Last-modified: 2017-04-08 (土) 18:39:07 (77d)

【MT-LB】(えむてぃえるびー)

Mnogotselevoy Tyagach - Lekhko Bronirovannyi(ロシア語で「汎用軽装甲牽引車」の意)

1964年に旧ソビエト連邦で開発された汎用装甲車。
主に野戦砲とそれを扱う砲兵の輸送を目的として設計されたが、装甲兵員輸送車としても用いられた。

PT-76?水陸両用軽戦車BTR-50?水陸両用装軌装甲兵員輸送車の機構を流用している。

核戦争下の運用を想定してNBC防護システムを備える。
また、PKT 7.62mm軽機関銃を備えた小型砲塔(TKB-01)を搭載し、最小限の自衛火力を備えている。
車内ペイロードは2トン(兵員輸送では容積の関係で11名まで)。
加えて、6,500kgまでの物資を牽引でき、これによって牽引砲を輸送する。

スペックデータ

乗員2名+兵員11名
全長6.45m
全高1.92m
全幅2.85m
戦闘重量12.2t
エンジンYaMZ-238 4ストロークV型8気筒液冷ディーゼル(出力240hp)
登坂力70%
超堤高0.61m
超壕幅2.41m
速度
(路上/不整地/浮航)
61.5km/h / 31km/h / 6km/h
行動距離500km
装甲14mm(最大)
兵装PKT 7.62mm機関銃×1挺(携行弾数1,000発)


派生型


*1 Штурм»:ロシア語で突風、強襲の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS