Last-modified: 2014-08-06 (水) 14:41:04 (1056d)

【SA-17】(えすえーじゅうなな)

現在ロシア軍で現役のSA-11ガドフライを改良した、新型中距離地対空ミサイル
NATOコードはSA-17「グリズリー」、ロシアでは9K37M1-2「ブークM1-2(または9K37 ブークM1-2)」と呼ばれている。

SA-17は1995年ロシア軍に配備されたSA-11(9K37「ブーク」・9K37M1「ブークM1」)の改修型だが、変わったのは車両構成全てではなくTELAR(レーダー装置を兼ねる発射機)・ミサイル・多機能交戦レーダー搭載車の三種類だけである。

ミサイルは9M38M1と9M317の2種類のミサイルを使用し、高度25,000m(SA-11は22,000m)まで届き、最大射程も50km(SA-11は35km)となった。
誘導は初期誘導中間誘導慣性誘導終端誘導セミアクティブレーダー誘導、弾頭の炸薬は50〜70kgHE破片弾頭と強化され、最大マッハ4で飛行する目標も対応可能になっているという。

多機能交戦レーダーは新型レーダーである「9S18M1(NATOコード:スノードリフト)」でGM-569装軌車輌に搭載されている。
最後に発射機は、寒冷地を考慮して凍結防止強化されたらしいが他は不明である。
なお、海軍型としてSA-N-12?の存在が確認されている。

スペックデータ

全長5.53m
直径40cm
発射重量720kg
射程2,500〜50,000m
速度1,200m/sec
飛行高度10〜25,000m
推進方式固体推進ロケットモーター
弾頭HE 破片効果(50〜70kg)またはHE(50kg)
誘導方式慣性/セミアクティブレーダー


主な種類。

  • 9K40(SA-17):
    量産型。

  • 「ウラール」:
    「ブークM1-2」の輸出型。
    名称はウラル山脈またはウラル川の意味。

  • 「ヨーシュ(SA-N-12)」:
    9M317を装備する艦対空ミサイル型。
    ソブレメンヌイ級駆逐艦(EM型)に装備。
    ミサイルは、VLS用に主翼を小型化した改良型の9M317M (輸出型は9M317ME)や、アクティブレーダー誘導型の9M317A(輸出型は9M317MAE)を使用し、発射機は3S90E.1VLSを使用する。
    • 「シュチーリ-1」:
      輸出型。

  • HQ-16(紅旗16):
    「シュチーリ-1」またはその中国版派生型。
    江凱II型(054A型)フリゲートに搭載。

関連リンク:http://www.ausairpower.net/APA-9K37-Buk.html

関連:SA-11 SA-N-12? HQ-16?


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS