Last-modified: 2017-05-06 (土) 21:04:20 (167d)

【UYK-7】(ゆーわいけーせぶん)

AN/UYK-7.

アメリカ海軍で用いられていた艦載用大型コンピュータ。
1969年に開発され、現在でも一部の艦で運用されている。

本システムは、それまで主流だったCP-642型コンピュータをCPU3基とI10コントローラーハブ2基からなる現代的なアーキテクチャにし、民生技術との共通性を持たせることで、システムの簡素化、高速化を図ろうとした。

こうして、1970年代の多くの艦船にCP-642?に代わる大型標準計算機として搭載されたUYK-7だが、記憶容量は512キロワード、計算速度(サイクルレート)も0.6MHzと、現在のコンピュータと性能比では1%に満たない幼稚なシステムであった。

しかし、当時の汎用コンピュータとしては高性能だった本機を基に、NTDS(海軍戦術情報システム?)の機上端末としてAYK-10が開発され、S-3「バイキング」対潜哨戒機に搭載された。

なお、これとの組み合わせコンピュータとして開発されたUYK-20(16ビット)のほうが性能が良かったのは、皮肉な話である。

搭載艦

  • スペイン海軍
    • バレアレス?級フリゲート(UYK-7)
    • サンタマリア?級フリゲート*1(UYK-7)


*1 アメリカのオリバー・ハザード・ペリー級をライセンス生産したもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS