Last-modified: 2013-04-20 (土) 20:39:44 (1699d)

【X-45】(えっくすよんじゅうご)

Boeing X-45.
1990年代、ボーイング社が無人戦闘攻撃機を目指して開発した実験機

本機の開発は、1996年、国防総省防衛高等研究計画局(DARPA)がアメリカ空軍と共同で開始したUCAV-AF計画において、ボーイングを「未来航空機技術機能強化計画開発企業」に選定したことに始まる。

本機は、あらかじめ飛行ルートをプログラミングする事で、GPS慣性航法装置と高性能な人工知能によって自律飛行が可能であり、発進後に攻撃目標を急遽変更する事もできる。
この人工知能は、軍事衛星から各種脅威情報を入手し、燃料残量を考慮した上で飛行ルートを自動で変更する事もできる。
また、近距離では無線遠隔操作による操縦も可能であり、それが不可能な場合は衛星を使った飛行制御も可能である。

初期飛行実験用のA型は16回の飛行実験に成功した。
A型よりやや大きい初期生産型のB型、武器搭載量を更に増加させたC型、C型の仕様を一部変更したCN型などが考案され、B型は実際に爆弾の投下実験を成功させた。
しかし、その後の方針変更により開発計画は全面中止された。

スペックデータ

全長8.08m
翼長10.3m
全高2.14m
空虚重量3,630kg
総重量5,528kg
エンジンハネウェル F124-GA-100ターボファン(出力6,300ポンド)×1基(X-45A)
GE F404-GE-102Eターボファン×1基(X-45B)
巡航速度919km/h
航続距離600km
実用上昇限度10,600km


バリエーション

  • X-45A:
    試作型。

  • X-45B:
    初期生産型。

  • X-45C:
    機体を大型化し、武器搭載量を増加させた型。

  • X-45CN:
    C型の海軍型。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS