Last-modified: 2017-11-30 (木) 20:22:30 (46d)

【SS-N-25】(えすえすえぬにじゅうご)

3M24"Uran"/3K60"Bal"/Kh-35
NATOコード:SS-N-25"Switch blade"/AS-20"Kayak"/SSC-6"Sennight"

ロシアのズヴェズダ設計局が開発した対艦ミサイル
アメリカのハープーンに性能が類似していることから、西側においては「ハープーンスキー」と通称される。

P-15(SS-N-2)の後継として開発され、1983年から開発が開始され、1995年に配備が開始された。
基本設計はハープーンに似ているが、ハープーンがサテスナーにターボジェットを採用しているのに対し、本ミサイルはターボファンを採用している。
誘導方式は慣性誘導+アクティブレーダー誘導終末誘導時)で、弾頭は145kgの成形炸薬弾頭である。

主な採用国

  • 艦艇
    • アルジェリア
    • インド
    • ベトナム
      • BPS500級ミサイル艇
    • ソ連/ロシア
      • マトカ型ミサイル艇(一部艇に試験装備)
      • カシン型駆逐艦「スメトリーヴイ」
      • ネウストラシムイ級フリゲート(2番艦「ヤロスラフ・ムードルイ」に搭載)
      • ステレグシュチイ級コルベット

スペックデータ

全長3.75m(空対艦)/4.40m(艦対艦および地対艦)
直径42cm
翼幅133cm
発射重量480kg(空対艦)/603kg(艦対艦および地対艦)
射程5〜130km
速度280〜300m/sec
飛行高度10〜15m(巡航)/3〜5m(終末)
推進方式ターボファン
速度マッハ0.8
弾頭成形炸薬弾(145kg)
誘導方式INS+ARH


派生型

  • 3M24「ウラン(SS-N-25「スイッチブレード」)」:
    艦対艦ミサイル型。

    • 3M24E:
      輸出型。

    • 3M24EMV:
      ベトナム向け輸出型。

  • 3K60「バル(SSC-6"Sennight")」:
    地対艦ミサイル型。

  • Kh-35(AS-20「カヤック」):
    空対艦ミサイル型。

    • Kh-35E:
      輸出型。

    • Kh-35U:
      改良型。
      地上目標を攻撃可能。

      • Kh-35UE:
        U型の輸出型。

    • KN-09(金星3号):
      北朝鮮でのコピーモデル。
      射程は240km。

  • Kh-35V:
    ロシア向けのヘリコプター搭載型。

    • Kh-35VE:
      V型の輸出型。

    • Kh-35UV:
      V型の射程延長型(130〜300km)。
      ベトナムとロシアで採用されている。

  • Kh-37またはKh-39:
    核弾頭が搭載可能のモデル。

  • KCT-15:
    ベトナムでライセンス生産されたKh-35E。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS