Last-modified: 2017-01-08 (日) 15:41:56 (228d)

【T-80】(てぃーはちじゅう)

  1. 第二次世界大戦中にソ連で開発された軽戦車。
    T-70?軽戦車の後継として開発された。

    T-70Mの改良型で、砲塔を一人用の物から二人用の物に換装し、履帯幅を拡大、増加装甲を装備している。
    武装はT-70と同じだが、20度しか取れなかった主砲仰角が65度へと大きくなっている。

    1943年から配備が開始されたが、従来の車両(BA-10?など)やレンドリース法で送られてくる英米の軽戦車(テトラーク?スチュアート?)で既に需要は満たされており、81両が生産されたにとどまった。

    スペックデータ
    乗員3名
    全長4.285m
    全高2.175m
    全幅2.5m
    重量11.6t
    懸架方式トーションバー
    エンジンGAZ-203 直列6気筒水冷ガソリンエンジン×2基
    (出力85hp×2)
    速度45km/h
    行動距離350m
    武装ZIS-19BM 45口径45mm戦車砲×1基(装弾数94発)
    DT 76.2mm機関銃×1挺(装弾数1,008発)
    装甲砲塔前面:35mm
    車体前部上部:45mm

  2. ソ連(ロシア)の主力戦車。
    T-64の改良・発展型として1960年代末期から開発され、ソ連軍には1976年に採用された。
    エンジンにはガスタービンエンジンを採用している*1が、T-80UDではディーゼルエンジンを採用している。

    主砲は2A46M-1 125mm滑腔砲を搭載し、主砲はAPFSDSHE-FRAG(高性能榴弾)のほか、レーザー・ビームライディング誘導対戦車ミサイルを発射できる。
    ミサイルは、9M112「コブラ(NATOコード AT-8「ソングスター」)」及び9M119M「レフレークスM(AT-11「スナイパーB」)」対戦車ミサイルを搭載し、どちらも最大4,000mでの交戦が可能。

    ロシア陸軍の他、ウクライナやアラブ首長国連邦、韓国などに輸出されている。
    改良型として、「コンタークト5」爆発反応装甲を装備し、ガスタービンエンジンをGTD-1250(1,250hp)に換装したT-80Uなどがある。

    スペックデータ
    乗員3名
    全長9.53m
    9.651m(T-80U)
    車体長7m
    全高2.22m
    2.202m(T-80U)
    全幅3.78m
    3.582m(T-80U)
    戦闘重量46.5t
    46t(T-80U)
    懸架方式トーションバー
    エンジンT-80A:GTD-1000ガスタービン(出力1,000hp)
    T-80U:GTD-1000TF(出力1,000hp)またはGTD-1250ガスタービン(出力1,250hp)
    T-80UD:6TD水平対向型ディーゼル(出力1,000hp)
    登坂力60%
    超堤高0.85m
    超壕幅2.8m
    最大速度
    (路上/不整地)
    65km/h / 45km/h
    70km/h / 50km/h(T-80U)
    行動距離335km/600km(外部燃料タンク搭載時)
    400km(T-80U)
    装甲複合装甲
    「コンタークト1」ERA
    その他各種装甲
    兵装2A46M-1 125mm滑腔砲×1門(携行弾数43発)
    NSTV 12.7mm重機関銃×1挺(携行弾数300発)
    PKT 7.62mm機関銃1挺(携行弾数2,000発)
    生産台数455輌

    【主な派生型(カッコ内は開発名称)】
    • SKB-2:
      T-80の原型。
      T-64の発展型としてレニングラートのキーロフ工場で開発された。

    • T-80(219型):
      T-64にGTD-1000ガスタービン(1,100馬力)を搭載した初期量産型。

    • T-80A(219A型):
      T-80UD仕様への改修型。

    • T-80B(219R型):
      9M112「コブラ」対戦車ミサイルの運用能力やセラミック装甲を追加した型。

    • T-80BK(630型):
      T-80Bの指揮戦車型。
      ナビゲーションシステムと無線装置を装備する。

    • T-80BV(219RV型):
      T-80Bの派生型。
      「コンタークト1」爆発反応装甲を装備する。

    • T-80U(219AS型):
      T-80U 1985年型。
      9M114「レフレークス」対戦車ミサイルの運用能力を獲得した。
      また、砲塔が新しくなり、新型の「コンタークト5」爆発反応装甲やナビゲーションシステムが装備された。
      エンジンはGTD-1250ガスタービンエンジン(1,250hp)を搭載している。

      • T-80U(M)(219AS型):
        T-80Uの派生型。
        火器管制装置が刷新された。

      • T-80UK:
        T-80Uの指揮戦車型。
        新装備としてTShU-1-7「シュトーラ-1」対赤外線アクティヴ防御システム、TNA-4-3ナビゲーションシステム、KV無線装置などを装備した。

      • T-80UE:
        T-80UKの輸出型。
        TShU-1-7「シュトーラ」は装備していない。

      • T-80UD(478B型):
        愛称は「ベリョーザ*2」。
        もともとは旧ソ連向けに1985年に開発したT-80Uの派生型で、整備維持コストと調達コストの低減を図るユーザー向けのモデルである。
        T-64用の6TD水平対向型ディーゼルエンジン(1,000馬力)を搭載する。
        パキスタンにも輸出された。

      • T-80UDK:
        T-80UDの指揮戦車型。

      • T-80UM:
        T-80Uの発展型。
        画像サイトを従来の「ルナー」赤外線画像サイトから「ブラーン」温度画像サイトに換装した。

    • T-80UM1:
      愛称は「バールス*3」。
      T-80Uの発展型で「アレーナ」アクティヴ防禦システムを装備する。
      オムスクでの兵器ショーでは常連だが、まだ販売には至っていない模様である。

    • チョールヌイ・オリョール
      T-80UM-2と呼ばれるT-80UMの発展型。詳しくは項を参照。

    • T-84
      ウクライナが開発したT-80UDの発展型。詳しくは項を参照。

    • BREM-80U:
      T-80Uの車体を流用して開発された装甲回収車型。
      18tクレーンと35tウィンチを搭載。

    • BREM-84:
      BMP-1ベースのBREM-2やT-64ベースのBREM-64の後継車輌として、オプロートの車体をベースに開発された装甲回収車型。
      実質的には、T-80UDのプラットフォームが使用された。
      BREMとは、「Броньована ремонтна евакуаційна машина」(装甲を施された修理・回収用車輌という意味)の略語である。

    • 2S19「ムスタ-S」?
      T-80の走行システムにT-72のV-84Aディーゼルエンジンを組み合わせた自走榴弾砲
      詳しくは項を参照。

    • T-90
      T-72の車体設計を元にT-80の技術を組み合わせた車両。
      詳しくは項を参照。


*1 他にガスタービンエンジンを採用した戦車としては、アメリカのM1「エイブラムス」やスウェーデンのStrv.103などがある。
*2 «Берёза» :ロシア語で「白樺」を意味する。
*3 «Барс»:ロシア語で「雪豹」のこと。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS