Last-modified: 2020-07-21 (火) 10:37:59 (71d)

【RS】(あーるえす)

ロシア語で「РС(エルエス)」。
1950年代初頭、ソビエトが開発したラムジェット推進の超音速戦略爆撃機特攻機)。
弾頭は戦略核兵器であった。

特別に改造されたTu-95から投下され、アメリカの防空網を突破する計画であったが、弾道ミサイル巡航ミサイルの発展に伴い、中止された。

後に派生型としてRSをベースにした戦略偵察機「RSR(R-020)」が5機製作されたが、これも計画中止となっている。

スペックデータ(Tsybin RSR(R-020))

乗員パイロット1名
全長28m
翼幅10.66m
翼面積64
空虚重量9,100kg
総重量19,870kg
燃料容量10,700kg
エンジンツマンスキー R-11F?ターボジェット×2基
推力ドライ:38.64kN(8,686lbf)
A/B使用時:60.65kN(13,635lbf)
最高速度マッハ2.44
2,600km/h(高度12,000m)
航続距離4,000km
上昇限度22,500m
離陸滑走距離1,200m
着陸滑走距離800m(ブレーキパラシュート使用時)

派生型


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS