Last-modified: 2014-02-02 (日) 20:29:28 (1356d)

【R-530】(あーるごひゃくさんじゅう)

マトラ?社(現MATRA/BAe社)が開発した、フランス製の中射程空対空ミサイル
1957年に開発された原型弾と、その改良型として1971年に開発された「シュペル530」がある。

R-530(原型)

本ミサイルは、前作のR-510?/R-511?の後継として1957年から開発がスタートした。
赤外線誘導型とセミアクティブレーダー誘導型の2タイプが製造され、赤外線誘導型の方は正面を含む全方位から攻撃可能なオールアスペクト発射能力を備えたシーカーを、一方のセミアクティブレーダー誘導型には、ミラージュ用の「シラノ」シリーズレーダーF-8はレーダーをミラージュ用に改修して搭載)で誘導されるEMD製タイプAD26シーカーを装着した。

推進装置は、オチキスブラント/SNPEアントワネット、またはより高性能のSNPEマデレーン2重推力固体推進薬ロケットモーターで、飛翔制御用に十字型のデルタ翼と尾部フィンが取り付けられている。
なお、搭載機はミラージュ3ミラージュF1ミラージュ2000F-8であった。

本ミサイルは、アルゼンチン・イラク・オーストラリア・ブラジル・フランス・ヨルダン・パキスタン・南アフリカ・スペイン・ベネズエラ等に輸出されたが、現在では発展型として開発されたシュペル530によって更新されて退役している。

実戦ではアルゼンチン(フォークランド紛争)、イラク(イラン・イラク戦争湾岸戦争)、イスラエル(第三次中東戦争)、パキスタン(第二次印パ戦争?)が使用したが、命中率は余り高くなかったと言われている。

スペックデータ
全長3.28m
直径26.3cm
翼幅110cm
発射重量193kg
最大速度M 2.7
推進方式固体推進ロケットモーター
エンジンオチキスブラント/SNPEアントワネット又はSNPEマデレーン2重推力固体推進薬ロケットモーター
最高飛行高度21km
射程18km(セミアクティブレーダー誘導型)
3km(パッシブ式赤外線誘導型)
弾頭HE連続ロッドまたは破片弾頭
弾頭重量27kg
誘導方式パッシブ式赤外線誘導/セミアクティブレーダー誘導
誘導装置Iバンド照射レーダー/パッシブIRシーカー(誘導ヘッドは交換可能)
G限界-

シュペル530

R-530の発展型として1971年に登場したミサイル。
フランス製の新世代戦闘機ミラージュF1ミラージュ2000ラファール)に搭載する目的で製作された。

本ミサイルはセミアクティブレーダー誘導型で、ミラージュF1用のF型、ミラージュ2000用のD型の2タイプがある。
最新型のシュペル530D型は、発射母機と高度差のある目標に対して発射する事ができ、最大で7000m上方又は9000m下方の目標と交戦する事が可能。
追加装備にモノパル・シーカー・ヘッド(ECCM能力)と新型推進薬(トムソンブラント製アンジェル・ロケットモーター)を備えている。

現在、本ミサイルはフランス軍の主力中射程空対空ミサイルであるが、1999年にMICAの配備が開始されたことにより、順次退役すると思われる。

スペックデータ
形式シュペル530Dシュペル530F
全長3.80m3.54m
直径26.3cm
翼幅62cm88cm
発射重量275kg245kg
弾頭HE 破片調整弾頭
弾頭重量30kg
推進方式固体推進ロケットモーター
推進装置改良型SEPロケットモーターアンジェル・二重推力ロケットモーター
最大速度M4.6
射程50〜60km35km
G限界20G
誘導方式SARH
誘導装置AD-26CWモノパルス・ドップラーシーカー


super530D.jpg

Photo :インド国防省HP


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS