Last-modified: 2014-07-05 (土) 11:54:28 (1204d)

【RD-9】(あーるでぃきゅう)

Tumansky RD-9
ソ連のツマンスキー設計局?で開発されたターボジェットエンジン
AM-3の派生型であるAM-5をベースに高亜音速に対応した新型の圧縮機を使用しており、1953年に完成した。
主にYak-25?Yak-26?Yak-27?Yak-28MiG-19のほか、バーデ152?に搭載されていた。

中国では渦噴6型(WP-6)としてライセンス生産され、殲撃6型に搭載された。

仕様緒元

タイプアフターバーナー付きターボジェット
全長5,560mm
直径670mm
乾燥重量725kg
圧縮機軸流式
最大推力29kN(ミリタリーパワー
37kN(アフターバーナー使用時)
燃料消費率104kg(ミリタリーパワー)
169kg(アフターバーナー使用時)
推力重量比50.8N/kg


派生型

  • RD-9A/AK:
    アフターバーナー無し。Yak-25とYak-26に搭載。

  • RD-9AF-300/AF2-300:
    アフターバーナー付き。Yak-27とYak-28に搭載。

  • RD-9B:
    アフターバーナー付き。MiG-19(前期型)に搭載。

  • RD-9BF-811:
    アフターバーナー付き。MiG-19(後期型)に搭載。

  • 渦噴6型(WP-6):
    中国でのライセンス生産型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS