Last-modified: 2013-12-13 (金) 19:28:15 (1234d)

【P38】(ぴーさんじゅうはち)

Walther P38

ドイツが生んだ9mmルガー弾薬を使用する傑作拳銃
第一次世界大戦後、ベルサイユ条約により口径7mm以上の拳銃生産を禁止されたドイツが、密かに大口径拳銃の開発依頼をワルサー(カール・ヴァルター)社に出し、1938年に制式採用された。

ワルサーPP?由来のダブルアクションや、デコッキング機能つきマニュアルサムセフティー?を採用しており、薬室に弾薬が装填してあれば、スライドを引かなくても引き金を引くだけで射撃を行うことが出来る。
また閉鎖機構としてロッキングブロック式ショートリコイルを採用しており、比較的強力な実包でも確実に作動する。スライドの銃身周辺を大きく切り欠いており、銃身の過熱を防いでいる。*1
さらにはAFPBを採用していることも大きな特徴である。20世紀末に流行するAFPBが、既に第二次世界大戦前のピストルに採用されていたことは興味深い。
これらの特長のすべてがベレッタ社のM92に模倣されていることから、P38の優秀さがうかがえる。

1939年から生産が開始され、当初はワルサー社のみで生産が行われたが、供給が追いつかないため、マウザー、シュプーレベルケ・メタルワーレンファブリー両社が生産に加わり、終戦までに122万4600丁もの生産数を記録した。

第二次世界大戦後には西ドイツ初の正式拳銃P1としても採用された。

スペックデータ

全長216mm
銃身長125mm
重量945g
ライフリング6条右回り
使用弾薬9mmパラベラム弾
装弾数8発
作動方式ダブルアクション/プロップアップ式ショートリコイル
銃口初速350m/s
有効射程50m



*1 ただし切り欠きの分、スライドの信頼性は劣ったとされている

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS