Last-modified: 2010-10-10 (日) 08:13:44 (2421d)

【MiG-19】(みぐじゅうきゅう)

旧ソビエトのミコヤン設計局?が開発した、初の超音速戦闘機

NATOコードFarmer(ファーマー)

MiG-19ファーマーはソビエト連邦で初の超音速戦闘機で1950年代から開発が開始、1956年には量産化が開始された。
性能については当時西側の同世代であるF-100スーパーセイバーよりも機動性は高かったが、航続距離は短く防空用の「局地戦闘機」として使われる場合が多い。 なお、機動性の高い秘密は主翼の構造で、アスペクト比?が大きい点と大型後退翼が付いた点の2点の組合せが高い機動性を生み出している。
機動性の他にも整備性が高く、パーツも少ないため通常時での整備時間が非常に短い。しかし、600時間の飛行でオーバーホール?(ちなみにトーネードは1,200時間でオーバーホール?)をしないといけないと言う欠点も持っている(エンジンに付いては100時間の飛行で交換、トーネードは600時間)。

量産の方は約2,000機が生産され、旧ソ連以外にも中国・ポーランド・旧東ドイツ・エジプト・シリア・ルーマニア・ブルガリア・キューバ等に輸出された。中国では殲撃6として改良型をライセンス生産し、1970年代まで量産を行なっている。
また、実戦でもゲーリー・パワーズ事件・プラハの春・第三次中東戦争第四次中東戦争等に参加し、特にベトナム戦争では当時新鋭機であるMiG-21フィッシュベットより撃墜数が多く、米軍パイロットからもMiG-21より脅威とされていた。第2次印パ戦争?でもパキスタン軍のF-6(殲撃6の輸出型)がインド軍のホーカー・ハンター?ミステール?フォーランド・ナット?Su-7フィッターを多数撃墜している(同戦争中にF-7PGと代替で退役)。
撃墜の多くは機関砲(NR-30 回転砲身式30mm機関砲×3門)によるもので、標準装備のRS-1-U(AA-1アルカリ)ビームライディング誘導空対空ミサイルやR-3S(AA-2Aアトール)赤外線誘導短射程空対空ミサイルは殆ど使用していない。

現在では1990年代にキューバがMiG-19を退役させたため、純粋なMiG-19の運用国は無い。
しかし、殲撃6は中国や北朝鮮を初め、今でも多くの国が運用している。

スペックデータ(MiG-19S)

乗員:1名
全長:12.54m
全高:3.89m
全幅:9.00m
翼面積:25.00
空虚重量:5,447kg
最大離陸重量:7,560kg
燃料搭載量:1,800リットル
発動機:ツマンスキー製 RD-9Bターボジェットエンジン(出力3,250kg)2基
最高速度:1,452km/h
航続距離:1,390km(通常)/2,200km(外部タンク使用)
上昇力:3,333m/min
最大搭載量:17,500m
固定武装:NR-30 30mm機関砲×3(携行弾数70発×2、55発×1)
兵装:ORO-57Kロケット砲?×4(翼下と燃料タンク搭載位置に各2門装備、S-5ロケット弾8発搭載)、250kgまでの爆弾を各位置に搭載可能。

MiG-19の主な種類。

  • MiG-19
    少数生産・配備された初期型。
    のちの派生型に比べ、垂直尾翼が小型であるなど多くの相違点がある。
    緊急に量産化されたため、性能上不満足な点が多かったとされる。
    武装は、NR-23 23mm機関砲3門を搭載。


  • MiG-19F
    RD-9Bエンジン搭載型。

  • MiG-19S
    本格的な生産型で昼間戦闘機型。
    武装は、当初はNR-30 30mm機関砲3門及び57mmロケット砲のみであったが、のちにR-3(K-13、AA-2Aアトール)赤外線誘導空対空ミサイル2発を運用できるよう改修された。
    後期型は、MiG-19SFと呼ばれる。

  • MiG-19SF
    後期型。RD-9BFエンジンを搭載する。

  • MiG-19P
    イズムルート・レーダーを搭載する迎撃戦闘機型。
    後にR-3(K-13、AA-2Aアトール)短射程空対空ミサイルを搭載出来るよう改修され、MiG-19PTになった。

  • MiG-19PT
    R-3(K-13、AA-2Aアトール)短射程空対空ミサイルを搭載出来るよう改修した型。

  • MiG-19PF
    30mm機関砲×2門とRD-9BFエンジンを搭載する迎撃戦闘機型。

  • MiG-19PM
    イズムルート・レーダー搭載型。
    武装は、RS-1/RS-2U(K-5)ビームライディング・コマンド誘導ミサイル4発のみ。
    MiG-19Pとは垂直尾翼の大きさが異なる。
    しかし稼働率は非常に悪い。

  • Mid-19SV
  • MiG-19PFM
    レーダーとAAM×4基を搭載する迎撃戦闘機型。
  • MiG-19R
    カメラを搭載した偵察機型。非武装。

  • MiG-19UTI
    複座練習機型。
  • MiG-19SV
    S型を改良型として開発された、試作高高度戦闘機。

  • SM-10
    空中給油実験用研究機。
  • SM-12
    R-26エンジンを搭載する機体。
  • SM-12PM
    レーダーとAAMを搭載できるようにした型。

  • SM-12PMS
    レーダーとロケット弾を搭載出来るようにした型。

  • SM-30
    カタパルト発射実験用研究機。

  • SM-50
    RD-9BMエンジンとロケット弾を搭載した機体。

  • S-105
    チェコスロバキアでのMiG-19Sの呼称。

  • 殲撃6/強撃5
    中国の改良型、詳しくは殲撃6強撃5を参照。

関連:MiG-17 MiG-21 F-100 殲撃6 強撃5


トップ 編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS