Last-modified: 2011-11-30 (水) 22:45:59 (2154d)

【V剤】(ぶいざい)

化学兵器の分類の一種で、毒(Venom)の頭文字を取ってこう呼ばれている。

1952年にDDTに代わる農薬を研究していたイギリスの化学企業の研究チームが、硫黄を含む有機リン化合物を発見したのが始まりで、農薬にするには毒性が強すぎたがイギリス軍が神経ガスとしての利用法を見出した。
V剤は揮発性が低く、分解もされにくいため残留性が高い上皮膚や呼吸器から人体に吸収されて急速に毒性を発揮する。
このような特性もあって、V剤は化学兵器の中では一番毒性が強いと言われる。

主にガスとして散布され、V剤に類される神経ガスとしてVE?ガス、VG?ガス、VM?ガス、VX?ガスがある。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS