Last-modified: 2019-02-10 (日) 05:03:02 (128d)

【RQ-1】(あーるきゅういち)

RQ-1"Predator(プレデター)*1"

アメリカ空軍が運用する無人偵察機UAV)システム。
1995年から運用を開始し、1996年に量産機がRQ-1Aとして制式採用された。

機体4機、地上誘導ステーションを搭載したHMMWV、衛星通信サイトおよび55人の要員でシステムを構成する。
データの送受信と操縦管制は通信衛星を利用して行われる。
各機の機首にはマルチスペクトラルターゲティングシステム(MTS)と呼ばれるカラーTV/赤外線カメラ・レーザー指示器などで構成されるシステムを装備している。
レーザー指示器は他の航空機が使用するレーザー誘導爆弾の誘導やMQ-1が運用するAGM-114の誘導に使用される。

実戦では1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争や2001年のアフガニスタン戦争などに派遣されている。
アメリカ空軍のほかイギリス空軍イタリア空軍、トルコ空軍が運用している。

スペックデータ

RQ/MQ-1
操縦員
(遠隔操作)
2名(パイロット1名、センサー員1名)
全長8.22m
翼幅14.8m
翼面積11.5
アスペクト比19.0
空虚重量512kg
最大離陸重量1,020kg
エンジンロータックス914Fレシプロエンジン×1基
ターボチャージャー付き水平対向4気筒)
出力115hp(86kW)
速度
(最高/巡航)
217km/h / 130〜165km/h
失速速度100km/h
航続距離3,704km
実用上昇限度7,620m
武装なし
MQ-1B(ハードポイント2箇所に以下の武装を搭載可能):
AGM-114「ヘルファイア」×2発
AIM-92「スティンガー×4発
アビオニクスASIP-1C
AN/AAS-52 MTS*2
AN/ZPQ-1合成開口レーダー(初期の機体のみ)


MQ-9
操縦員
(遠隔操作)
2名(パイロット1名、センサー員1名)
全長11m
全高3.81m
翼幅20m
空虚重量2,223kg
最大離陸重量4,760kg
エンジンハネウェル TPE331-10GDターボプロップ×1基(出力900hp(671kW))
最大燃料搭載量1,800kg
高度
(最高/運用)
15,200m/7,600m
滞空時間14〜28時間
航続距離5,926km
ペイロード1,700kg(内部:360kg、外部:1,400kg)
速度
(最高/巡航)
482km/h / 276〜313km/h
武装ハードポイント7箇所に以下の武装を搭載可能
増槽
ヘルファイア対戦車ミサイル×4発
ペイブウェイIIレーザー誘導爆弾×2発
GBU-38
スティンガー空対空ミサイル
アビオニクスAN/DAS-1 MTS-B
AN/APY-8 Lynx IIレーダー
レイセオン「シービュー」海洋監視レーダー(ガーディアン)


MQ-1C
操縦員
(遠隔操作)
2名(パイロット1名、センサー員1名)
全長8.53m
翼幅17m
全高2.1m
最大離陸重量1,633kg
機関タイラート センチュリオン1.7重燃料エンジン×1基(出力165hp)
最大速度309km/h
上昇限界高度8,840m
ハードポイント4箇所
武装AGM-114「ヘルファイア」×4発またはAIM-92「スティンガー」×8発
GBU-44/B「ヴァイパーストライク」GPSレーザー誘導爆弾×4発
アビオニクスAN/ZPY-1合成開口レーダー


アヴェンジャー
操縦員
(遠隔操作)
2名(パイロット1名、センサー員1名)
長さ12.50m
翼幅20.12m
主翼傾斜17度
最大離陸重量8,255kg
燃料容量3,600kg
ペイロード1,400kg
エンジンP&WカナダPW545Bターボファン×1基(出力17.75kN)
最高速度740km/h
巡航速度647km/h
最高高度15,000m
滞空時間20時間/22時間(燃料タンク搭載時)
武装内部ウェポンベイと外部ハードポイント6箇所に以下の武装を搭載可能
AGM-114「ヘルファイア」
GBU-12/GBU-16「ペイブウェイII」
GBU-31/GBU-32/GBU-38 JDAM
GBU-39 SDB
HELLADS*3
アビオニクスAN/APY-8 Lynx IIレーダー
AESA Wide-area surveillance sensor
MS-177 multi-spectral imaging sensor


派生型

  • MQ-1:
    RQ-1に武装を施した攻撃機型。
    AGM-114AIM-92を各2発搭載している。

  • MQ-1C「グレイイーグル」:
    MQ-5「ハンター」の後継として開発されたMQ-1の改良型で、2009年から運用が開始された。
    翼幅が延長されたほか、タイラート「センチュリオン」重燃料エンジン(出力135HP (100kW))を搭載したため、性能も大幅に向上しており、予想では高度25,000フィート(7,600m)で36時間の滞空が可能となる。
    武装には、AGM-114とGBU-44/B「ヴァイパーストライク」GPSレーザー誘導爆弾を搭載することができる。

  • MQ-9"Reaper(リーパー)"*4
    MQ-1の改良型。
    機体が大型化されたほか、エンジンにハネウェルTP331-10Tターボプロップエンジン(出力950SHP(712kW))が搭載され、その他の性能も大幅に向上している。
    武装には、両翼3箇所のハードポイントに、増槽ヘルファイア対戦車ミサイルペイブウェイIIレーザー誘導爆弾スティンガーを搭載可能*5である。

    • MQ-9「アルタイル」:
      NASAで使用されている非武装型。

    • ガーディアン:
      洋上哨戒などの監視任務に特化した民間向け非武装型。

  • アヴェンジャー:
    無人戦闘攻撃機型。プレデターCとも呼ばれる。
    RQ-1プレデターBの試作2号機をベースにステルス性重視の設計とし、兵器をウェポンベイ方式に、垂直尾翼F-35F-22のようにVテイル化し、エンジンをS形エキゾーストにする等、レーダー反射断面積(RCS)を低減させる工夫も凝らされている。
    なお、アメリカ海軍艦載機としてのトライアルに参加できるよう、翼は折り畳み可能となっている。


*1 捕食者、略奪者の意。
*2 Multi-Spectral Targeting System.
*3 High Energy Liquid Laser Area Defense System.
*4 死神の意。
*5 将来的にはJDAMサイドワインダーの搭載も予定されている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS