Last-modified: 2014-04-22 (火) 19:23:13 (1279d)

【SA-11】(えすえーじゅういち)

S-300(SA-10『グランブル』)S-300V(SA-12『グラディエーター/ジャイアント』)とともに、現在ロシア軍の主力である中射程地対空ミサイル
NATOコードはSA-11「ガドフライ」、ロシアでは9K37「ブーク*1」(または9K37 Buk-1M)と呼ばれている。

開発は1970年代に行われ、旧式でそれまで軍および方面軍レベルで配備されてきた2K12「クープ」(SA-6『ゲインフル』)の後継機種として開発された。
当初は順調に開発が進んだが、車両構成等のシステム開発段階に大きな時間を費やし、結局量産が開始されたのは1980年代後期になってしまった。

SA-11の車両構成は、9A310自走発射機・9S470連隊指揮車・9S18「クポール*2」多機能交戦レーダー搭載車*3・9A39ミサイル輸送再装填車・通信車・整備車両で、全ての車両がNBC兵器防護機能を備えている。
9A310発射機はSA-12と同じキャタピラ走行で、MT-S装軌式牽引車の派生型であるGM-569A装軌式車両の車体上部に、4発の9M38ミサイル(他にもバージョンあり)を装備する起倒式の全周旋回ランチャーを搭載している。

9M38ミサイルはセミアクティブレーダー誘導で、高度22,000mまで到達でき最大射程は35km。推進燃料は固体推進薬を使用している。
目標の方も、弾道ミサイル以外の航空機ヘリコプター巡航ミサイルに対して交戦可能である。
輸出の方はフィンランド・シリア・旧ユーゴスラビアへ輸出されたが、今のところ実戦での使用例は無い。
輸出型は「ガーンク*4」と呼ばれる。

関連:SA-4 SA-10 SA-12 SA-17

SA-11 1.jpg
SA-11 2.jpg

Photo:Ukraine Department of Defense

スペックデータ

9A310M1自走発射機
乗員4名
全長9.30m
全高3.80m
全幅3.25m
戦闘重量32.4t
エンジンV-6 4ストローク直列6気筒液冷ディーゼル(出力240hp)
最大速度65km/h(路上)
行動距離350km
装甲9mm(車体前面)
携行弾数4発
兵装9M38 4連装地対空ミサイル発射機×1基


9M38ミサイル
全長5.50m
直径0.40m
翼幅0.86m
発射重量690kg
有効射程3,000〜32,000m
有効射高25〜22,000m
弾頭HE 破片効果弾頭(70kg)
推進方式固燃ロケットモーター
誘導方式セミアクティブレーダー誘導

SA-11グランブルのバリエーション

  • 9K37「ブーク(SA-11)」:
    量産型。
    輸出でもロシア軍と同等の物を使用している。

  • 9K37「ブークM1-2(SA-17『グリズリー』)
    SA-11の発展・強化型。詳しくは項を参照。

  • 3K90(M-22)「ウラガーン*5」(SA-N-7):
    M-1「ヴォルナ」の後継として開発された艦対空ミサイル型。
    システムは9M38ミサイル、3S90単装発射機、3R90「オレーフ(NATOコード:フロント・ドーム)」射撃指揮装置、MR-750「フレガート-MA(トップ・スティア)」3次元レーダーで構成される。
    輸出型は「シュチーリ*6」と呼ばれる。


*1 Бук:ロシア語でブナの木の意。
*2 Купол:ロシア語で丸屋根の意。
*3 9S18「チューブアームT」/9S18M1「スノードリフト」監視レーダー・9S470/9S470M1「ファイアードーム」H/I-Band追跡迎撃レーダーを使用。
*4 Ганг:ロシア語でガンジス河の意。
*5 Ураган:ロシア語で暴風(ハリケーン)の意。
*6 Штиль:ロシア語で凧の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS