Last-modified: 2015-10-17 (土) 11:47:48 (524d)

【MT-LB】(えむてぃえるびー)

ソ連で開発された汎用装甲車。
MT-LBとは「Mnogotselevoy Tyagach -Lekhko Bronirovannyi*1」の略である。
1964年に量産が開始された。

本車は主に中型火砲の牽引と砲員及び弾薬の輸送を目的として設計された。
設計に当たっては、走行装置等はPT-76?水陸両用軽戦車及びその派生型であるBTR-50?水陸両用装軌装甲兵員輸送車の物を流用している。

核戦争下の運用を想定してNBC防護システムを備えると共に、PKT 7.62mm機関銃を持つ小型銃塔(TKB-01)を搭載し、最小限の自衛火力を備えている。
6,500kgまでの火砲または車両を牽引できる他、車内後部区画に兵員11名もしくは2,000kgまでの貨物を積載可能で、火砲牽引車としての他に装甲兵員輸送車としても用いられた。

また、車体を流用した各種の派生型が多数開発されており、9K35「ストレラ-10(SA-13)」の9A34・9A35自走発射機や2S1「グヴォズジーカ」?自走榴弾砲のベースにもなっている。

スペックデータ

乗員2名+兵員11名
全長6.45m
全高1.92m
全幅2.85m
戦闘重量12.2t
エンジンYaMZ-238 4ストロークV型8気筒液冷ディーゼル(出力240hp)
登坂力70%
超堤高0.61m
超壕幅2.41m
速度
(路上/浮航)
61.5km/h / 4.5km/h
行動距離500km
装甲10mm(最大)
兵装PKT 7.62mm機関銃×1挺(携行弾数1,000発)


派生型


*1 ロシア語で「汎用軽装甲牽引車」の意。
*2 Штурм»:ロシア語で突風、強襲の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS