Last-modified: 2017-10-31 (火) 20:03:26 (46d)

【OYQ-12】(おーわいきゅーじゅうに)

海上自衛隊ヘリコプター護衛艦いずも型に搭載されている新型戦闘指揮システム。

本システムは、前級のひゅうが型に搭載されたOYQ-10の簡易版で、同級よりも航空機運用に特化している。
本級では搭載武装を高性能20ミリ機関砲CIWS)とRIM-116(SeaRAM)、電子戦装置NOLQ-3D?魚雷防御装置?(TCM)、SRBOCに限定し、アメリカ海軍のSSDS(艦艇自衛システム)に準ずるものとなっている。

また、指揮管制システムの強化により、FICを備えるひゅうが型よりもさらに指揮管制機能が充実するほか、ひゅうがでは搭載されなかったFAJやMODなどのTCM?の搭載により、対潜中枢艦では不足しがちな対潜能力が充実している。

以下にはひゅうが、いずも、ニミッツ級C4Iシステムをあげておく。

兵装・対抗手段ひゅうが型いずもニミッツ(CVN-68)
Mk.41VLS(16セル)RIM-116 SeaRAMRIM-7/RIM-162(ESSM)
(RIM-162 ESSM/RUM-139 ASROC)高性能20ミリ機関砲(CIWS)
Mk.137 SRBOC
電子戦システムNOLQ-3C 電子戦装置NOLQ-3D 電子戦装置SLQ-32 電子戦装置
戦闘指揮システムOYQ-10OYQ-12ACDS SSDS MK.2
ハードウェアQ-70Q-70(V)
司令部機能あり


このほか、OYQ-12では司令部機能が拡充され、ひゅうが型のFICよりも充実した管制システムが敷かれることや、新型レーダーOPS-50?、新型ソナーOQQ-24?など革新的な技術を導入したことも特筆すべきである。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS