Last-modified: 2013-02-21 (木) 22:43:27 (1705d)

【USB】(ゆーえすびー)

Upper Surface Blowing.

かつて、飛行機短距離離着陸性能を向上させる技術である「パワード・リフト」において試行された手法の一つ。

ジェットエンジンからの排気をフラップの上面に当て、コアンダ効果を利用して斜め下へと放散する。
これによって推力の一部が揚力に偏向し、より低速での離陸を可能とする。

しかし、巡航中も推力が偏向してしまい、速度性能や燃費に悪影響を及ぼすことが致命的な欠点とされ「失敗」の烙印を押されることになった。
実用化されたのはロシアのAn-72シリーズのみであるが、同機も近年の発展型ではUSB方式を廃止している。

関連:QSRA? YC-14? An-72 飛鳥 


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS