Last-modified: 2017-01-21 (土) 17:32:56 (330d)

【OH-6】(おーえいちろく)

Hughes OH-6 "Cayuse(カイユース)*1"

ヒューズ?(現MDヘリコプターズ)がL-19(O-1)「バードドッグ」*2ベル47などの後継として開発した、小型軽量の観測ヘリコプター
1960年代、アメリカ陸軍のLOH(Light Observation Helicopter:軽観測ヘリコプター)計画に入札、採用された。

社内呼称は「ヒューズ369」(民間型は「ヒューズ500」)。
LOH計画に因んで「ローチ」、胴体形状に因んで「フライングエッグ」などの愛称でも呼ばれる。

特徴的な卵形の胴体は軽く・丈夫・抗力も小さいうえ視界も広い。
また、軽快な機体にターボシャフトを搭載しており、ループが可能なほどの運動性を誇る。
コンパクトな機体と乗客4名のペイロードを両立し、機体構造も簡素で保守性も良かった。
これらの優れて汎用的な機体設計のため、軍民を問わずさまざまな用途に用いられる事になった。

本来の用途であったLOH計画に基づき、ベトナム戦争での偵察に投入された。
しかし、価格高騰や納期遅延などのトラブルにより1,434機で調達終了し、OH-58に更新された。
このトラブルは、ヒューズ?社がLOH計画入札時に非現実的な調達単価を提示したためとされる。

日本では、民間型の500C/D/Eが川崎重工業によりライセンス生産され、陸上自衛隊海上自衛隊にも採用された。

oh6_ser.JPG

MD500E(OH-6DA)

スペックデータ

OH-6D
乗員1名+3名
主ローター直径8.03m
全長9.30m
胴体長7.23m
全高2.73m
全幅8.05m
スキッド幅2.06m
空虚重量520kg
最大離陸重量1,200kg
全備重量1,361kg
エンジンアリソン T63-A-5Aターボシャフト推力236kW)×1基
速度
(最大/巡航)
282km/h / 239km/h
実用上昇限度4,481m
航続距離435km
兵装なし


AH/MH-6
乗員2名
定員6名(外装式ベンチ使用時)
全長9.80m
全高3.0m
主ローター直径8.30m
空虚重量722kg
最大離陸重量1,406kg
発動機アリソン T-63-A-5-AまたはT63-A-700 ターボシャフト×1基
出力317kW(425shp)/375shp(280kW)(離陸時)
搭載可能燃料量242リットル
速度
(最大/巡航)
282km/h / 250km/h
航続距離430km(5,000ft時)
実用上昇限度5,700m
上昇率10.5m/秒
武装
機銃M230?機関砲×1門, またはGAU-19?(AH-6のみ(M型除く))またはM134×2門
ロケット弾LAU-68D/A ハイドラ70
ミサイルAGM-114「ヘルファイア」またはスティンガー×2基(AH-6のみ(M型除く))
その他Mk.19 自動擲弾銃(AH-6のみ(M型除く))


OH-6のバリエーション(テイルローター)

  • Model 369:
    OH-6の社内呼称。

  • OH-6A(HO-6)「カイユース」:
    原型機で初期生産型。価格高騰や納期遅延により調達中断。

  • OH-6B:
    エンジン換装型。

  • OH-6C:
    エンジン換装提案型。

  • OH-6J:
    500Cを川崎重工陸上自衛隊向けの観測ヘリコプターとしてライセンス生産したもの。性能はA型に準拠。
    海上自衛隊でも練習機として利用されている。

  • OH-6D:
    500Dの観測ヘリコプター仕様。
    陸上自衛隊や南米諸国の陸軍などが使用。
    海上自衛隊でも練習機として利用していたが、2011年6月運用終了。

  • OH-6DA:
    500Eを海上自衛隊練習機として採用したもの。機首部形状が異なる。
    現在はEC135に更新されて練習機としては退役。

  • MH-6C「リトルバード」:
    攻撃/輸送兼用型。現在訓練用として使用。

  • MH-6E:
    C型改良の特殊部隊向け軽攻撃輸送型。

  • MH-6H:
    E型改良の特殊部隊強襲型。
    AN/ALQ-114ジャマー?およびAN/AAQ-16第一世代型FLIRを装備。

  • MH-6J:
    AH-6Jの特殊部隊強襲型。
    着脱式ベンチシートが使用可能。

  • EH-6B/E:
    特殊部隊向け電子戦/指揮機型。C2や通信中継に利用。

  • TH-6B:
    アメリカ海軍向けの練習機型。

  • TH-6J:
    練習機型。

  • AH-6C「キラーエッグ」:
    機関銃ロケット弾を装備したOH-6Aの軽攻撃型。

  • AH-6F:
    C型の改良型。

  • AH-6G:
    F型の改良型。

  • AH-6J:
    530MGベースの能力向上型。
    500MDに530MGの動力系を組み合わせ、GPS/慣性航法システムFLIRなどを追加した。
    また、コックピットHH-47のような5枚の中型液晶モニターからなるグラスコックピットタイプとなっている。

  • AH-6H:
    500MDの改良型で特殊部隊支援用。米陸軍が採用した。

  • AH/MH-6M MELB*3
    AH-6JとMH-6Jの統合後継型。
    MFDや6枚羽のメインローター・4枚羽のテイルローターなどを装備した。

  • AH/MH-6X:
    AH/MH-6MのUAV型。
    地上誘導ステーションから衛星経由で遠隔操作できるほか、AH-64Dからもガンナーが遠隔操作を行うことができる。

  • MH-6S「フェニックス」:
    OH-58「カイオワ」後継機のトライアル提出機。
    メインローターをAH-64DブロックIII仕様のローター(ロングボウレーダー含む)へ換装し、エンジンをより強力なロールス・ロイス plc製250-CE30に換装した。

  • MH-6I:
    国際輸出仕様。
    ヨルダンやサウジアラビアが導入した。

  • ヒューズ500A:
    OH-6Aの民間型。
    エンジンはアリソン 250C-18Bターボシャフト(出力317shp(236kW))を搭載。

  • ヒューズ500C:
    500Aの飛行能力向上型。
    エンジンはアリソン 250C-C20(出力400shp(298kW))に換装された。

  • ヒューズ500D:
    メインローターを4枚から5枚に増やし、T尾翼を装備、トランスミッションを強化して飛行性能を向上したもの。
    エンジンはアリソン 250-C20B(出力420shp(313kW))を搭載。

  • ヒューズ500M「ディフェンダー」:
    第三世界向けの廉価な攻撃型。民間モデルをベースに武装が施されている。
    アジア・中南米・アフリカなどへ輸出され、北朝鮮へ密輸されたとの情報も存在する。

  • ヒューズ500MD:
    500Dの輸出用攻撃/多用途型。広範囲の兵装を搭載できる。

  • ヒューズ500MD/ASW:
    500MDの対潜ヘリコプター型。

  • ヒューズ500MD/TOW:
    500MDの攻撃ヘリコプター型。

  • ヒューズ500MD/MMS-TOW:
    500MD/TOWの改良型。ローターマスト上に光学照準器を搭載した。

  • MD530MG:
    500MDの胴体を流線型に再設計し、エンジンやトランスミッションを強化したもの。

  • MD530F:
    530MGの民間型。高地での飛行に適する。
    エンジンはアリソン 250-C30B(出力650shp(485kW))を搭載。

  • ULB:
    530FベースのUAV試験機。

  • MD500E:
    500Dに530MGの胴体を組み合わせ、速度性能を向上したもの。

OH-6のバリエーション(ノーター)

  • MD520N:
    500Eをベースにした初のノーター実用機。

  • MD600N:
    520Nの胴体を延長し、8人乗りにしたもの。


*1 アメリカ先住民のカイユース族から。
*2 セスナ170の軍用型。
*3 Mission Enhancement Little Bird.

添付ファイル: fileoh6_ser.JPG 1575件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS