B-9 mod.(9%)
空虚重量1,216kg
総重量1,671kg
発動機中島「寿」四一型または四一型改空冷星型9気筒×1基
出力710hp(530kW)(離陸
785hp(585kW)(高度3,000m)
プロペラ製3翅プロペラ
最高速度435km/h(高度3,000m)
航続距離1,201km
上昇限度9,800m
高度到達時間高度3,000mまで3分35秒
翼面荷重93.8kg/
重量出力比0.3161kW/kg
武装九七式7.7mm機銃×2門
爆装30kg爆弾×2発または160L増槽×1基


バリエーション

  • 九試単座戦闘機(カ-14):
    試作機。4機製作され以下の仕様があった。
    • 1号機:逆ガル型の主翼を採用。
    • 1号機改修型:カウリング変更、垂直尾翼前にドーサルフィン追加。
    • 2号機:逆ガル翼を廃止。発動機は寿三型直結式。
    • 3・4号機:発動機は光一型直結を装備。

    • キ18:
      陸軍仕様機。不採用。

    • キ33:
      キ18の改良型。
      エンジンをハ1(空冷星型9気筒、620hp)に換装していた。
      中島のキ27(後の九七式戦闘機)に審査で敗れ不採用となった。

  • 一号(A5M1):
    初期量産型。寿二型改一(460hp)を装備。7.7mm機銃×2門。

  • 一号改(A5M1a):
    主翼にエリコンFF 20mm機関砲を各1門ずつ装備した実験機。

  • 二号一型(A5M2a):
    発動機を寿三型(600hp)に換装し、3翅プロペラを装備した型。
    背びれが低い前期型と背びれを高くする代わりに保護棒を廃止した後期型があった。

  • 二号二型(A5M2b):
    胴体・風防・昇降舵などを改設計した型。
    前期型は発動機の過冷防止、風圧に対する操縦者保護のため、胴体を太くしてカウルフラップ、および密閉式風防を取り付けた。
    後期型は視界不良とされた密閉式風防が取り外されて、代わりに操縦者保護のため背びれを高くした。

  • 三号(A5M3a):
    二号一型艦戦をベースに、20mmイスパノ型モーターカノン砲とイスパノ12Xcrs水冷発動機(650hp)を装備した実験機。

  • 四号(A5M4a):
    最も多く生産された型。発動機を寿四一型(610hp)に換装。

    • 十五試練習用戦闘機/二式練習用戦闘機(A5M4-K):
      A5M4aの複座練習機型。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS