Last-modified: 2014-04-22 (火) 19:20:19 (1162d)

【SA-9】(えすえーきゅう)

ソ連軍が開発した初期の自走式短射程地対空ミサイル
本家ロシアでは9K31「ストレラ*1-1」、NATOコードではSA-9「ガスキン*2」と呼ばれる。

開発は1960年代初期で、姉妹機種である9K32「ストレラ-2(SA-7『グレイル』)」と並行して進められ、1966年から量産化された。
SA-9は、従来から有るBRDM-2?水陸両用偵察車の台車を使用し、砲塔部分に発射機を設置した*3ため、開発時間を大幅に短縮する事が出来た。
主に連隊階梯で既存のZSU-23-4自走式対空砲を補完するものとして、並行して配備された。

使用する9M31ミサイル赤外線誘導方式でコンテナに搭載されており、最高4発搭載可能*4
乗員は車長、操縦手、ミサイル操作要員の3名で、空気清浄機とNBC防護装置を装備し、放射能生物兵器化学兵器で汚染された地域での行動も可能である。
初期のタイプは第1世代の非冷却型シーカーを使用しているため、後方でしかも晴天時しか使用出来ないので、攻撃に関してはかなり制限がある。
さらにレーダーは搭載していないため、レーダーでの索敵は9S16「フラット・ボックスA」低空警戒レーダー搭載車両*5又はZSU-23-4「シルカ」自走対空機関砲のガンディッシュ・レーダーとのリンクが必要である。
ちなみに、単独での場合は視認での攻撃に限られる。

最大射程は4kmで、地対空ミサイルの中ではかなり射程が短い。
このように性能が低いSA-9だが、輸出の方は好評でイラク・エジプト・シリア・リビア・アルジェリア・ベトナム・インド・イエメン・ハンガリー・アンゴラ・旧ユーゴスラビア・旧東ドイツ等に輸出された。
現在ロシア軍は全て退役し、9K35「ストレラ10(SA-13『ゴファー』)」に機種変換されている。

実戦ではSA-8と同じくレバノン侵攻?が初だが、撃墜には至らず、後にイスラエルに捕獲されている。
他にはイラン・イラク戦争湾岸戦争コソボ紛争?で使用されたが、多数が撃破されている。
コソボ紛争?では旧ユーゴスラビア軍がNATO軍のUAVを1機撃墜した。

関連:SA-13

スペックデータ

9A31自走発射機
乗員3名
全長5.75m
全高2.31m
全幅2.35m
戦闘重量7t
エンジンGAZ-41 V型8気筒水冷ガソリンエンジン(出力140hp)
登坂力60%
最大速度95km/h(路上)
航続距離750km
装甲5〜14mm(車体前)
携行弾数6発
兵装9M31 2連装対空ミサイル発射機×2基


ミサイル
形式9M31
(SA-9A)
9M31M
(SA-9B)
全長1.8m
直径0.12m
翼幅0.36m
発射重量32kg
有効迎撃高度30〜3,500m10〜6,100m
有効射程800〜4,200m560〜8,000m
最高速度マッハ1.8
推進方式固燃ロケットモーター
誘導方式赤外線誘導(パッシブ式)
シーカー非冷却PbS 赤外線シーカー
(1-3μ周波帯)
冷却PbS 赤外線シーカー
(1-5μ周波帯)
弾頭HE 破片効果弾頭(2.6kg)

主な種類

  • 9K31「ストレラ-1(SA-9A)」:
    初期型。
    第1世代の非冷却型シーカーを使用する。

  • 9K31M「ストレラ-1M(SA-9B)」:
    改良型。
    誘導面が強化され(冷却型シーカーの搭載等)、前方攻撃が可能となった。

  • CA-95:
    ルーマニアでのライセンス生産型。


*1 Стрела:ロシア語で矢の意。
*2 英語で脛という意。
*3 ただし、車体中央部に有ったチェーン駆動式の補助車輪は取り除かれている。
*4 さらに予備弾2発を外部に搭載。
*5 索敵距離30km。発射機と同じくBRDM-2をベースにしている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS