【レイテ沖海戦】(れいておきかいせん)

戦闘概要
戦争太平洋戦争大東亜戦争
年月日1944年10月23日〜25日
場所フィリピン周辺海域
交戦勢力大日本帝国
アメリカ、オーストラリア
結果アメリカ軍の圧倒的勝利、日本海軍連合艦隊の組織戦闘能力喪失
司令官日本海軍帝国海軍第一遊撃部隊指揮官 栗田健男中将
帝国海軍第一遊撃部隊第三隊指揮官 西村祥治中将
帝国海軍機動部隊司令 小沢治三郎中将
連合国軍米国海軍第3艦隊第38機動部隊司令 マーク・A・ミッチャー中将
米国海軍第7艦隊戦艦部隊指揮官 ジェシー・B・オルデンドルフ少将
米国海軍第77.4任務群司令 クリフトン・A・F・スプレーグ少将
戦力日本海軍航空母艦4隻(「瑞鶴」「瑞鳳?」「千歳?」「千代田?」)
戦艦9隻(「大和」「武蔵」「長門」「金剛」「榛名」「山城」「扶桑」「伊勢」「日向
重巡13隻(「鳥海」「妙高」「羽黒」「熊野」「鈴谷」「筑摩」「利根」「最上」「足柄」「那智」「愛宕」
「高雄」「摩耶」)
軽巡6隻(「能代」「矢矧」「阿武隈」「大淀」「多摩」「五十鈴」)他
連合国軍航空母艦9隻
(「ホーネット」「ワスプ」「ハンコック」「イントレピッド」「バンカーヒル」「エセックス」「レキシントン
フランクリン」「エンタープライズ」)
軽空母8隻
(「カウペンス?」「モンテレー?」「インディペンデンス?」「カボット?」「プリンストン?
ラングレー?」「ベローウッド?」「サン・ジャシント?」)
護衛空母18隻
(「サンガモン?」「スワニー?」「シェナンゴ?」「サンティー?」「サギノー・ベイ?」「ペトロフ・ベイ?
ナトマ・ベイ?」「マニラ・ベイ?」「マーカス・アイランド?」「カダシャン・ベイ?」「サヴォ・アイランド?
オマニー・ベイ?」「ファンショー・ベイ?」「セント・ロー?」「ホワイト・プレーンズ?」「カリニン・ベイ?
キトカン・ベイ?」「ガンビア・ベイ?」)
戦艦12隻
(『アイオワ』『ニュー・ジャージー』『ワシントン』『マサチューセッツ』『サウス・ダコタ』『アラバマ』『ミシシッピ』『メリーランド』『ウェスト・ヴァージニア』『テネシー』『カリフォルニア』『ペンシルヴァニア』)
重巡11隻
(「チェスター」「ソルトレイクシティ」「ペンサコラ」「ボストン」「ニューオーリンズ」「ウィチタ」「ルイビル」「ポートランド」「ミネアポリス」「シュロップシャー(オーストラリア海軍)」)
軽巡15隻
(「サンディエゴ」「オークランド」「ヴィンセンス」「マイアミ」「ビロクシー」「サンタフェ」「モービル」「リノ」「バーミングハム」「デンバー」「コロンビア」「ボイシ」「フェニックス」など)他
損害日本海軍航空母艦4隻、戦艦3隻、重巡6隻、軽巡1隻、駆逐艦6隻など
連合国軍航空母艦1隻、護衛空母2隻、駆逐艦2隻、護衛駆逐艦2隻など

1944年10月23日から25日にかけて、フィリピン及び同周辺海域で行われた一連の戦闘の総称で、シブヤン海海戦、スリガオ海峡海戦、エンガノ岬沖海戦、サマール沖海戦の4つの海戦を総称して「レイテ沖海戦」という。
これは日本とアメリカの主攻目標がレイテ島またはレイテ湾であったため、この名がついた。

連合軍の作戦名はキング矯鄒でレイテ島の奪還を目的とし、日本軍の作戦名は捷一号作戦で、アメリカ軍の進攻阻止を目的とした。
日本海軍の艦隊戦力はこの海戦での敗北を最後に事実上壊滅し、以後大規模かつ組織的活動は不可能となった。

特筆すべき出来事

この戦いでは、世界軍事史上特筆すべき出来事が起きている。

  • 最後の艦隊決戦
    この戦いにおいて、日本軍は「戦力が衰えた空母と基地航空隊を囮にして敵機動部隊の戦力をひきつけ、その間隙に戦艦を筆頭とする水上砲戦部隊を突入させる」という作戦を採っていた。
    しかし、実際には各個の連携が取れておらず、各部隊がバラバラに行動していたため、優勢な連合国艦隊に捕まって各個撃破される羽目に陥った。
    また、作戦目的も徹底されていたとはいえず、特にレイテ湾へ突入する任務を与えられていた主力艦隊の上層部は作戦前「万一敵艦隊を発見したときは優先的にこれを攻撃する」という条件を連合艦隊司令部に無理矢理飲ませていたが、実際には突入前に急遽反転して撤退する有様だった*1

    これ以後、世界の戦史において戦艦巡洋艦といった大型水上艦艇同士が艦隊を組んで砲火を交えるような戦闘は起きておらず、事実上「世界最後の艦隊決戦」ともなった。

    またこの戦いは、日本の誇る超々ド級戦艦「大和」「武蔵」、及びビッグセブンの一艦であった「長門」にとって、生涯最初で最後の水上砲戦でもあった*2

  • 特攻の始まり
    この戦いでは「軍隊の正規作戦行動としての」特攻がはじめて行われた。

    この戦いの前、フィリピン周辺に展開していた日本軍の基地航空隊は壊滅状態にあった。
    その原因は、先の「台湾沖航空戦」にて、搭乗員の錬度の低さや指揮系統の混乱*3などによる不確実な戦果報告が積み重なり、それを盲信した指揮官が再度の攻撃を決断したため、ほぼ無傷だった敵機動部隊の反撃で壊滅させられたためでもあった。

    そのような状況の下で敵を迎え撃つ羽目になった第一航空艦隊(基地航空隊)は、通常の攻撃では戦果を挙げることが難しくなった、として、爆弾を搭載した攻撃機が機体もろとも敵に体当たりし、打撃を与える戦法を考案。
    部隊は「敷島隊」以下4つの部隊に分かれ、体当たり攻撃を実施した。

    当初、この戦法はこの一回限りで終わる予定であったが、「己の身を犠牲にして敵を屠る」という(英雄的に見える)行動が他の部隊にも波及し*4、最終的には陸海軍のほとんどの戦闘部隊が「特攻」を前提とした方針に転換することになった*5

*1 後年、このことは「栗田艦隊謎の反転」と呼ばれた。
  戦後半世紀以上を経て関係者の多くが鬼籍に入ってしまい、資料の散逸もあって真相の究明は難しくなっている。

*2 ただし、相手は護衛空母及び護衛駆逐艦であったが。
*3 陸軍・海軍の混成部隊による夜間雷撃も行われていた。
*4 これは、軍部が兵士や国民の士気高揚のためのプロパガンダとして、この行為を大々的に取り上げたことも影響していると見られる。
  戦争が長期戦となり、敗勢が濃厚となった国家では、軍や政府が兵士・国民の士気崩壊を防ぐべく「局地的な戦場での勝利」や「『大きな功績』をあげた将兵・部隊の事跡」を誇張し、一編の「英雄譚」のようにして大々的に流布することがしばしば起きる。

*5 この後に立案された、日本本土での迎撃作戦「決号作戦」では「玉砕前提の『沿岸貼り付け師団』」や「ほぼ全機を特攻機にした航空艦隊」などが編成されるほどだった。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS