Last-modified: 2016-01-30 (土) 14:18:11 (513d)

【ZB26】(ぜっとびーにじゅうろく)

Brno ZB26(Lehký kulomet vz. 26)
1926年にチェコスロバキア・ブルーノ兵器廠で開発され、チェコ軍に正式採用された軽機関銃
シンプルなメカニズム、高い工作精度により、作動安定性が高く、どんな悪条件でも動くことから「無故障機関銃」と呼ばれ、その後の機関銃開発に多大な影響を与えた。

1938年にイギリスで開発されたエンフィールド・ブレンは、本銃の改良モデルであるZB30を、さらにイギリス向けに設計し直したもので、現在でも「L4」の名称で後方装備として使用されている。

中国戦線でこの銃に苦汁をなめさせられた日本軍は『チェコ機銃』『ブルーノ機銃』と呼んで恐れ、鹵獲・輸入したものを準制式兵器として使用している。
後年には、ZB26を参考に(ほぼコピー)して設計した九七式車載重機関銃や、九六式・九九式軽機関銃の開発にも影響を与えている。

性能諸元

全長1,130mm
銃身長503mm
重量9.6kg
使用弾薬7.92×57mm
装弾数20/30発
作動方式ガス圧作動方式
弾倉箱型弾倉
発射速度550発/分


派生型

  • ZB26:
    初期生産型でチェコ軍での採用型。

  • ZB27:
    チェコ軍で採用されたZB26の銃身・ガス圧システム等の小改良型。
    ZB26と混同される事が多い。

  • ZB30:
    銃身を若干短くして、ガスパイプを備えた海外輸出型。
    各国軍によって様々な仕様がある。

  • エンフィールド・ブレン?(ブレンガン):
    ZB30のイギリス軍採用型。詳しくは項を参照。

  • 九六式軽機関銃?
    日本による独自改良型。詳しくは項を参照。
    • 九九式軽機関銃?
      九六式に7.7mm弾を使用できるように改良した型。詳しくは項を参照。

  • シャーテルロー M1924/29:
    フランスによる独自改良型。

  • Vz52:
    戦後チェコ軍に採用された型。
    7.62mm×45弾仕様(チェコの独自規格)でマガジン・ベルト給弾とも使用可。
    • Vz52/57:
      Vz52の7.62mm×39弾改造型。

  • UK Vz59:
    最終後期生産型。
    汎用型で7.62mm×54R弾*1を用いるベルト給弾式。

  • MG26(t):
    ドイツ軍のチェコスロバキア占領の際に鹵獲されたZB機関銃のドイツ側呼称。

  • MG146(j):
    ドイツ国防軍のユーゴスラビア占領(ユーゴスラビア侵攻)の際に鹵獲されたZB機関銃のドイツ側呼称。


*1 7.62mm×51 NATO弾を使用するものもある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS