Last-modified: 2015-02-13 (金) 16:22:18 (864d)

【Su-17】(すほーいじゅうなな)

  1. Su-17<<R>>
    旧ソビエトのスホーイ設計局で設計された試作前線戦闘機。
    1947年に試作機は完成したが、強度不足でフラッター?を起こす可能性があるとしてTsAGIから飛行許可を得られず、強度補強のためスホーイ設計局に戻された。
    しかし、1949年に設計局が閉鎖したためそのまま開発中止になった。

    スペックデータ
    乗員1名
    全長15.25m
    全高N/A
    全幅9.95m
    翼面積27.50
    空虚重量6,240kg
    運用時重量7,390kg
    エンジンリューリカ? TR-3ターボジェット推力45.1kN)×1基
    最大速度1,152km/h
    航続距離1,080km
    実用上昇限度14,500km
    上昇率3.5分/高度10,000m
    武装N-37 37mm機関砲×2門

  2. 旧ソビエト/ロシアのスホーイ設計局で開発された戦闘爆撃機
    Su-7と同じくNATOコードFitter(フィッター)
    1960年代からMiG-23と共にSu-7の後継機として開発が始まり、1966年に初飛行した。

    機体はSu-7の主翼を外翼部が稼動するだけの単純な可変後退翼に改設計した機体で、重量が2tほど増加し、燃料搭載容量は少なくなったものの、Su-7の欠点であった離着陸に要する滑走距離と航続距離が大幅に改善されている。
    後退角は28度から62度まで変化する。

    その後も燃料容量や細かい改設計が施された派生型が開発され、1990年までに、ソ連/ロシア国内向けに1,095機、輸出向けに1,866機が生産され、ソ連/ロシアやウクライナのほか、イラクなどの中東諸国などに輸出された。
    ロシア空軍では1998年に退役したが、輸出型は現在でもポーランドやペルー、ベトナムなど数カ国で運用中である。

    スペックデータ
    タイプSu-17MSu-22M4
    乗員1名
    全長
    機首プローブ含む)
    16.81m17.34m
    全高4.86m5.13m
    全幅
    後退角30度/63度)
    13.68m/10.03m
    主翼面積
    (後退角30度/63度)
    38.4/34.5
    空虚重量10,050kg10,900kg
    最大離陸重量18,370kg19,400kg
    最大兵装搭載量4,000kg3,000kg
    エンジンリューリカ AL-21F-3ターボジェット×1基
    推力76.49kN/109.83kN(A/B使用時)
    最大速度マッハ2.1マッハ1.9
    海面上昇率13,800m/min
    実用上昇限度15,600m15,400m
    最大航続距離1,350nm1,240nm
    戦闘行動半径370nm(Hi-Lo-Hi)/241nm(Lo-Lo-Lo)380nm(Hi-Lo-Hi)
    固定武装NR-30 30mm機関砲×2門
    兵装
    AGMKh-27(AS-7「ケリー」)、Kh-25(AS-10「カレン」)、Kh-28(AS-9「カイル」)
    Kh-29(AS-14「ケッジ」)
    ASMKh-35(AS-20「カヤック」)
    ARMKh-25MP(AS-12「ケグラー」)
    爆弾/ロケット弾通常爆弾(FAB-100/-250/-500/-1000)
    クラスター爆弾(RBK-250/-500)
    S-24ロケット弾ポッド
    その他兵装KKR偵察用ポッド
    増槽

【主な派生型】

  • Su-7/17シリーズ
    • Su-7IK(S-22I):
      Su-7BMの後退翼を半可変翼?に改修した原型機。

    • Su-17:
      初期生産型。
      エンジンはAL-7F-1-250ターボジェットを搭載。
      量産機は電子装備の追加と尾部を中心とした構造の洗練化が行われた。

    • Su-17R:
      戦術偵察装備を搭載する戦術偵察機型。

    • Su-17M:
      Su-17の改良型。この型から本格的な配備が開始された。
      エンジンは小型・軽量なAL-21F-3ターボジェットに換装され、出力や燃費が向上しているほか、胴体尾部は、生産性の向上のためエリアルールを無視して前部胴体と同じ直径のものに設計変更された。

    • Su-17M2:
      M型の改良型。

    • Su-17M2R:
      M2型を偵察機に改修した型。

    • Su-17M2-D:
      Kh-23(AS-7「ケリー」)空対地ミサイルの運用能力が付与された型。

    • Su-17UM:
      M2型の複座練習機型。
      機首が下方へ曲げられ背部の膨らみも大型化されるなど、機体形状が大きく変化した。
      また、機関砲は1門に減らされている。

    • Su-17M3:
      当初はSu-19と呼ばれていたSu-17シリーズの後期型。
      機体形状は複座型に順じた形状になった。
      改良も順次行われており、1978年以降の機体は垂直尾翼端が延長されているほか、後期シリーズでは尾部下面にフィンが取り付けられている。
      また、この型から小型のハードポイントが左右主翼1箇所ずつに追加されており、自衛用の空対空ミサイルとしてR-60が搭載された。

    • Su-17M3R:
      M3型を偵察機に転用した型。

    • Su-17M3P:
      敵防空網制圧(SEAD)型。
      Kh-27PSやKh-58対レーダーミサイルの運用システムBA-58「ヴィユーガ-17」を搭載した。

    • Su-17UM3:
      複座練習機型。M3型相当。

    • Su-17M4:
      当初はSu-21と呼ばれていた最終型で最も高度な攻撃能力を持つ。
      可動式空気取り入れ口を固定式とするなどの簡略化を行い、重量を軽減し、最高速度を向上させると共に機器の収納スペースの増加が図られている。
      外見上では、M3よりさらに大型化された背部の膨らみや、垂直尾翼付け根のインテイクの追加などが行われている。

    • Su-17M4R:
      M4型の偵察機型。
      新規製造された機体と既存機から改修された機体が存在する。

  • Su-20/22シリーズ
    • Su-20:
      Su-17M相当の輸出型。
      エンジンはAL-21F-3を搭載している。
      ワルシャワ条約機構加盟国向けの"A"規格とそれ以外の国向けでSu-7に準じたスペックダウン型の"B"規格がある。
      主にポーランドやアラブ諸国で使用された。

    • Su-20R:
      Su-20の偵察機改修型。

    • Su-22:
      M2型に準ずる輸出型。
      エンジンはツマンスキーR-29BS-300ターボジェットを採用している。
      主に、ペルーやリビア、アフガニスタンなどで使用されており、ペルー空軍に所属する機体は近代化改修が施されており、外見も若干変化している。

    • Su-22M:
      Su-17M3の輸出型。
      M3型と同様に後期シリーズでは垂直尾翼端の延長が行われているが、尾部下部フィンの取り付けが行われているものとそうでないものとがある。
      主にリビア、ペルー、ヴェトナム、イエメン等で使用されており、ペルー空軍所属機はSu-22同様、近代化改修が施されており、外見が若干変化している。

    • Su-22UM:
      Su-22Mに準じた複座練習機型。

    • Su-22M3:
      Su-17M3の"A"規格(ワルシャワ条約機構加盟国向け)輸出型。
      ハンガリーのみで導入された。
      エンジンはハンガリー側の希望*1によりR-29BS-300ターボジェットが採用された。

    • Su-22UM3:
      Su-17M3の複座練習機型。
      Su-22M3と同様、ハンガリーのみで運用された。

    • Su-22UM3K:
      Su-17UM3に準じた複座型。
      Su-22後期型使用国で運用された。
      エンジンはAL-21F-3ターボジェットを搭載している。

    • Su-22M4:
      Su-17M4の輸出型。エンジンはAL-21F-3を搭載する。
      ワルシャワ条約機構加盟国向けの"A"規格と、それ以外の第三世界向けの"B"規格とがあり、前者はSu-17M4の初期シリーズ、後者はSu-17M3の後期シリーズ程度の能力を持つ機体として設計されている。
      ポーランド、ドイツ、ブルガリア、アフガニスタン、イラク、アンゴラ等で使用されており、ポーランド空軍所属の機体はNATO規格の改修が施されており、外見が若干変化している。

    • Su-22M4R:
      偵察機型。

    • Su-22M5:
      Su-22M4の近代化改修機としてフランスと共同開発された機体。
      航空ショーにも出展されたが、実際に運用している国は無い模様である。

    • Su-22M6:
      Su-22M4の廉価版として開発された機体。
      可変翼を廃し、45度の後退翼を持った航空機として設計されたが、実際に制作されることはなかった。


*1 同時期にMiG-23MFを導入したため。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS