Last-modified: 2016-07-08 (金) 09:45:30 (469d)

【VXガス】(ぶいえっくすがす)

化学式:C11H26NO2PS

1952年にイギリスで発明された猛毒の神経剤(V剤)
人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質といわれる。

琥珀色をした油状の液体で、無味無臭。濃度や温度によって粘着性を持ち、エアロゾルを噴霧して使用する。
動物実験から推定される致死量は体重1キログラムにつき0.02ミリグラム。大気中に散布した場合の致死濃度は0.2ppm。

皮膚接触を通じて体内に吸収されるためガスマスクだけでは防護できない。
親油性が高いため水では洗浄できず、除染に際しては洗剤を用いた化学洗浄が必要。
揮発性が低い上に自然環境下での化学変化も起こしにくく、温帯気候では散布後1週間に渡って効果が残るとされる。
木材・皮・布などに付着したまま残留するため、汚染環境に留まるだけでも非常に危険である。

副交感神経系を興奮させるコリンエステラーゼ阻害剤の一種だが、医療用途での需要はない。
軽症の場合や回復過程において興奮や幻覚などの症状を呈する。
重症では意識障害・痙攣発作・心肺停止などを引き起こす。死に至る場合はほぼ全て心肺停止に伴う酸欠が原因。

使用例

VXガスは1950年代初期にイギリスで開発された化学兵器であり、イギリス・アメリカで一時期大量に備蓄されていた。
しかし防護困難で長期間残留するという性質が軍事作戦に著しく不適格だったため、実戦投入されないまま用途廃棄となった。

その後、日本の破壊的カルト「オウム真理教」が独自研究の末に合成に成功。
1994年〜1995年にかけて、合計4回に渡って暗殺目的でVXガスが散布された。
これによって1名が死亡、2名が重態となったが、重態の2名は幸いにも一命を取り留めている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS