Last-modified: 2014-02-15 (土) 22:55:58 (1166d)

【SS-N-19】(えすえすえぬじゅうきゅう)

ロシア名:P-700「グラニート(Granit)*1
NATOコード:SS-N-19「シップレック*2

SS-N-12の後継として開発されたソ連製の世界最大級の艦対艦ミサイル
1970年代前半にP-70「アメチスト(SS-N-7「スターブライト」)」?およびP-50「マラヒート(SS-N-9「サイレーン」)」?との置換を目指して開発され、1980年ごろに配備された。

射程は700km、推進装置は「固体ロケット・ラムジェット統合推進システム*3」で速度は時速1,600km、発射重量は6,980kg。
弾頭は750kgのHEもしくは核出力500kt(TNT換算)級の核弾頭を装備可能と、戦略兵器としての一面も持っており、西側の代表艦対艦ミサイルであるハープーンエグゾセを大きく上回る破壊力を持つ。
誘導方式は、中間誘導に指令更新付慣性誘導終端誘導赤外線誘導又はアクティブレーダー誘導を使用する。
どちらかと言えば、爆弾を抱いた無人のジェット機を体当たりさせる、と表現した方がわかりやすいかもしれない。

開発に当たり、旧ソ連が1970年代末期に実用化した偵察衛星による全地球規模の海洋監視衛星システム「レゲンダ?」と連動して運用する事を前提にしており、当然、目標の捕捉並びに誘導も「レゲンダ」に依存している。
この為、それまでのソ連の長距離対艦ミサイルのように航空機による中間誘導の必要が無くなった。
この他の特徴としては相互データリンク装置が装備されていることである。
複数のミサイルが同時発射された場合、データリンクによって1基が探査役として高高度を飛行し、残りは探知を避けるため低空を飛行する。
探査役のミサイルが撃墜された場合、低空飛行している1基が新たな探査役となる。

ただし、その重量と容積の問題から搭載艦艇は大型艦艇のみに限られ、現在配備されているのはアドミラル・クズネツォフ級空母(VLS12基)、キーロフ級原子力ミサイル重巡洋艦(傾斜VLS 20基)、オスカーI/II級?攻撃原潜(水中発射舷側傾斜発射管24基)のみである。

後継として、潜水艦発射を前提に小型化して重量を3tに抑え、ミサイルの中間誘導を簡略化可能にしたP-800「オーニクス*4(SS-N-26)」が開発されており、プロジェクト885「ヤーセン」型(NATOコード:グラニー)原子力潜水艦に搭載される予定である。

スペックデータ

全長10.5m
直径88cm
翼幅2.6m
発射重量6,980kg
射程550km(通常弾頭型)
700km(核弾頭型)
速度1,600km/h(時速)
飛行高度20km(巡航時)
推進方式固体推進ロケットモーター(ブースター)+ラムジェットエンジン(サテスナー)
推進装置KR-93ターボジェット
弾頭HE(750kg)または核弾頭(500kt)
誘導方式指令更新付慣性誘導(中間誘導)
アクティブレーダー/赤外線(終末誘導)



*1 «Гранит»:ロシア語で御影石の意。
*2 Shipwreck:難破船の意。
*3 固体ロケットで超音速まで加速した後、ラムジェットに切り替えて巡航する。
*4 Оникс:ロシア語で縞瑪瑙の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS