Last-modified: 2017-07-15 (土) 19:54:16 (68d)

【SA-4】(えすえーよん)

旧ソ連がS-75(SA-2)の後継として開発した自走式長距離地対空ミサイル
NATOコードはSA-4「ガネフ」。
ロシアでは2K11「クルーグ(Krug*1)」と呼ばれている。
1957年から開発が開始され、1964年に部隊配備が開始。モスクワの赤の広場?での行進で初めて一般に公開された。

ブルガリア・旧チェコスロバキア・旧東ドイツ・ポーランド・エジプトに輸出されたが、実戦に投入された例は無い。
ロシア軍では、SA-10SA-12の配備に伴い1990年代に退役しており、現在は訓練弾として用いられている。

関連:SA-10 SA-12

配備国

運用中

  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • トルクメニスタン
  • キルギス
  • 北朝鮮

退役

  • チェコスロバキア
  • 東ドイツ
  • ハンガリー
  • ブルガリア
  • ポーランド
  • ソ連/ロシア
  • ウクライナ

構成

※以下の構成で運用される。

レーダー及び指揮管制車

1S12捜索レーダー警戒車
AT-T装軌車を改造したもので、防空担当空域の監視と射撃目標の選定を行う。
P-40対空レーダー(NATOコード:ロングトラック)を搭載。
最大探知距離:約180km、高度:12,000m。
1RL132高度測定レーダー車
P-40により発見された目標の高度を算定する。
PRV–9 高度測定レーダー(NATOコード:シンスキン)を搭載。
最大測定可能範囲は200〜300km。
2軸4輪のトレーラーに搭載され、主にKraZ 214 6輪トラックによって牽引された*2
9S44「クラブK-1」指揮管制車
システム全体の指揮・管制車両。
1981年には改良型の9S468M-1「ポラナD-1」に更新された。

射撃ユニット

1S32 ミサイル追尾レーダー/射撃統制車
NATOコード:パットハンド。
9M8ミサイルの追尾と誘導を担当。レーダーの最大有効範囲は約130km。
2P24 起倒式自走発射機(TEL)
9M8ミサイル 2発とその連装発射装置を搭載。
2T6 予備弾運搬/装填車
9M8ミサイルの即用予備弾1発と2P24への装填装置を搭載。

支援車輛

9T25 予備弾運搬車
9M8ミサイルの予備弾1発をZil-157KVトラクターと2軸4輪セミトレーラーによって運搬。
ミサイルは長距離移動時は密封コンテナに収納されて搭載される。
9T31 クレーン車
9T25より2T6に、また保管状態のミサイルを9T25に移送するためのクレーン車。

スペックデータ

2P24自走発射機
乗員3〜5名
全長9.46m
全高4.47m
全幅3.20m
戦闘重量30.0t
エンジンV-59 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル(出力520hp)
最大速度45km/h(路上)
航続距離450km
携行弾数ミサイル2発
装甲15mm
兵装3M8地対空ミサイル連装発射機×1基
生産台数-


3M8ミサイル
全長8.80m/8.30m(3M8M2)
直径0.86m
翼幅2.73m
発射重量2,500kg
飛翔速度マッハ2.5
有効射程8,000〜55,000m/9,300〜72,000m(3M8M1)/11,000〜50,000m(3M8M2)
有効射高300〜27,000m/100〜24,000m(3M8M2)
推進方式ラムジェット+固燃ロケットモーター(ブースター4本)
誘導方式ラジオ指令?/セミアクティブレーダー
弾頭HE 破片効果弾頭(135kg)


派生型

  • 2K11「クルーグ」(SA-4):
    3M8ミサイルを搭載する初期型。

  • 2K11M「クルーグ-M」(SA-4A):
    射程延伸型の3M8M1ミサイルを使用する型。

  • 2K11M2/M3「クルーグ-M1」(SA-4B):
    改良型の3M8M2ミサイルを使用する型。

  • 9M316M "Virazh":
    実弾標的として改装された型。

  • M-31:
    艦対空ミサイル型。
    原子力推進の1126型巡洋艦に搭載される計画であった。
    1126型の計画中止により、本ミサイルも開発中止となった。


*1 Круг:ロシア語で円を意味する。
*2 1960年代以降はレーダーを改良型のPBV-16(NATOコード:シンスキンB)とし、KraZ–255Bトラックに搭載する方式に変更している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS