Last-modified: 2016-08-08 (月) 11:45:27 (320d)

【TV3-117】(てぃーぶいさんのひゃくじゅうなな)

Klimov TV3-117.

旧ソ連のクリーモフ設計局?で開発されたターボシャフトエンジン
世界で最も信頼性の高い航空用エンジンの一つで、1972年の生産開始以来シリーズ総計で25,000台以上が生産されている。
主に、Mi-24Ka-50などロシア製ヘリコプター全般に搭載されている。

派生型としてターボプロップターボジェットモデルがある。

仕様緒元

タイプターボシャフト
全長2,055mm
全高728mm
全幅660mm
乾燥重量295kg
公称出力1,500hp
離昇出力2,000hp(TV3-117V シリーズ02)/2,200hp(TV3-117VMA シリーズ02)
非常最大出力2,200hp(TV3-117V シリーズ02)/2,400hp(TV3-117VMA シリーズ02)
耐久時間7,500時間


派生型

  • TV3-117M:
    Mi-14に搭載されているモデル。1976年生産開始。

  • TV3-117MT:
    Mi-8MTMi-17に搭載されているモデル。1977年生産開始。

  • TV3-117KM:
    Ka-27に搭載されているモデル。

  • TV3-117V:
    Mi-24に搭載されているモデル。1980年生産開始。
    高地に対応する。

  • TV3-117VK:
    カモフ機用モデル。
    Ka-27Ka-29Ka-32に搭載。1985年生産開始。

    • TV3-117VKR:
      公称出力向上型。
      Ka-28の輸出型に搭載。

  • TV3-117VM:
    Mi-28用に開発されたモデル。
    Mi-8MT、Mi-17にも搭載されている。
    1986年から生産開始。

  • TV3-117VMA:
    Ka-50用に開発されたモデル。
    Ka-27、Ka-29、Ka-31Mi-24Mi-28A/H、Ka-32に搭載されている。
    1986年から生産開始。

    • TV3-117VMAR:
      VMAにVKRと同等の改良を施した型。
      Ka-28の輸出型に搭載。

  • TV3-117VM シリーズ02:
    Mi-8MT、Mi-17の民間型用に開発されたモデル。1993年から生産開始。

  • TV3-117VMA シリーズ02:
    Ka-32の民間型用に開発されたモデル。1993年から生産開始。

  • TV3-117VMA-SBM1:
    An-140?旅客機用に開発されたターボプロップエンジン

  • TR3-117:
    Tu-143?"Reys"無人偵察機用に開発されたターボジェットエンジン

  • VC-2500(TV3-117VMA-SB3):
    TV3-117VMAの改良型。Ka-50、Ka-52、Mi-28などが搭載している。
    モトール・シーチ(ウクライナの航空機製造会社)との共同開発。
    オーバーホール周期を伸ばし、エンジン制御装置の精度を改善した。

    • VC-2500-1:
      出力は最大連続で1,500shp(1,103kW)、離陸時2,000shp(1,470kW)。

    • VC-2500-2:
      出力は最大連続で1,500shp(1,103kW)、離陸時2,200shp(1,617kW)。

    • VC-2500-3:
      出力は最大連続で1,750shp(1,287kW)、離陸時2,400shp(1,764kW)。

  • VC-1500:
    1998年から1999年にかけてTV3-117VMAとVC2500を元に開発された1,500馬力級のターボプロップエンジン
    An-3?Be-32?に搭載。

  • VC-1500V:
    VC-1500を元に開発されたターボシャフトエンジン。
    Ka-60Ka-62?に搭載。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS