Last-modified: 2015-06-24 (水) 20:09:00 (820d)

【PT-91】(ぴーてぃきゅうじゅういち)

PT-91 "Twardy(トファルディ)*1"
ポーランドで開発された主力戦車
T-72M1の発展型で、1995年に配備が開始された。

主な改修点としては、射撃統制システムの換装(ソ連製の2E28Mから国産のSKO-1「ドラヴァ」)、爆発反応装甲の装備、エンジンの換装・高出力化、トランスミッション、自動装填装置などである。
SKO-1「ドラヴァ」射撃統制システムは砲手用のPCD昼間照準器、イスラエルのELOP社製造のTES赤外線暗視装置、指揮官用のPOD-72昼夜間観察照準器、弾道コンピューターおよびそれへの情報処理システム、レーザー測量器などで構成されている。

装甲には複合装甲とポーランド製の「エラヴァ(ERAWA)」爆発反応装甲を導入している。

主にアップグレード・キットとして提供され、ポーランド陸軍とマレーシア陸軍で採用されている。

スペックデータ

PT-91「トファルディ」
製造社ブマー・ラベディー機械製作所
乗員3名
全長9.67m
車体長6.95m
全高2.19m
全幅3.59m
戦闘重量45.9t
懸架方式トーションバー方式
エンジンPZL-ヴォラ S-12U液冷ディーゼル(出力850hp)
登坂力58%
超堤高0.85m
超壕幅2.8m
最大速度60km/h(路上・整地)/ 45km/h(不整地)
行動距離450km/700km(追加燃料タンク搭載時)
装甲複合装甲
正面、側面、上面に「エラヴァ-1」または「エラヴァ-2」ERAを装備。
兵装2A46 51口径125mm滑腔砲×1門(携行弾数42発)
NSVT 12.7mm重機関銃×1挺(対空用、携行弾数300発)
PKT 7.62mm機関銃×1挺(主砲同軸、携行弾数2,000発)
12連装発煙弾発射機×2基


PT-91M「ペンデカル」
乗員3名
全長6.86m
全高2.60m
全幅3.70m
戦闘重量48.5t
懸架方式トーションバー方式
エンジンPZL-ヴォラ S-1000R液冷ディーゼル(出力1,000hp)
最大速度65km/h(路上・整地)
行動距離450km/700km(追加燃料タンク搭載時)
装甲複合装甲
「エラヴァ-3」ERA
兵装2A46MS 51口径125mm滑腔砲×1門(携行弾数42発)
M2HB 12.7mm重機関銃×1挺(対空用、携行弾数300発)
MAG 7.62mm機関銃×1挺(主砲同軸、携行弾数2,000発)
12連装発煙弾発射機×2基


主なバリエーション

  • PT-91「トファルディ」:
    T-72M1の改修型。
    主な装備はSKO-1M「ドラヴァ-1T」射撃統制システム*2、PCO SSC-1「オブラ-1」レーザー警戒システム、「エラヴァ」爆発反応装甲を装備。
    エンジンはPZL-ヴォラ S-12U(出力850hp)を搭載している。

  • PT-91A:
    エンジンをPZL-ヴォラ S-1000(1,000馬力)に換装し、機械式トランスミッションなどを改修した型。


  • PT-91Z「ハルディ*3」:
    近代化改修型。ZはZmodernizowany の略語で「近代化された」という意味。
    試作のみだが、後にPT-91Mの開発の参考に用いられた。

  • PT-91M「ペンデカル*4」:
    マレーシア向け輸出型。
    SAGEM 「サヴァン-15」射撃統制システムのほか、SAGEM VIGY 15 ジャイロスタビライザ付きパノラマ光電子サイト、「シグマ30」レーザージャイロ慣性航法装置、EADS EPS72 砲塔安定システム、PCO SSP-1「オブラ-3」レーザー警戒システムを装備している。
    エンジンはレンク/SESM ESM-350M自動トランスミッションを備えたPZL-ヴォラ S-1000R(出力1,000hp)を搭載。

  • PT-91E/Ex:
    輸出型。

  • PT-91P:
    ペルー向け輸出型。採用されず。
    新型のPCO 「ドラヴァ-TG」射撃統制システム、サーマルサイト、現代的な通信システムなどを備える。

その他派生型

  • WZT*5-3:
    PT-91またはT-72の車体を元にした装甲回収車型。
    15トンの持ち上げ能力を持つテレスコープ付きクレーン、フロントドーザーブレード、メインとサブのウィンチ2つを装備。
    • WZT-3(20両):
      T-72ベース。
    • WZT-3M(9両(新規)+20両(改修)):
      PT-91ベース。
    • ARV-3(352両):
      T-72ベースの装甲回収車型。
      インド陸軍に配備。
    • WZT-4:
      PT-91Mベースの装甲回収車型。
      MID-Mの技術を使用している。

  • MID*6 ビゾン*7-S:
    戦闘工兵車型。
    • MID(8両):
      PT-91ベース。
    • MID-M(3両):
      PT-91Mベース。マレーシア陸軍に配備。

  • PMC*8
    架橋戦車型。
    • PMC-90:
      PT-91ベースの試作型。不採用。
    • PLC-レグアン(Leguan)(5両):
      PT-91Mベースで26mのMLC60 レグアン架橋装備を有する型。
      マレーシア陸軍に配備。

  • PLA*9 ロアラ*10
    PT-91の車体をベースに、装甲化された砲塔とレーダーと連動したエリコンL-90 35mm高射機関砲を2門搭載した自走対空砲型。

  • AHS クラブ*11
    AS-90?自走榴弾砲の砲塔とPT-91の車体を組み合わせた自走榴弾砲型。


*1 ポーランド語で「堅い、不屈の」という意味。
*2 初期生産型は代わりにSKO-1「ドラヴァ」を備える。
*3 Hardy:ポーランド語で「誇り高い」という意味。
*4 Pendekar:シラットの達人のことを指す。
*5 Wóz Zabezpieczenia Technicznego:技術支援車両の略。
*6 Maszyna Inżynieryjno-Drogowa:技師道路車の略。
*7 Bizon:ポーランド語でバイソンの事。
*8 Pomocniczy Most Czołgowy:戦車補助橋の略。
*9 Przeciwlotniczy zestaw artyleryjski:対空砲熕セットの略。
*10 ポーランド語でロワール川のこと。
*11 Krab:ポーランド語でカニの意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS