Last-modified: 2014-04-29 (火) 22:56:49 (1061d)

【RIM-162】(あーるあいえむひゃくろくじゅうに)

RIM-162 ESSM*1
RIM-7をベースに開発されたポイントディフェンス(個艦防空)ミサイル。
エリアディフェンス(艦隊防空、RIM-66など)を突破した航空機、対艦ミサイルを迎撃することを目的としている。

現在、西側諸国海軍の代表的なポイントディフェンスミサイルであるRIM-7「シースパロー」では、海面スレスレを超音速で飛来してくる対艦ミサイルに対応することが困難な為、1990年代前半にアメリカ、オランダ、スペイン、ドイツなど10ヶ国が参加して開発を開始し、現在量産中である。

誘導はRIM-7と同じセミアクティブレーダー誘導だが、中間誘導装置としてINS(リングレーザージャイロ)およびデータリンクを搭載したことにより、イルミネーター1基あたり最大3目標に同時対処可能となった。
ただし、この能力を発揮するにはベースライン6以降のイージスシステムなど、優れた射撃指揮装置が必要となり、それ以外の艦では従来どおりイルミネーター1基あたり1発までの誘導となる。
また、RIM-7が発射までに約4分の準備時間を要するのに対し、ESSMは即時発射が可能となり即応性が大幅に改善された。
ブースターも改良されており、燃料にアルミニウムを添加したレーザー点火装置付のMk134固体推進ロケットモーターと推力偏向ノズルを採用し、最大50Gでの旋回が可能で射程も50km+まで延長されている。
なお、推力偏向ノズルはロケットモーターの燃焼終了と同時に廃棄される。
ハイGでの旋回による失速を防ぐ為、後部に長いストレーキを装備しその後ろに操舵翼が装備される。

8連装のMk29、Mk48発射機、Mk48?VLSMk41?VLS(1セルあたり4発装填)から発射することができる。
また、コクーンランチャーという簡易型の発射機も用意されている。

なお、AIM-120のシーカーを移植したアクティブレーダー誘導タイプの開発計画が存在するようである(未確認)。
海上自衛隊もESSMの導入に向け、試験艦あすか汎用護衛艦の一部に発射能力を付与して試験を行っており、ひゅうが型護衛艦より制式に配備される予定である。

スペックデータ

全長3.8m
直径25cm
翼幅64cm
重量280kg
弾頭指向性爆風・破片炸薬(41kg)
射程30〜50km
推進方式固体燃料ロケットモーター
エンジンMk134固燃ロケット
誘導方式INS+指令(中間誘導)/セミアクティブレーダー誘導終末誘導
速度M2.5〜3
発射機Mk41VLS(RIM-162A/B)/Mk48VLS(RIM-162C)/Mk29ボックスランチャー(RIM-162D)

バリエーション

  • RIM-162A:
    Mk41VLS用。双方向データリンクに対応。

  • RIM-162B:
    Mk41VLS用。アップリンクのみ。

  • RIM-162C:
    Mk48VLS用。アップリンクのみ。

  • RIM-162D:
    Mk29発射機用。アップリンクのみ。

essm.jpg
ESSMの模型


*1 Evolved Sea Sparrow Missile:発展型シースパロー。通称はその頭文字をとった略。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS