Last-modified: 2017-02-10 (金) 11:18:14 (190d)

【SS-1】(えすえすいち)

旧ソ連のコロリエフ設計局(OKB-1)が開発した短距離弾道ミサイル(SRBM)。
NATOコードScud(スカッド)*1 、ロシアではR-11/8K11(スカッドA)・R-17/8K14(スカッドB)と呼ばれている。

ドイツが第二次世界大戦中に開発した「V2ロケット」の拡大コピー版であるR-1(SS-1A)を原型に、1950年代初期から開発を開始。
当初、推進剤漏れなどのトラブルで開発は遅れたが、1954年4月18日に試射を行い、1955年にSS-1B「スカッドA」として量産が開始された。
射程は約180kmで、弾体は砲塔を撤去したJS-3?重戦車に乗せて移動することになっていた。

その後、改良型としてSS-1C「スカッドB」がマケイエフ設計局で開発された。
こちらは誘導装置に慣性誘導を採用し、燃料は前作のケロシンからジメチル・ヒドラジンに変更。
また、台車は前作のJS-3から、機動性がより向上した8輪のMAZ-543P輸送起立発射機(TEL)となり、1時間で発射可能になった操作システムと、多くの改良がなされた。
弾頭には通常弾頭・核弾頭化学/生物弾頭を選択可能。

更にその後、射程向上型のSS-1D「スカッドC」(R-17・8K14)、誘導装置改良型のSS-1E「スカッドD」、艦艇発射型のR-11FMなどが開発された。

なお、一般に知られている「スカッド」は、主としてSS-1C「スカッドB」のことである。

戦歴では、第四次中東戦争で初めて使用され、エジプトがイスラエルに対して4発発射している。
その後、湾岸戦争でイラクがサウジアラビアやイスラエルの都市攻撃に使用し有名になったが、最近になってイラン・イラク戦争でも使用された事が分かっており、双方合わせて600発が発射された。
また、ソ連のアフガニスタン侵攻?チェチェン紛争?でも使用され、ソ連のアフガニスタン侵攻では2,000基が発射された。
この他にも、旧南イエメンがイエメン内戦で、リビアが1986年にヨーロッパのアメリカ海軍施設に対して2発発射したが、途中で落下し目標に到達しなかった。

輸出の方は好調で、旧ワルシャワ条約機構(ポーランド・旧東ドイツ・旧チェコスロバキア・ルーマニア・ハンガリー・ブルガリア等)・CIS諸国(ウクライナ・アゼルバイジャン・グルジア・カザフスタン)をはじめイラク・イラン・シリア・リビア・エジプト・旧南イエメン・北朝鮮・キューバ・イエメン・ベトナム・アフガニスタン・UAE等に輸出され、中でもリビアは最大の保有国である。

現在では、ロシア本国では退役しているが、輸出先で多くの改良がなされており、アル・フセイン/アル・ファジャラ(イラク)、ノドン(北朝鮮)、ガウリ(パキスタン)、シャハブ?(イラン)などの派生型が開発された。

IMG_3630.jpg
(スカッドB)

スペックデータ

形式R-11
(SS-1B「スカッドA」)
R-17
(SS-1C「スカッドB」)
SS-1D「スカッドC」SS-1E「スカッドD」
製造社第1設計局(OKB-1、後のコロリョフ設計局)
全長10.7m11.25m12.29m
直径0.88m
発射重量4,400kg5,900kg6,400kg6,500kg
弾頭核弾頭
(50kT)
核弾頭(70kT)/化学弾頭高性能炸薬弾頭核弾頭
化学弾頭
高性能炸薬弾頭
クラスター弾頭
(滑走路用*2/対人用*3
燃料気化弾頭
弾頭重量950kg985kg600kg985kg
最大射程130km300km600km700km
CEP4,000m900m50m
推進方式1段式液体燃料ロケットエンジン
燃料ケロシン?+硝酸UDMH*4+IRFNA*5
誘導方式慣性誘導慣性誘導
(デジタル画像照合付)
搭載車両JS-3?戦車MAZ-543 輸送起立発射機(TEL)


バリエーション

  • スカッドA:
    初期生産型。ロシアではR-11、NATOコードではSS-1Bと呼ばれる。
    1955年に実戦配備されたが、システムの信頼性が低かったため、CEPは4,000mと非常に悪かった。
    1978年に退役。

  • スカッドB:
    1962年に実戦配備された改良型。
    ロシアではR-17、NATOコードではSS-1Cと呼ばれる。
    誘導装置を改良したため、CEPは900mにまで向上している。
    また、使用する燃料も変更され、射程が80〜300km(核弾頭180km、通常・化学・生物弾頭300km)に伸びている。

  • スカッドC:
    弾頭を600kgに減量し、射程を550kmまで延長した型。弾頭には高性能炸薬弾頭を使用する。
    NATOコードではSS-1Dと呼ばれる。
    リビア・北朝鮮に輸出され、北朝鮮では独力で生産する能力を獲得した。

  • スカッドD:
    誘導装置をデジタル画像照合式慣性誘導方式に変更し、射程も700kmに延長された型。
    NATOコードではSS-1Eと呼ばれる。

  • R-11FM:
    R-11(スカッドA)の艦艇発射型。
    ソ連初の潜水艦発射弾道ミサイルで、8A61とも呼ばれる。
    1955年に試作型が完成し、1959年から実戦配備開始。
    611AV型潜水艦(ズールーIV級戦略潜水艦)および629型潜水艦(ゴルフ級潜水艦)に搭載された。
    1967年に退役。

  • アル・フセイン/アル・ファジャラ:
    イラクがスカッドBに独自に改良を施した射程延長型。
    弾頭を軽量化し、燃料搭載量を増加させることで最大射程が650kmに延伸しているが、安定性が失われたためCEPは1,000mと命中精度は低下している。
    イラン・イラク戦争や湾岸戦争で大量に使用され、湾岸戦争後に国連の査察団によって破棄された。

  • アル・アッバス:
    スカッドBの射程延長型。
    アル・フセインと同じく、弾頭を軽量化し、燃料搭載量を増加させることで最大射程を900kmに延伸しているが、命中精度はさらに低下している。
    湾岸戦争では使用されず、アル・フセイン同様、国連の査察団によって破棄された。


*1 英語でちぎれ雲、風に流される雲の意。
*2 40個の子弾体を散布する。
*3 対人子弾体(5kg)を100個搭載。
*4 非対称ジメチルヒドラジン。
*5 赤煙硝酸。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS