Last-modified: 2018-07-21 (土) 21:46:42 (144d)

【USP】(ゆーえすぴー)

Universale Selbstladepistole (独)

ドイツのヘッケラー&コッホ社が1993年に開発した自動拳銃。名称はドイツ語で「汎用自動拳銃」の意。
9mmパラベラム仕様が「P8」の名称で現在のドイツ軍に制式採用されている。

アメリカ市場を意識した設計で、同社の旧型モデルよりも大型化している。
弾倉やスライドなどの部品を交換する事で、9mmパラベラム弾、.40S&W弾、.45ACP弾など使用弾薬を変更できる。

安全装置(コントロールレバー)の仕様が9種類あり、使用者が好み・用途に応じて選択出来るようになっている。

ヴァリアントシングル/ダブルアクションレバーの位置(後方から見て)レバーの機能
V1切り替え式左側安全装置/デコッキング
V2切り替え式右側安全装置/デコッキング
V3切り替え式左側デコッキングのみ
V4切り替え式右側デコッキングのみ
V5ダブルアクション左側安全装置のみ
V6ダブルアクション右側安全装置のみ
V7ダブルアクションコントロールレバーなし
V8(欠番)
V9切り替え式左側安全装置のみ
V10切り替え式右側安全装置のみ

スペックデータ

口径9mm
全長194mm
銃身長108mm
重量780g
使用弾薬9x19mmパラベラム弾、40S&W弾、.45ACP弾、.357SIG弾(USP コンパクトのみ)
装弾数15+1発
13+1発
12+1発
作動方式ダブルアクション・ティルトバレル式ショートリコイル
銃口初速350m/s
有効射程50m

バリエーション

  • USPコンパクト:
    警察向けモデル。
    装弾数は9×19mm弾は13+1発、.40S&W弾と.357SIG弾では12+1発、.45AUTO弾では8+1発と、小型化しながらも多弾装を実現している。

  • USPタクティカル:
    銃口にサプレッサー装着用のネジを設けた特殊部隊向けモデル。
    口径は9×19mmと.45AUTOのみ。

  • USPコンパクト・タクティカル:
    コンパクトの銃口にサプレッサー装着用のネジを設けたモデル。

  • USPエキスパート:
    Mk.23を元に開発された競技用モデル。
    5.19インチバレル。ノーマルのUSPと違い、フレームのダストカバー部からスライドが突き出ている。
    9×19mm、.40S&W、.45AUTO弾のバリエーションがあり、それぞれ、18+1発、16+1発、12+1発の多弾数である。

  • USPマッチ:
    競技用モデル。
    競技用に特化したため、銃身前部に大型のバレルウェイト(コンペンセイターではない)を装着している。
    その他、USP TACTICALの装備とほぼ同等。

  • USPエリート:
    6.2インチバレルの競技用モデル。銃身回りのスライドが延長されている。

  • P8:
    ドイツ連邦軍に制式配備された際の名称。

  • P10:
    USPコンパクトのドイツ連邦軍制式採用版の名称。
    小型化された以外にはP8と変わらないが、コンパクトと比べ、グリップ下部が若干斜めに突き出ている。

  • P12:
    USPタクティカル(.45AUTO弾仕様)のドイツ連邦軍制式採用版の名称。
    特殊部隊向けとされる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS