Last-modified: 2023-08-14 (月) 16:23:19 (108d)

【P-63】(ぴーしっくすてぃすりー)

Bell P-63 "Kingcobra".

ベル・エアクラフトが開発し、第二次世界大戦期のアメリカ陸軍航空隊ソ連軍などで運用された単発レシプロ戦闘機
愛称は「キングコブラ」*1

開発

第二次世界大戦頃、ベル社が開発し米陸軍航空隊などが運用していたP-39「エアラコブラ」は特色ある設計をもつ革新的な戦闘機であったが、一方で高高度における性能低下、飛行安定性の低さなど問題点が存在した。
これらを是正すべく試作された「XP-39E」は新型スーパーチャージャー付きエンジンや翼形の変更などの改設計がなされた機体で、原型のP-39D初期型と比べて大きな性能向上を見せた。
この機体自体は不採用に終わるも、1941年6月、軍はP-39にさらなる設計変更を加えた新型戦闘機「XP-63」の開発をベル社に指示した。

その後の1942年9月、XP-63は初飛行以前にも関わらず「P-63」として採用が決定、1942年12月には試作機が初飛行した。
その後、数度の墜落事故を起こしながらも飛行テストは進行し、初期型のP-63A-1は1943年10月頃から生産が開始された。

特徴

胴体中央、操縦席後部に搭載されたエンジンから延長軸で駆動するプロペラ、プロペラハブから発射する37mm機関砲など、本機の前身であるP-39の設計と似た部分が多いが、機体寸法全般を拡大することで飛行安定性の向上が図られている。
また、搭載エンジンをアリソン社の2段2速スーパーチャージャー付き「V-1710」としたことで高高度での性能は必要十分なものとなった。
飛行テストでは、443km/hで当時の戦闘機としては非常に優れる毎秒110°のロールレート(横転率)を発揮した。

戦史

本機が米陸軍航空隊に部隊配備された1944年初期には、既に実用的な高性能戦闘機(P-47P-51など)が十分な生産体制に移行していた。
そのため、主にアメリカ本国のパイロット育成学校で練習機標的機として運用された。

また、ソ連軍も1944年2月頃からレンド・リースによって供与された本機を運用、1945年5月頃には1,148機を保有していた。
ただし、1943年のアメリカとの協定のため、独ソ戦での戦闘には本機は参戦を許されなかったとされる。

ただし、ソビエトやドイツの記録には戦争末期にP-63がドイツに対して運用された可能性を示唆するものが複数存在する。

一方、1945年8月7日以降の日本との戦闘には相当数の本機が駆り出され、同月15日には北朝鮮沖で一式戦闘機「隼」1機の撃墜を記録、初の公式戦果となった。

戦後はホンジュラス空軍や、再建から間もないフランス空軍に供与され、特にフランスの機体はインドシナ戦争の対地攻撃任務に1951年9月まで運用された。

戦後まで運用されたソビエトのP-63には、他のソビエト空軍機と同様にNATOコード「Fred」が与えられた。

また、民間に売り払われた退役機の多さから、エアレース用に改造された機体も存在する。

生産期間は1943年から1945年までで、総生産数は3,303機であった。

IMG_1251.jpg

スペックデータ

型式P-63A
乗員1名
全長9.96m
全高3.84m
翼幅11.68m
翼面積23
翼型root:NACA 66-116
tip:NACA 66-216
空虚重量3,084kg
総重量3,992kg
最大離陸重量4,853kg
エンジンアリソンV-1710-117液冷星型12気筒×1基
(出力1,800hp(1,300kW))
プロペラ4翅定速プロペラ
最高速度660km/h(高度7,600m)
航続距離720km
フェリー航続距離3,500km
上昇限度13,000m
上昇率13m/s
翼面荷重173.2kg/
馬力荷重0.33kW/kg
固定武装ブローニングM4 37mm機関砲×1門(プロペラハブ)
ブローニングM10 37mm機関砲×1門(A-9型以降の機体)
ブローニングAN/M2 12.7mm機銃×4挺(機首・主翼下面)
爆装胴体下及び主翼下に1,500lb(680kg)までの爆弾を搭載可能


バリエーション

  • XP-63(2機):
    試作機。V-1710-47エンジン(離昇1,325hp)を搭載。
    製作された2機とも試験飛行中の事故で墜落、喪失した。

  • XP-63A(2機):
    失われたXP-63を補完するために製作された追加試作機で、A型の先行生産型。
    V-1710-93エンジン(離昇1,325hp)を搭載。

  • P-63A(全1,825機*2):
    社内呼称ベル・モデル33。
    1943年10月から1944年12月にかけて生産された。

    • P-63A-1(50機):
      XP-63Aと同等の初期量産型。
      固定武装としてM4 37mm機関砲×1門(プロペラハブ・携行弾数30発)、AN/M2 12.7mm機関銃×4門(機首・各270発/翼下・各250発)を搭載する。
      防弾装備40kg。

    • P-63A-5(150機):
      胴体下に500lb爆弾(227kg)が懸架可能となり、アンテナ形状が変更された。
      防弾装備81kg。

    • P-63A-6(不明):
      翼下に500lb爆弾(227kg)が懸架可能となった。

    • P-63A-7(150機):
      プロペラがエアロプロダクツ社製に変更され、水平尾翼面積が増積した。

    • P-63A-8(200機):
      水噴射機構が追加され、緊急出力1,825hpが発揮可能となった。
      また、プロペラが変更され、翼下12.7mm機関銃の携行弾数が各200発へ減少した。
      防弾装備86kg。

    • P-63A-9(450機):
      プロペラハブの武装をM10 37mm機関砲(携行弾数58発)に変更。
      防弾装備90kg。

    • P-63A-10(825機):
      翼下に3つずつ計6つのロケット弾発射装置を装備可能となった。
      防弾装備107kg。

  • P-63B(なし):
    社内呼称モデル34。
    パッカードV-1650-5「マーリン」*3エンジン(出力1,400hp)搭載型。
    エンジンの調達困難により計画のみ。

  • P-63C(1,227機):
    P-63A-10を基に搭載エンジンをV-1710-117(離昇1,325hp、緊急出力1,800hp)へ変更、主翼端10インチ(254mm)短縮などの改設計を加えた型。
    社内呼称ベル・モデル33C-1。
    防弾装備91kg。

    • P-63C-1(215機):
      初期生産型。
      固定武装としてM10 37mm機関砲×1門(プロペラハブ・携行弾数58発)、AN/M2 12.7mm機関銃×4門(機首・各270発/翼下・各200発)を搭載する。

    • P-63C-5(1,012機):
      機体尾部下面にベントラルフィンが追加され、ヨーロール安定性が改善された。

  • P-63D(1機):
    キャノピーを後方スライド式のバブルキャノピーに変更、主翼端を1.5m延長、。
    V-1710-109 (E22)エンジン(離昇1,425hp、緊急出力1,835hp)を搭載。
    プロペラハブの武装はM9E1 37mm機関砲(携行弾数48発)。
    高度9,144mで最高速度703km/hを発揮した。
    試作のみ。

  • P-63E(13機):
    P-63Dを基に従来のキャノピーに変更、ベントラルフィン延長などがなされた。
    社内呼称ベル・モデル41。
    2,930機の生産が計画されていたものの、VJ-Day(連合国太平洋戦争勝利宣言の日)までに製造された13機をもって計画はキャンセルされた。

  • P-63F(2機):
    エンジンをアリソン V-1710-135に換装し、垂直尾翼を増積した。
    社内呼称ベル・モデル43。

  • RP-63A/C「ピンボール」(100/200機):
    P-63A-10/C-1改造の標的曳航機。

    • QF-63A/C:
      RP-63A/Cを1948年に改称したもの。

  • RP-63G「ピンボール」(30機):
    爆撃機銃手の実射演習用に開発された有人標的機型。P-63C-5改造。
    武装と装甲を撤去し、外板全面をジュラルミン厚板で貼り直し、風防に防弾ガラスをはめ込んだ。
    命中した弾頭が砕け散って機体に衝撃が伝わると、スピナ先端の赤ランプが点滅するという仕組みがあり、即座に結果を確認することが可能とされた。

    • QF-63G:
      RP-63Gを1948年に改称したもの。

  • L-39(2機):
    海軍の委託を受けて、余剰となったC型を高速翼の低速・失速特性の飛行試験用に改造した型。


*1 東インドなどに分布する、大型のヘビの一種の意。
*2 1,725機とする資料あり。
*3 パッカード・モーター・カー社でのライセンス生産型。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS